TOP > イククルコラム > 占い師Riaが語る☆仕草に表れる恋愛心理・その1

占い師Riaが語る☆仕草に表れる恋愛心理・その1

  • 2014年04月22日  占い師 Ria  



     

    異性と接している時に、実際のところ相手がどう思っているか気になったことはありませんか? 相手の気持ちを探る術は何も占いだけではありません。今回は仕草による恋愛心理をお届けしましょう♪

     

     
     
    先日、占いの館での仕事が終わってから、仕事仲間の占い師一緒に食事に行きました。
    遅番ではなかったのですが、飲食店に入る時間としてはまぁまぁ遅い時間。
    少し小洒落たお店に入って、晩ご飯兼飲みの時間としました。
     
    そこで見かけたのが、恐らく合コン真っ只中の男女グループ。
    ちょっとカッコイイ男子に一生懸命話しかける女子数名と盛り上げ役の男性、気乗りしなさそうな男女、食べるのに専念している人など。
    席からちょうど見やすい位置だったこともあり、思わず職業柄、観察してしまいましたよ。
     
     
    占い師は占いで答えを出すことが仕事ですが、その前段階として相談者の状態をしっかりと読み取ることが求められます。
    例えば、相談に来た人の目線、話し方、身体の向き、仕草などから、その人がどの程度悩んでいるのか(真剣なのか、軽い気持ちなのか)、予算の具合、同席者がいるのならその人との関係性など、細かなことを読み取ることが必要です。
    相談者が席に座った時にさりげなく相手を観察して、瞬時にそれらの内容を読み取るのです。
     
    その時にヒントとなるのが、相談者の仕草。
    特に、椅子の座り方と身体の向き、そして手の動作です。
     
     
    ・・・ということで、今回は占い関係なしに合コンに来ているメンバーを観察。
    一人一人の仕草をチェックして関係性を理解しながら、それを肴にして占い師仲間と盛り上がってしまいました。
     
     
    その経験から、今回は出会いを求める皆さんに、相手が自分に興味を持っているか判断するための「仕草で判断する恋愛心理」をお教えしましょう。
     
     
     
    <身体の向き>
     
    ご存じの方も多いかもしれませんが、人間は興味のあるものに対して自然と身体を向けてしまうもの。
    ですので、向かい合って話をしている時に、相手があなたをじっと見ているのなら、それはあなたのことが気になっている証拠。
    身体の向きは「あなたに興味を持って話を聞いているよ」というサインです。
     
    ただ、相手の身体の向きが斜めになっていたとしたら、それは興味がなく他のことを考えている証拠です。あなたの話を聞きながらも、実は身体が向いている方向に気を取られているのです。
     
    ちなみに、もし分かるのなら身体の向きだけでなく膝の向きも見るとよいです。人によってはひざの向きと身体の向きが異なる人がいます。そういう場合は、膝の向きがその人の内心を表していますので、膝の向きを見てください。あなた以外を向いているなら、それは心の中では他に興味を示しているということです。
     
     
     
    <手の様子>
     
    ・せわしなく手を動かす
    会話の最中にせわしなく手を動かす人は、頭の中で何かを真剣に考えている証拠。会話に没頭するよりも、どう会話を持っていこうか、主導権を握るべきかなど、計算をしている場合が多いです。ただ、人によっては緊張から来る行動の場合もあるので、落ちつきなく手を動かしている場合は、「緊張しているのかも」と思ってみてください。
     
    ・手を隠して話をする
    腰の後ろや服の袖、ズボンのポケットなど、手を隠して話をするのは警戒心を抱いている証拠です。かなりガードの高い人なので、親しくなるためには時間が必要かもしれません。こういうタイプには一気にぐいぐい押すよりも、小出しな押し方で自然と受け入れてもらうほうがよいでしょう。
     
    ・両手を突っ張った状態で太ももの上におく
    これは自分の内側(テリトリー)への侵入を許さない動作と言われます。こういうタイプは相手をじっくりと見て「よし、この人なら大丈夫」と思わないと動きません。まずは相手を理解することに務めましょう。
     
    ・両手を広げた状態でテーブルの上に置く
    広げた手はオープンな心、相手を受け入れようとする気持ちの表れです。あなたのことを受け入れようとしてくれているので、積極的に出てOK。
     
    ・指をトントンと動かす
    相手は会話に退屈さを感じていて、やや上の空かもしれません。また、あなたの話に納得していない様子も見られます。いずれにしろ、違うことを考えているのは間違いないので、話題を変えるほうが良いでしょう。
     
    ・会話中に手で鼻や口、頬をさする
    多くの場合、表情や考えていることを相手に見られたくないという心理が働いています。あなたの話に退屈しているのかもしれません。どちらにしろ、会話中ならあなたの話をあまり真剣に聞いていなさそうです。ただし、笑顔やはにかんだ顔で口元を覆い隠すような仕草の場合は別。こういう行動はかなりの確率であなたに気があるサインです。
     
    ・アゴや髪を触る
    アゴや髪を頻繁に触る人は、依存心や自己愛、ナルシズムの表れでだと言われます。多くの場合、寂しがり屋で甘えん坊、注目されたい人がする仕草です。
    ただし、男性の場合は相手よりも優位に立っていると感じている時にもする仕草。見極めるには、相手の目や表情を見てください。
     
     
    以上、今回は仕草による恋愛心理をお届けしました。
    仕草による恋愛心理は実はまだまだたくさんあります。例えば、席に座る順番、足の動きなど。
    次回以降、またお届けするので楽しみにしていてくださいね!