TOP > イククルコラム > 占い師Riaが語る☆恋の邪魔をするもの正体、それはトラウマ!?

占い師Riaが語る☆恋の邪魔をするもの正体、それはトラウマ!?

  • 2014年09月24日  占い師 Ria  



    恋に不自由しているわけではないのに本気の恋ができない。恋愛ではいつも同じトラブルを起こしてしまう。心当たりがあるあなた、もしかするとトラウマのせいかもしれませんよ。幼少期のトラウマ、意外と見逃せません…。
     
     
    恋を探しているつもりなのに本気の恋に出会えない。知り合った異性の間を渡り歩いて「本当の自分」を理解してくれる人を探しているけど、思うような人には出会えない。決して恋愛に不自由しているわけではなくお誘いもそれなりにあるのに、どこか満たされない想いを抱える人たちが最近増えています。彼女たち(彼ら)は心の中では常に幸せを求めながらも、それが手に入らないと感じている放浪者。恋愛ジプシーと言ってもよい存在です。では、彼女たちは何故「心からの幸せ」を手に入れることができないのでしょうか?
     
    考え方は色々とありますが、多くの場合カギとなるのが心の中で感じている「満たされない想い」
    この「満たされない想い」故にジプシーのように幾つもの恋愛を渡り歩いたり、ひとときの安らぎがほしくて好きでもない相手に身を任せたり。一見すると「遊んでいる」「恋愛に対していい加減」と思われるような行動を取ってしまうのです。でも、そうやって関係を結んでも瞬間的な満足だけで実際には心から満たされているわけではありません。だから何かのきっかけで、やっぱりまた別の人を渡り歩いてしまう。自分の中にある渇きを満たしてくれる相手を探してジプシーをしてしまうのです。
     
    彼女たち(彼ら)が強く感じている「満たされない想い」の正体は何でしょう?
    人によって細かな部分は異なりますが、多くの場合「満たされない想い」の正体は幼少のトラウマが原因です。例えば、幼少期に満足に愛を与えられずに(手をかけられずに)育った人は他者とのコミュニケーションが下手な傾向がありますし、寂しがり屋で愛を受け取るのが下手です。そしてその結果、目の前にある愛が信じられずにまた満足できずに取りこぼしてしまったりするのです。
     
    ■幼少期のトラウマは根深く問題の種として残っている
    実は幼少期のトラウマって恋愛において一番悪さをする問題の種となりがちです。恋人と親密な関係を築く恋愛は、家族関係にどこか似ているのでしょうね。恋愛中にありがちな「わがまま、不安、疑い、信じたくても信じられない想い」といったようなもののうち7〜8割ほどは過去のトラウマから来るもの。目の前の相手が本当に愛情を与えてくれるのか、無意識のうちに確かめているのでしょうか。人によっては、恋人に母親代わり・父親代わりを求める人も。でも、そんな風に自分をぶつけられて受け止めることができる人はごくわずか。多くの人は受け止めることができません。結果的に喧嘩になったり愛想を尽かされたり。恋が壊れてしまう原因となるのです。
     
    ■過去の恋愛から来るトラウマはなかなか厄介なもの
    過去の恋愛から来るトラウマも厄介な代物の1つです。恋人に裏切られた、○○という理由で恋が破れたという記憶はなかなか消えてくれません。挙げ句の果てに何かあった時に吹き出して、喧嘩やトラブルの原因になってしまうのです。こういう人の場合、心から安心することができなければ同じ事を繰り返してしまうということが。心の傷を癒やすには、自らその傷と向き合うこと。そして相手のことを信じて少しずつでもいいので向き合うことが必要です。ただ、これって結構時間がかかるんですよね。なので多くの人はそこまで出来ずにトラウマに対して見て見ぬ振り。その結果、時折トラウマが吹き出して問題となってしまうのです。
     
    ■恋愛が上手く行かないのはトラウマのせい?
    恋愛上手く行かない理由にトラウマがあると書きましたが、そればかりではありません。最近は上辺の人間関係を築くのは得意でもしっかりと向き合って深い関係を築くのが苦手な人が多いです。でも、恋愛は相手と向き合うことが必須。自分の中のイメージ通りに恋愛ができる人なんてほとんどいません。相手を自分の思い通りに動かすこともまず無理。多くの人は理想と現実の間に折り合いをつけながら向き合って行くのです。思うように恋がいかないからと言って、すぐに自分の思い通りの相手を探そうとしたり相手を思い通りに動かそうとしたりしていては、本当の恋の喜びは得ることができません。大切なのは相手を信じて受け入れる心。そして心の余裕を持つことです。
     
     
    さて、今回は恋愛が上手く行かない人にありがちな理由のうち「トラウマ」にフォーカスを当ててみました。その時々で楽しく恋をしているようでいて、実はどこか寂しいキモチを抱えているのが現代人。トラウマを解消するコツは、「自分の今までの行動を認めてあげること」そして「ありのままの自分や状況をゆっくり時間をかけて受け入れること」です。思い当たるフシがあるという方は、ぜひとも意識してくださいね。