TOP > イククルコラム > 占い師Riaが語る☆恋愛運を下げる縁や習慣があるって本当?

占い師Riaが語る☆恋愛運を下げる縁や習慣があるって本当?

  • 2014年01月28日  占い師 Ria  



    恋愛運を下げる縁や習慣があるって、皆さんは気づいていますか? 恋に縁遠い人を見ると多くの人が同じような行動をしています。恋を遠ざける行動とその要素。悪習慣を身につけていないか、あなたもチェックしてみて。
     
     
     
    「いい恋をしたいと思ったら、付き合う人間を選べ」
    「環境を変えるべき」
    そう言われたことはありませんか?
     
    恋愛運を占った時に本人的な可能性は悪くないのに出会いがないという場合、環境もしくは付き合う人間によって恋愛が阻害されているケースがよく見られます。
     
    昔から言われる言葉に、「運の悪い人間と付き合うと自分の運気が下がる」という言葉がありますが、それも同じこと。
    運の悪い人間や環境と縁が深いと、やはり自分自身の運も悪くなってしまうのです。
     
     
     
    ■運の悪い人ってどんな人?
    運の悪い人と聞いて、皆さんはどういうことを思い浮かべますか?
    多くの人が「要領が悪くいつも失敗ばかりする人」「タイミングが悪い人」というように、チャンスをつかめない人を想定すると思います。
    確かに、それも運の悪い人ですよね。
     
    実は占いで見ると、生まれ持って運の悪い人というのは必ず存在します。
    恋愛で言うと、生まれ持って恋愛の勘(センス)がない人や異性を見る目がない人、問題のある恋愛を好みやすい人がこれに当てはまります。
     
    よく、「出会いがないまま○○年来た」「年齢=恋人いない歴」という人がいますが、こういう人も同じです。こういう人たちは、「恋愛の勘がない」「異性を見る目がない」「問題のある(可能性のない)相手を好きになる」など、幸せな恋を手に入れるために必要な根本部分が他人よりも少し弱いのです。
     
    こういう恋愛につながるチャンスに疎い人たちの場合、幸せな恋や良い出会いをつかむためには意識して自分を変える必要があります。たとえば、恋愛のセンスを養うとか、異性を見る目を養うとか、問題のある人と付き合わないようにするとか・・・。
    そういう努力が必要になってくるのですね。
     
    でも、そうは言われても実際に実践するのはとても難しいですよね。
    そこで、今回は「素敵な出会いをつかむために、ここだけは守ってほしい」というポイントをお教えしましょう。
     
     
     
    ■環境の問題は意外と大きい
    恋愛運が悪いという人の多くが、出会いのない環境にいるということ。
    例えば、職場の人間が同性や年配の人ばかりだったり、仕事が忙しくて家と職場を往復するだけの日々だったりというように、出会いの「で」の字もないような環境にいる人が多く見られます。
    しかも、多くの場合「忙しくて仕事と家の往復しかしていない」という生活です。
     
    こういう環境ではれでは、恋のチャンスが訪れるわけはないですよね。
    年配の人が多い職場の場合、職場で紹介話が来たとしても、「お見合い」の可能性が高いですし・・・。
     
    「たかが環境」と思う人もいるかもしれませんが、この「環境の問題」を馬鹿にしてはいけません。
    「出会いがない」「恋人ができない」という恋愛相談のうち40%は、環境が問題で出会いの芽が潰されてしまっているのですから・・・。
     
     
    ※改善ポイント※
    職場と家との往復生活になっている人は、会社帰りに行きつけのお店を作る、休日に何かのサークルに入る、ネットなどで友達を作るなど、意識的に会社外での交友関係を広げましょう。勿論、友達からの遊びの誘いには積極的に出かけること!
     
     
     
    ■出会いのない人同士で一緒にいない?
    出会いのない人同士で一緒にいることって多くないですか?
    「出会いがない」という人の多くが、周りの友人も出会いがなかったり問題のある恋をしていたりします。
     
    勿論、友人関係を否定することはできません。
    でも、「出会いがない人」「恋愛運の悪い人」同士で付き合っていると、妙な安心感や連帯感が生まれるのも事実。
    実際、付き合う友達を変えるだけで恋愛運がぐっと良くなることがあるのです。
    恋人がほしいと思ったら、恋愛運の悪い人とばかり一緒にいないということも大切なポイントの1つ。
     
     
    ※改善ポイント※
    出会いがほしいと思ったら、恋愛を呼び込む力の強い人、交友関係が広い人、恋に敏感な人と親しくしよう。
     
     
     
    ■過去の恋人のことはちゃんと吹っ切った?
    「出会いがない」と嘆く人を見た時に、よく「障害点」として出てくるのが過去の恋人の存在です。
     
    皆さんは、過去の恋人の存在を「完全に過去のこと」と吹っ切っていますか?
    これ、意外と吹っ切れていない人が多いようです。
    【心の中に過去の恋人が残っていて、新しい恋のチャンスに飛び込めない・・・】
    出会いがあっても前の恋人と比べてしまうという人、要注意ですよ!!
     
     
    ※改善ポイント※
    出会いを求める前に、過去の恋とはきっちりと決別。元恋人からもらったものをいつまでも取っておく、メアドを残しておくなど未練のある行動とはサヨナラしましょう。
     
     
     
    ■たまには「タイプとは違う人」と付き合うのも◎
    出会った人が「ちょっといい感じだけど、タイプではない」という場合、あなたならどうしますか?
     
    付き合う? 付き合わない?
     
    ここで付き合わずに他を探すという人は、自ら恋愛のチャンスを潰してしまうタイプです。
    年齢の割にお付き合いの経験が少ない、出会いがない人という人の多くは、自分の好みを絞りすぎていて、ストライクゾーンが狭いという傾向があります。
    これでは、恋人候補としてキャッチできる人数が少なくなってしまいますよね。
    勿体ないと思いませんか?
     
     
    ※改善ポイント※
    「食わず嫌い」という言葉があるように、恋愛でも「最初はあまり乗り気ではなかったけど、接してみると意外と悪くなかった」「付き合ってみると最初の予想とは全然違って相手を本気で好きになってしまった」という人は結構多いです。
    「タイプではない」と最初から敬遠せずに、チャンスがあれば付き合うことを考えてもよいのでは。
     
     
     
    というように、今回は「恋愛運を下げる縁や習慣、そしてその改善ポイント」を紹介してみました。
    皆さんの中に、「当てはまる・・・」という人はいましたか?
    心当たりがある人は、意識して改善するようにしてくださいね。
    そうすれば、素敵な恋がゲットできるかもしれませんよ!