TOP > イククルコラム > 占い師Riaが語る☆あなたは大丈夫?恋愛で陥りがちな落とし穴・生まれ順

占い師Riaが語る☆あなたは大丈夫?恋愛で陥りがちな落とし穴・生まれ順

  • 2014年07月16日  占い師 Ria  



    占い師をしていると決して馬鹿にできない「長男長女、真ん中、末っ子、一人っ子の法則」あなたはこの法則に当てはまってはいませんか?恋の落とし穴を1つでも減らすために、あなたの欠点、恋愛傾向を見てみましょう。
     
     
    こんにちは。
    毎日占い館で悩める男女の恋愛相談に乗っている占い師のRiaです。
     
    皆さんは恋愛でいつも同じ失敗を繰り返していると感じたことはありませんか?
    最近お客様を鑑定していて思うのが、自分目線でしかものを考えられない人、視野が狭くなっている人が多いということ。折角うまく行きかけていた恋なのに、視野の狭さやそこから来るいつもの癖で失敗をしてしまう。そんなことを経験する人が多いように感じます。そこで今回からシリーズとして幾つかのパターンによる「恋愛で陥りがちな落とし穴」を分析。初回はまずは生まれ順。家族の中でどの位置にいるかによって分かる恋愛傾向です。
     
     
    ■長男長女のあなたは・・・
    長男長女の人は、育ってきた環境故に「我慢をする癖」がついています。第一子として親の期待を一身に背負って生きてきたあなた。「お姉ちゃんだから」「長男長女だから」というように、我慢を強いられることが多かったはずです。そして、その中で染みついた「我慢をする癖」が恋愛でもつい出てしまい、悪さをするという傾向が。例えば、友達と同じ人を好きになった時、ライバルの多い人に惹かれた時、そんな時には無意識に気持ちを抑えてそれ以上踏み込まないようにしてしまうところがあります。自分の気持ちよりも周りの状況を優先させてしまうのです。そしてその結果、ストレスが溜まって恋も友情もうまくいかなくなるということが。また、親や周囲の目、体裁を気にするあまり気持ちのままに振る舞えず、好きな人に想いを上手く伝えられないということも。長男長女のあなたにとって必要なのは、自分の気持ちに素直になること。気持ちが求めるままに行動する勇気を持つことが大切です。
     
     
    ■真ん中に生まれたあなたは・・・
    真ん中に生まれたあなたは、上と下の間に挟まれて要領よく生きるすべを身につけています。ただ、皆が思うほど飄々(ひょうひょう)と生きているわけではありません。時に上と比べられ、時に下のわがまま(攻撃)に遭い、両親の関心を独占出来ずに生きてきたのが真ん中の子供。その分、他人から向けられる愛情に敏感で、心の奥では常に愛されたいと欲しています。そのため恋愛では自分に関心を持ってくれる人、優しくしてくれる人に弱い傾向が。無意識の内に「自分の居場所」「必要とされている場所」を求めるところがあり、甘い言葉を囁く人に騙されてしまうことも。また、少しひねたものの見方をする人も多く、実は他人に本音を話すのが苦手。周りに求められる自分を演じようとしてしまう傾向があります。恋愛では変に怖がらずにもっと自分を出していくことが大切。また、周りの意見にも耳を傾けて突っ走りすぎないようにすることが大事です。
     
     
    ■末っ子のあなたは・・・
    末っ子のあなたは皆に可愛がられてきた分、他の生まれの人よりもやや自立心に欠ける傾向があります。そのため、本人に悪気はないものの相手に依存してしまったり、甘えすぎて怒らせてしまったり。また、忍耐強く頑張ることが苦手な人がいので、時間をかけなければならない恋愛では失敗しがち。強引に進めようとして返って恋のチャンスを潰すということも。末っ子の人の場合は、とにかく自分のペースを強引に推し進めないよう気をつけることが大切。また、享楽的なほうに流されやすい傾向があるので、不倫や三角関係などトラブルをはらんだ関係にならないようにも注意しましょう。
     
     
    ■一人っ子のあなたは・・・
    一人っ子の人は、自分のペースで行動するのに慣れているため、他人に合わせることが苦手な人が多いです。恋愛では相手の気持ちを察することができず、恋のチャンスを逃すこともしばしば。基本的に駆け引きや計算が下手なので、ライバルが多くドロドロとした恋愛は苦手。女同士で牽制し合うような付き合いを特に嫌います。もともと、スイッチが入ればどんな恋愛でもぐいぐい行けるのが一人っ子の特徴。ライバルを蹴散らすことなんて朝飯前で、「この人!」と思ったら絶対に逃しません。自分に自信を持って進むこと、そして時折相手の気持ちや立場、状況をしっかりと考えること、この2つに気をつければ一人っ子のあなたにとって恋の勝負で怖いものは何もありません。
     
     
    以上、今回はシリーズ第一弾として生まれ順、家族(兄弟姉妹)の中でどの位置にいるかによる恋愛傾向を見てみました。次の第二弾は、同じ内容を西洋占星術で見ていきます。
    人間は幾つもの要素を複雑に絡み合って存在している生き物です。多角的に見ることで自分の欠点、傾向を知り、新しい恋に生かすようにしてくださいね。