TOP > イククルコラム > 占い師 Riaが語る☆運命の人はただ待っているだけでは現れない

占い師 Riaが語る☆運命の人はただ待っているだけでは現れない

  • 2013年02月05日  占い師 Ria  



    運命の人に出会いたい、運命的な恋をしたい。運命の恋って素敵ですよね。でも、運命の恋ばかり意識していては、目の前にある小さな幸せを逃してしまいかねません。それに実は付き合った後でその人が運命の相手だったと分かることも…。

    ■運命の人に会いたい
    楽しいだけのお付き合いを卒業して、「そろそろ真剣な交際を」と思う人にとって気になるのが、「運命の人との出会い」ではないでしょうか。
    実際問題、実に多くの人が「運命の相手」について占い師の下に相談に来ます。そして、そういう人が口を揃えて言うのが「好みのタイプで相性が良くて、自分を幸せにしてくれる運命の人に会いたい」という希望です。でも、運命の人って本当にそういう相手なのでしょうか?

    ■運命の相手を求める人
    占い師の下に「運命の相手」について相談する人を見ると、ある一定のタイプ分けができることに気がつきます。

    それは・・・
    ・恋に恋している人
    ・理想を高く持っている人
    ・プライドが高い人
    今まで私が占い師として出会った人を見る限り、ほぼ全員が大まかに分けてこの3つのタイプに分類されます。
    素敵な人に出会いたいと思うことは万人共通の想いですし、運命の相手が自分の理想通りの人であれば、それはとても嬉しいことですよね。ただ、人生とはそううまくはいかないもので、大抵の場合はその人の求める理想像の6〜7割を満たした相手が現れるようです。

    ■運命の人といっても恋愛と結婚では相手が異なる
    「恋愛向きの相手と結婚向きの相手は違う」という言葉を耳にしたことはありませんか?
    これ、本当です。実は運命の人の中には2種類のタイプがあります。それは、「結婚につながる運命の相手」と「恋愛として強い影響力を与える運命の相手」。恋愛として強い影響力を与える運命の相手がそのまま結婚につながることが一番の理想ですが、それはごく稀なケースで、多くの人の場合、この2つは別々に分かれています。
    でも、この「2つが違うケースが一般的」というのを知らずに少数派である「両方を併せ持っている相手」を求める人は結構多いようです。

    ■運命の人を求めすぎると失敗する
    運命の人との恋愛を求めることは素敵ですが、でもあまりにもそこに固執しすぎると返って恋を逃してしまうことがあります。実際に多くの人たちが経験している失敗談。「あるある…」と思った人は気をつけてください。その行動が、運命の人や本当の恋を遠ざけているかもしれません。

    失敗談1
    「この人も違う、この人も違う…」と恋愛ジプシーをしてしまい、結局は恋人ができない。(できてもすぐに分かれてしまう)

    失敗談2
    「いつかは運命の人と出会うはず」「こんな人じゃあ、自分とは釣り合わない」と、出会った人を袖にしてしまう。

    この2つは、運命の人に理想を抱く人が陥りがちな過ちです。
    でも、これって勿体ないですよね。恋愛に大切なのは最初の印象でしょうか? いいえ、違いますよね。恋愛というものは、お付き合いをする中で成熟して本物の恋や愛に変わっていくもの。それを始まる前から否定していては、折角のチャンスを無駄にしていることと同じです。

    ■運命の相手を探す時はがっつかないほうが良い
    ここで1つ質問があります。
    「運命の人」との出会いについて、皆さんが抱くイメージはどういったものでしょう?
    最近はテレビや漫画の影響か、「出会った瞬間に相手が運命の人だとわかる」というイメージを抱く人が多いようです。でも、それはごく稀なケース。大抵の場合は大きなサインはなく、人生の大きなイベントが済んでから、「この人が運命の人だったんだなぁ」と分かる程度です。
    しかも、その出会いはそれほど劇的なものでもなく、身近な場所やひょんなことで出会う場合がほとんどです。例えば、職場関係であったり、友達のツテであったり、最近ではインターネットであったり…。
    また、無理してガツガツと探すのではなく、「いい人いないかな〜」と気軽に探している中での出会いのほうが、運命の相手と思える人に出会う率は高いようです。
    気負いすぎると失敗するのは何事もそうですが、それは恋愛にも当てはまることなんですね。

    ■運命の人を求めるために
    最後に、運命の人を求める際のアドバイスを。
    これは私が実際にお客様にアドバイスをする時に話す内容の1つですが、恋愛運がいい時期があったとして、その時期にプライベートな外出をせずに自宅と会社の往復ばかりでは、出会いは職場しかないわけで当然出会いの幅が狭まります。でも、その時期に人との交流を積極的に持てば、もっと広い世界で素敵な異性と出会えるチャンスが広がります。
    これは、運命の人に限らず、恋愛全般においてそうなのですが、本当に自分にぴったりの人を求めたいと思うなら、とにかくたくさん出会いのチャンスを作ることです。おしゃれをしてどこかに出かけたり、趣味や教養に時間を使ったりして、毎日を楽しんでください。そして、その時々で出会う異性と友達として親しくなっておくこと。
    どの人が運命の人かなんて最初からわかる人は少数です。
    運命の人を手に入れるためには、たくさんの人と交流すること。
    そうすることで、あなたにぴったりの「運命の恋人」が見つかるかもしれませんよ。