TOP > イククルコラム > 占い師Riaが語る☆占い相談に多い「出会いの失敗」、原因は何?

占い師Riaが語る☆占い相談に多い「出会いの失敗」、原因は何?

  • 2015年03月18日  占い師 Ria  



    恋がうまくいかない原因を考えたことはありますか? 出会いがないという人は「運」ではなく、実際には自ら出会いを手放してしまっていることが多いです。占い相談に多い「出会いの失敗」、その原因にあなたは当てはまりますか?
     
     
    占い館には毎日多くの相談が持ち込まれます。
    中でも、多い相談の1つに、「出会いがない」「ちょっといいなと思った人と出会ったのにデートで失敗したのかその後の返事がない」というようなものがあります。恋をしたい人にとって出会いがなかったり、折角出会っても次につながらなかったりすることが多いとなると、これって一大事ですよね。運が悪いのか、自分に魅力がないのか、悩む人も多いです。
    でも実際占ってみると、実は本人が思っている以上に出会いがあって、でも本人はそれに気づいていない(あるいはそれをわざわざ手放している)ということが結構あります。出会いがあるのにそれを取り逃がしてしまう人。さて、一体何がいけないのでしょう。
    今回はその中でも多い3つのタイプに焦点を当ててお話しします。
     
     
    【出会いのチャンスを手放しがちな3つのタイプ】
     
    1.自己評価が高すぎる、または低すぎる
     
    「出会いがない」または「恋愛につながる異性がいない」と嘆くお客様の多くに感じることですが、実際には出会いがあるのにそれを全然見ずに「出会いがない」と嘆いていることが往々にしてあります。そういう人たちを見ると、大抵の場合、自己評価が高すぎたり、低すぎたり。
    そしてそういう人に話を聞くと出てくるのが、「好意を向けられることはあっても自分の求めている人じゃない(自分の好みよりも劣る)」または「好意を向けられているなんて、そんなのあり得ない」という2つの答えのどれかです。
    この2つの答え、全然違うように思えて実は根本は全く同じ。出会い、恋の兆しがあっても、最初の段階で自ら否定して壊しているのです。
    もちろん、本当に好みじゃない人に言い寄られて困ることもあると思います。私もそうですが、しつこく言われても気持ちが乗らなければ鬱陶しいと感じてしまいますよね。でも、相手に生理的嫌悪を感じていないのなら、一度はデートをして相手の人となりや自分との相性を見てみるのも1つの手です。始まる前に否定してばっさり切るのではなく、まずは出会いのチャンスをそれとなく受け入れてみる。そうすることで相手のよいところが見えてきたり、何となく嫌だと思っていた人が実は運命の相手だったりというように恋が花開くこともあります。
    「最初の段階で否定しない」、出会いを求める上ではとても大切なことです。
     
     
    2.出会いがあっても目の前の異性に満足しない
     
    「小さな出会いはあるけれども運命の相手と思えるような人との縁は、今年は無理ですね」
    占いの館でお仕事をする時に聞かれる新しい恋の可能性。その時の回答として多いのが上記の答えです。
    出会いがあっても目の前の異性に満足しない人の多くは、小さな出会いよりも運命の亜出会いを求めています。そしてその運命に求めるのが、自分の理想、納得のいくレベルの相手。
    目の前にいる異性に満足せずに、「もっといい人がいるはず」とよりレベルの高い人を求める。これ自体は、それほど悪いことではありません。特に若いうちはそのほうが色々な人に出会えるし、自分の視野も広がります。ただ、その感覚をいつまでも引きずるのはNG。そうなると、当然ながら恋はうまくいきません。出会いがあってもそれを新たな恋につなげることができなくなって、ある時を境に行き詰まることになるでしょう。
    心の中で「この人はどうしてもイヤ」とNGが出ているのならともかく、外見や収入、その他条件的なものでNGを出しているのなら、たとえ相手が自分の好みでなくても一度向き合ってみるということも大切です。実際、今まで目を向けていなかったような人に目を向けた結果、結婚までとんとん拍子に進み、相手が運命の人だったと気づくこともあるのです。
     
     
    3.恋愛、または異性に対してトラウマがある
     
    占い相談に来るお客様を見ていると、トラウマ故に恋がうまくいかないという人が割と多いことに気づきます。過去の恋愛の場合もあれば、親子関係の場合もありますが、異性に対して何らかのトラウマを持っていて、それが原因で恋愛に支障をきたしているという人は意外と多いです。
    このトラウマ、恋がうまくいかない3つの理由の中で一番タチが悪いです。恋愛にトラウマを持っている人の特徴は、自己否定をして恋愛自体から遠ざかるか、問題のある人を好きになって苦難の多い恋をするか、大体はこの2パターンに収まります。
    そしてこの2つのタイプの共通項が「幸せな恋から無意識のうちに逃げる(自ら遠ざかる)」ということです。
    トラウマを解消することは一朝一夕でできることではありませんが、だからと言って何時までも自己否定の気持ちが強いと恋の邪魔となってしまいます。これらの人たちの場合、特効薬やいきなり状況が変わることはありませんが、自分と相手を信じる気持ち、客観的に見て自分を幸せにしてくれそうな人、心が穏やかでいられる人を選ぶことが大切です。
     
     
    さて、占い相談に多い3つの出会いの失敗、その原因にご自分に当てはまるものはありましたか? この他にも、「本人は好印象を与えたつもりで失敗している」という見落としがちな小さな要因もあります。
     
    ・相手の目を見て話さない
    ・緊張して会話があまりできなかった
    ・挨拶がきちんとしていない
    ・食事のマナーが悪かった
    ・(靴を脱ぐ場で)脱いだ靴をちゃんと揃えていなかった
    ・飲みの勢いでTPOをわきまえない振る舞いをした
    ・会話の空気を読まずにずけずけと踏み込んだ
    ・場違いな印象を与えた
    など。
     
    こういった小さなことって、本人はちゃんとできているつもりの場合が多いです。
    できているつもりで実は失敗していたなんてことがないように、皆さんも普段から気をつけるようにしてくださいね。