TOP > イククルコラム > 占い師Riaが語る☆春の恋、それには○○という特徴あり!

占い師Riaが語る☆春の恋、それには○○という特徴あり!

  • 2014年04月08日  占い師 Ria  



    春は出会いの季節と言いますが、実は○○な時期でもあるのです。春の出会いの特徴とそして出会いをゲットするために気をつけたいこと。占いの館で累計何万人もの恋愛相談に乗ってきたRiaが春の恋の秘密を教えます。
     
     
    春は恋の季節。
    そんな言葉を耳にしたことはありませんか?
     
    猫などの動物の繁殖期でもある春は、「恋の季節」というイメージが定着していますよね。
    このイメージ、あながち間違いでもありません。
    新しい年度が始まる春は、恋の期待が一番高まる時期。
    実際、私が勤める占いの館でも、ホワイトデーを過ぎると「来年度、新しい恋の可能性はありますか?」という相談が多くなります。
     
    新年度は職場に新しい人が入ってくる時期ですし、古い恋に区切りをつけて再スタートを考えるのにもよい時期です。
    また、飲み会やイベントなども増えて出会いが広がりやすい時期でもありますよね。
     
     
    ■春の出会い、実は・・・
    新しい恋への期待に満ちた春ですが、実は春の出会いは関係が深まるまでに少し時間がかかるという特徴があります。というのも、春は出会いの季節。たくさんの出会いが期待できるので、お互いにあっちにキョロキョロこっちにキョロキョロ。なかなか一人に絞ることができません。
    また、春は環境の変化などで何かと忙しくなりがちなので、出会いがあっても「しばらく様子を見て考えよう」と保留状態にしやすいのです。
     
    だから、春の出会いは、「今後お付き合いに発展しそうな人との出会い」
    急速な進展が見込めると言うよりは、仲良くなる期間、片思いの期間を楽しみながらじっくりと恋を温めるタイプの出会いが多い時期です。
     
     
    ■出会いが成立しやすい季節はいつ?
    春の出会いがやや気の長い出会いなら、すぐに関係が成立しやすい出会いがあるのはいつだと思いますか?
     
    それは、秋〜冬にかけてです。
    冬はクリスマス、バレンタインデー、ホワイトデーというように、恋愛イベントが目白押し。
    「恋人がほしい!」と気持ちが盛り上がる人が多く、他の時期よりも恋に積極的になる人が増えてきます。
    特に、クリスマス前(10月〜11月)は、クリスマスまでに恋人がほしい人、クリスマスを一人で過ごしたくない人が恋に対して積極的になる時期。
    出会いからお付き合いまでの流れが一番活発になる時期です。
     
    それに対して春は、イベントラッシュが一段落してやや落ち着いた空気が流れる時期。
    占いの館に持ち込まれる相談も「新しい恋の可能性」や「仕事の相談」といったものが多くなります。
    つまり、流れとして4月、5月は恋愛自体がやや不活発になる時期なんですね。
     
     
    ■春の出会い、成立させるにはどうすればいい?
    春の出会いに勢いがないと言っても、春に恋をする人は多いもの。
    異動してきた人や新しく出会った人に一目惚れ、ほのかな恋心を寄せるというのはよく聞く話です。
    そして、出会いが成立しにくい時期と言っても、中にはちゃんと成立させている人もいます。
     
    では、どうすればいいのでしょう?
     
    恋愛相談を受けた時に私がご相談者の方によく話すのは、春の出会いは努力しなければ駄目な出会いだということ。
    春は恋愛の運気自体が不活発な時期です。
    この時期の出会いをものにするためには、恋をしたいと思っている人からの積極的な働きかけがないと駄目。
     
    例えば、気になる相手にこまめに話しかける、時間やタイミングを調整してさりげなく接点を増やしていく、周りの人を巻き込みながらじっくりと仲を深めていくなど、恋愛の初歩的な行動を丁寧に行うことで、お互いの気持ちを盛り上げていくのです。
     
    春の恋愛のポイントは、「スピーディーな展開が望めない時期だからこそ、じれったい関係を楽しみながらじっくりと時間をかけて仲良くなっていく」こと。
    そのためには一足飛びに行動を起こさないことです。
    そして、普段以上に言動や服装など、あなたの印象を左右するものに気を配ることです。
     
    特に、服装は春の恋にとって大事な要素です。
    冬と異なり、露出が多くなる春のファッションは異性の目を引く効果抜群。
    特に、鎖骨や手首が見える服装は開放的なイメージを与えますし、男女共に色気や魅力を伝えやすいです。
    また、女性の場合はスカート丈が短くなったりスパッツを履かなくなったりして、冬よりも軽やかなファッションが多くなりますよね。
    中には冬でも気にせず薄着をする人もいますが、それでも外気が寒いというのは仕草や行動を縮こまらせてしまうもの。
    それに対して暖かい春は仕草も服装も開放的。
    異性から見ても好感度が増す材料がたっぷりです。
     
    ただ、折角素敵な格好をしていても、焦ってがっついてしまっては、魅力がうまく伝わりません。
    場合によっては遊びの相手で終わってしまうことも考えられます。
    何度も言うように、春の恋はじれったい空気を楽しみながら進める恋。
    がっついた態度では相手が引いてしまうことがあるので注意しましょう。
    「もう少し早く進めばいいのに・・・」と思っても、それを表に出さずにゆっくり進めることが大切です。