TOP > イククルコラム > 占い師Riaが語る☆男が女に望むこと、女が男に望むこと

占い師Riaが語る☆男が女に望むこと、女が男に望むこと

  • 2014年10月15日  占い師 Ria  



    占い館に持ち込まれる恋の相談。その中でも多いのは「曖昧な関係の悩み」「自分のために時間を割いてくれない相手」「お互いの気持ちの比重」の3つ。今回はその3つに焦点を当てて恋の問題を掘り下げてみます。
     
     
    占い相談に持ち込まれる不安や悩み、中でも「相手の気持ちが見えない」ことによる不安や不満は最も大きなもの。今回はその中でも特に抱えがちな3つの悩みについて見ていきます。あなたはこういった悩みを抱えたことはありますか?
     
    ■曖昧な関係・・・どうして進展しないの?
    占い相談の中でも特に多いのが、曖昧な関係で恋が進んでしまってそこから進展しないという悩み。女性にすれば好きだから、いいなと思ったから関係を持ったのに、その後相手の態度がはっきりせずに中途半端なまま関係が続いている。相手の本心が分からない中で「確かな関係にしたい」と悩んで相談に来るわけです。
    でも、曖昧な関係の場合、男性はそこまで思っていないことが多いんですね。
    中には「告白してきっちりと付き合う」というシチュエーションが苦手な人もいますが、多くの場合あえて曖昧な関係にしているのは、「恋愛や結婚といった形に縛られたくない」「自由でいたい」「他の女性とも遊びたい」という気持ちから。束縛されたり将来的な関係(結婚など)に向けて言質を取られたりするのを嫌がって、あえて曖昧に濁している人が多いです。つまり、そもそも向き合う気がないというわけ。
    でも、女性は違いますよね。
    関係を持ったら「付き合っている」と確定させた人が大半。恋人関係になってマーキングしたいと思う女性と、それを避けてうまく逃げたいと思う男性。曖昧な関係が相談内容の場合、多くはこういう図式になります。ただ、こういったケースの場合は女性がよほど頭のいい策略家で無い限り、男性に振り回されて終わるのが悲しいところ。先に関係を持ってしまうと大抵の場合は、女性側の立場が弱くなってしまいます。女性の皆さん、遊び目的の時はいいですが、そうでない時は「初めの段階」で気をつけるようにしましょう。
     
     
    ■仕事と私、どっちが大事? 友達よりも私を大事にして!
    これは定番と言ってもいいほどよく聞く悩み(文句)です。雑誌や書籍などでも取り上げられることがあるので皆さんも「あー」と思うかもしれませんね。
    この手の話を持ちかけるのは大抵が女性。つれない態度を取る恋人、思い通りにならない恋人に問い詰めるケースがほとんどです。ただ、最近は男性が女性に言うケースも増えています。女性的な男性が増加しているのでしょうか。一昔前なら、まずなかったパターンなのですが。
    「仕事と恋愛」そして「友情と恋愛」、どちらも比べることはできませんよね。ただ、男性の場合は仕事で任される責任も違いますし、友達関係だって単純に断ればよいというものではないので、恋愛を重視する女性と比べると、どうしても恋愛のほうが軽い扱いになりがちです。特に仕事で余裕がない時などは、恋人との電話も億劫になって仕事に没頭していたい、恋人と過ごすよりは気持ちに共感し合える友人と過ごしたいと思う人も多いです。
    それに、女性は愚痴や無駄話が大好き。男性は疲れてしまうことがあるんですよね・・・。
    私の経験から見ると、この手の相談を持ちかける人は「自分のために時間を割いてほしい」という気持ちが他の女性よりも強い傾向があります。電話やメールをもっとしてほしい。話を聞いてほしい。というように、愛情を感じる手段として多くの要求をしがち。でも、気持ちや時間に余裕のない人からすると、「面倒臭い」「こちらのことを考えない」「煩い」「束縛されている」と感じ、わざと距離をおくようになることもあるのです。
    人間は基本的に心に余裕のある時でないと思いやりのある行動が取れません。精神的に余裕のない人が思うのは、「こちらの状況を理解して配慮ある行動をしてほしい」ということ。この気持ちのすれ違いが原因で別れてしまうカップル、駄目になってしまう恋愛は非常に多いです。
     
     
    ■女性は気持ちが膨らむもの、男性は気持ちが冷めるもの!?
    これは一概には言い切れませんが、多くの場合、女性は付き合いが長くなるにつれて気持ちが深まる傾向があります。それに対して男性の場合は、冷めるというのとは少し違うかもしれませんが、打算や冷静さが出てくる傾向が。
    でも、女性は「もっともっと自分を愛してほしい」「自分が一番でいたい」と思いますから、当然ながら男性の愛情表現に不満が出てくるのです。ただ、この時点では男性の気持ちが消えたとか減ったとかいうことはありません。単に現実的な関係に移行しただけのこと。
    でも、ここで不満をぶつけ続けていると、その気持ちも次第に冷めてしまうことに・・・。
     
     
    以上、今回は恋愛相談の中でも多い3つの問題をあげてみました。
    皆さんの恋にこの3つは当てはまりましたか? 過去の恋でこういったことを経験している人は、まずは相手の立場や状況、受け取り方を考えて、その上で対策を練りましょう。女性にありがちなのが、「自分を分かってほしい」「受け止めてほしい」という気持ちの強さから、相手のことを考えずに暴走してしまうケース。それでは、相手の気持ちは離れてしまいますよね。男性を籠絡するのに一番良い方法は、さりげなく外堀を埋めていくこと。逃げられないように配慮しながら適度な自由を与えて、二人の関係や環境に慣れさせる。
    思い通りの恋や結婚をしている人ほど、「策士」なところがあるものです。恋で失敗続きという人は、「策士」になることを意識していきましょう!