TOP > イククルコラム > 占い師Riaが語る☆恋愛運が悪いのは、幸運分け与え体質だから?

占い師Riaが語る☆恋愛運が悪いのは、幸運分け与え体質だから?

  • 2014年01月21日  占い師 Ria  



    恋愛をすればいつも辛い想いばかり。問題のある人との恋や我慢の多い恋愛。相手ばかり楽しむ恋はもう嫌、と嘆くあなた。もしかすると「幸運分け与え体質 マイナス型」として知らない内に相手に運気を分け与えているのかも。
     
     
    今まであまりよい恋愛をしてこなかった・・・
    「付き合う人はロクデナシばかり」
    「問題のある人との恋愛が多い」
    「最初は良くても次第に中途半端な付き合いになってしまう」
    「友達以上恋人未満の関係が長く続いている」
    「既婚者にばかり好かれる」
     
    こういった悩みを抱えている人はいませんか?
    もしあなたがこれに当てはまるのなら、注意してくださいね。
     
    あなたは「幸運分け与え体質 マイナス型」の可能性があります。
     
     
    「幸運分け与え体質 マイナス型」って何? そんなの初耳。
    そう思われた方、正しいです。
    この「幸運分け与え体質 マイナス型」は、私がお客様のタイプ分けをする時に使う言葉で、世間的に流通している言葉ではありません(笑)
     
    でも、この「幸運分け与え体質 マイナス型」、最近非常に増えてきているのです。
     
     
    ■「幸運分け与え体質」って何?
    「幸運分け与え体質」、初めて聞く言葉に首をかしげる人も多いでしょう。
    幸運分け与え体質というのは、文字通り「付き合う相手に幸運を分け与えるタイプ」
    その結果、相手の運気が上がり、仕事や恋愛、生活面でラッキーなことが起きるようになる、いわゆるアゲマンと言われるような人のことです。
    今まで付き合う相手が出世したり、調子が良くなったりしたという人は、この「幸運分け与え体質」の可能性があります。
     
    そういう人と付き合えた相手はとてもラッキーです。
    一緒にいると自分の運が上がるのですから、相手の存在が特別なものへと変わっていきます。付き合う相手がどんな人であれ、相手は幸運分け与え体質の人を特別に思いますし、なかなか離れようとはしません。
    良くも悪くも、1つの恋愛(関係)が長続きする傾向にあります。
     
     
    ■「幸運分け与え体質」の特徴
    幸運分け与え体質の特徴は言わずもがな「付き合う相手の運が良くなる」ということですが、それ以外にもう1つ「情が深い」ということがあげられます。
    付き合う相手に寄せる気持ちが一般的な人よりも深く、心配したり世話を焼いたりすることが苦ではないのです。
    見方によっては「尽くしすぎる」という欠点もありますが、多くの場合それは相手にとって居心地のよいものとなります。
     
     
    ■「幸運分け与え体質」には2種類ある
    「幸運分け与え体質」、ここまでは良い面を書いてきました。
    きっとここまでのところを読んだ方は「幸運分け与え体質」は幸せな恋愛ができるというイメージを持たれたかと思います。
     
    確かに多くの場合、幸運分け与え体質の人には幸せになる権利、幸せを掴みやすい傾向が他の人よりもあります。ただ、注意したいのが幸運分け与え体質にも「二種類の人がいる」ということ。
    物事には光と影、プラスとマイナスがあるように、幸運分け与え体質にもプラス型とマイナス型があるのです。
     
     
    ◎幸運分け与え体質 プラス型
    「幸運分け与え体質 プラス型」というのは、付き合う相手の運を良くしながら自分も運が良くなっていく相乗効果のパワーを持つ人です。
    こういう人は多くの場合、恋愛運がとても順調。別れが来たとしてもほどなくして次の相手が現れますし、問題のある恋愛に走る人は非常に少ないです。
    恋愛運がよいと言われる人の半数以上は、「幸運分け与え体質 プラス型」に分類されます。
     
     
    ◎幸運分け与え体質 マイナス型
    では、反対の「マイナス型」はどうなのでしょう?
    マイナス型の人の場合、多くは付き合う相手は運が良くなるのに自分自身は運が下がるという傾向にあります。たとえば、付き合う相手が出世したり交友関係が広がったりする反面、自分自身は好きなことができず我慢することが多くなったりトラブルが増えたりという人はマイナス型に当たります。
     
    マイナス型の人は多くの場合、辛い恋愛をしがちです。たとえば不倫の恋や中途半端な関係での恋愛、その他自分ばかりが我慢する恋でありながら、なかなか別れられないという関係など・・・。
    こういう人は、運気を生産する力が弱く、自分の運気を削って相手に分け与える「マイナス型」と言ってもよいでしょう。そして、マイナス型の人の場合、相手は運気を補ってもらってとても居心地がよいため、ずるずると付き合いが続く傾向があります。
     
    「中途半端な関係なのに相手に別れる意思がない」「もうダメだと思う度に相手が気を持たせることを言い、つい付き合いを続けてしまう」というような恋愛を繰り返している人は、このマイナス型に属している可能性が非常に高いです。
    そして、マイナス型と付き合う相手は、なかなかマイナス型を離そうとしません。それもそうですよね。自分の運気を補填してくれる大切な相手なのですから・・・。
     
     
    ■「幸運分け与え体質 マイナス型」はどうすればいい?
    「幸運分け与え体質 マイナス型」の人は、相手主導の恋愛になればなるほど自分が疲弊して、辛い想いをしがちです。
    そこで提案するのは、自分が主導権を握ることができる恋愛に切り替えること。たとえば、年下と付き合う、恋愛の最初のうちに自分のほうが優位に立てるように動いてみるなど。
     
    また、相手を情で甘やかさない気持ちも大切です。多くの場合、情が深すぎて相手に甘くなりがちなのがマイナス型の特徴。
    その結果、自分の身を削ってまで相手に尽くしてしまうという自己犠牲精神が強いタイプなのです。
     
     
    「私はマイナス型かも・・・」という皆さん、自己犠牲精神はほどほどに。
    我慢ばかりする恋愛は、本当に幸せな恋愛ではありません。
    悪循環のループから抜け出るためにも「マイナス型」の欠点を自覚し、変わって行くための一歩踏み出しましょう。
     
    「幸運分け与え体質 マイナス型」といっても、クセを直すように心がければその傾向は押さえられます。
    幸せな恋を呼び込めるよう、辛い恋の芽は取り除いてしまいましょう。