TOP > イククルコラム > 占い師 Riaが語る☆もしかして、その症状・・・恋愛鬱かも!?

占い師 Riaが語る☆もしかして、その症状・・・恋愛鬱かも!?

  • 2013年03月12日  占い師 Ria  



    恋愛をするといつも不安に駆られてしまう人、もしかしたらあなたは「恋愛鬱(れんあいうつ)」かもしれませんよ。

    恋のマイナス連鎖を呼ぶ「恋愛鬱」

    幸せになりたいなら、負のスパイラルを断ち切っていきましょう。


    素敵な人に出会って、素敵な恋をしたい!
    これは誰もが抱える共通の願いだと思います。

    恋をすれば女性も男性もキラキラと輝きますし、毎日が充実してやる気が出るなどいいことがいっぱい。
    ですので、私も常日頃お客様には「積極的に恋をしなさい!」と言っています。

    ですが、積極的に恋をしているように見える人の中に、恋愛依存症や恋愛鬱といった恋のトラブルを抱える人がいると知っていましたか?


    ■恋愛鬱って何?
    「恋愛鬱」というのは、最近多く見られる『恋愛に対してマイナス思考を抱きがちな人のこと』を言います。たとえば、素敵な人に声をかけられても「この人、きっと遊びで声をかけてきているんだわ」とか、お付き合いをしている恋人がいても「この人、本当は私のこと愛していないんじゃないか」というように、後ろ向きにばかり考えてしまい、今の状況を素直に受け取れない人のことを言います。
    あなたの身の回りにも、「もっと前向き思考になったほうがいいんじゃない?」という人は結構いるのではないでしょうか。


    ■恋愛鬱の何が危険か
    恋愛鬱の何が危険かというと、それは『恋愛に関するすべてのことに対して前向きに考えられなくなる』ということです。たとえば恋愛鬱になると、恋人の言動を素直に信じられなくなりますし、恋人と会えない日が続くと「浮気をしているのではないか」と疑り深くなってしまいます。
    そしてその結果、すべてのことに疑心暗鬼になって、悪いほうの未来を予想して動いてしまうんですね。

    でも、最初から悪い結果が用意されていることって、全体の30%もあればいいほどです。恋愛鬱の人が考える「悪い結果」は、本来それは杞憂であり、悩む必要のないことの場合がほとんどです。
    でも、恋愛鬱の人はそれが真実だと思い込むあまり、悪い未来ばかり考えて恋愛を楽しめなくなってしまうんですね。


    ■恋愛鬱になった結果・・・
    恋愛鬱になって物事を悪いほうにばかり考えるようになった人の大半が、恋愛を自ら壊すような動きに出るというデータがあります。そのままなら幸せなはずの恋愛を、不安な気持ちのまま動くことで、恋人との間に無用なトラブルを引き起こし、「喧嘩が絶えなくなる」「愛想をつかされる」など悪い結果を呼び起こしてしまうんですね。

    ここで、実際にお客様によくあるケースを例に出してみましょう。

    ◎Aさんの場合
    恋人はいるけれども仕事が忙しい。出張が多いというけれども浮気してるんじゃないかといつも不安。自分に自信がないのもあって、仕事の都合で会えないと言われるたびに相手を責めてしまう。共通の友人たちからは、彼は自分との結婚のために仕事を頑張っていると聞くけれども信じられない。

    典型的な恋愛鬱のパターンです。自分を卑下して相手を自分にはふさわしくないと思うあまり、「浮気しているんじゃないか」「気持ちが薄れたんじゃないか」と不安や被害妄想を抱き、相手を責めてしまうケース。これが続くと喧嘩が絶えなくなり、恋人の堪忍袋の尾が切れて別れに至ることに。実際、こういうパターンで本来は相思相愛であったにもかかわらず別れた人は結構多いです。

    ◎Bさんの場合
    恋人なし。男友達はそれなりにいるし、合コンに行けばいい雰囲気にもなる。けど、自信がなくて今一歩前に踏み出せず、せっかくいい感じになったとしても、友達以上恋人未満。身体の関係だけなんとなく持って終わり、というパターンが多い。

    このタイプもかなり多いです。自分への自信のなさから恋愛に消極的になり、相手に嫌われたり否定されたりするのが怖くて、前向きな行動ができなくなるんですね。そしてその結果、何となくの居心地のよさを求めて曖昧な関係に終始してしまうのです。

    例を2つ出しましたが、どれも占いの相談者に非常に多いパターンです。そしてこの2つのパターンに共通しているのが、「自ら不幸になる道を歩んでいる」ということ。そう。恋愛鬱の典型的なパターンは、一般的な人が自らの幸せのために動くのに対して、恋愛鬱の人は逆の行動「自らが不幸になる行動を繰り返す」ということなのです。

    たとえ無意識であれ、自らが不幸になるための行動を繰り返していては、恋愛がうまくいくはずはありませんよね。
    そしてそういう人が決まって言うのが、「どうして私には幸せな恋愛が訪れないんだろう」という言葉。
    恋愛のハウツー本を読んで、恋愛上手な人の恋愛テクニックを真似して、それでもうまくいかない。幸せな恋愛は得られない。そう嘆いているんですね。(確かに、心が満足していなければ「本当の幸せ」は訪れません!)


    ■恋愛鬱とサヨナラするためには
    負のスパイラルを呼ぶ「恋愛鬱」とサヨナラするためには、次のような行動がお勧めです。

    ◎恋愛パターンをかえる
    負のスパイラルから脱出するには、まずは自分の恋愛パターンを把握しましょう。「こういう癖がある」「こういう行動で失敗してしまう」など、うまくいかない原因に気づくはずです。たとえば、相手を束縛してしまう、相手の気持ちを考えずになじってしまう、相手を甘やかしすぎてしまうなど。問題点を見つけたら、それを繰り返さないように意識改革を行うこと。そうすれば、同じ過ちを繰り返すということが減るはずです。
    (因みに、同じ過ちを繰り返す場合、「何らかの不安が心に潜んでいることが多いので、そこに注目するといいですよ!」

    ◎幸せな体験を積み重ねる
    悪い体験、不安を呼ぶ体験ばかりしていては、身体中にそういう癖や運気が染み付いてしまいます。とにかく楽しい体験、いい体験をしようとすること。これは恋愛だけでなく普段の生活でも同じです。幸せな記憶ばかりを残すように心がけるのです。過去の恋、悪い記憶を呼び起こすようなものを捨てるのも効果的。

    ◎口癖、考え方の癖をかえる
    「でも」「だって・・・」「こうかもしれない・・・」
    本来はそれほど悪くないものを、つい悪いほうに考えてしまう場合は、考え方の癖を変えるように心がけましょう。大切なのは、最後に必ずポジティブな考え方を付け加えること。
    「確かにこういうこともあるけど、でも○○という考え方もできるよね」というように、意識にポジティブさをプラスしてください。


    恋愛鬱は普通のうつ病とは少し違います。大切なのは前向きになること、恋愛でいい体験をしたことを積み重ねて、幸運体質に変えていく、自ら変わる努力が大切です。