TOP > イククルコラム > 占い師Riaが語る☆社内恋愛がうまくいかない理由

占い師Riaが語る☆社内恋愛がうまくいかない理由

  • 2014年11月12日  占い師 Ria  



    身近な出会いの場として目が向けられやすい職場。でも、社内恋愛って意外とうまくいきませんよね。社内恋愛がうまくいかないのは何故でしょうか? 社内恋愛にありがちな失敗、落とし穴をこっそり教えましょう。
     
     
    恋が始まる場、出会いが期待出来る場として多くの人があげる「職場」
    毎日長い間顔を合わせているうちに恋に落ちるというのはよく聞く話です。
    でも、実際は結婚など最後までうまく行くカップルが意外と少ないのも職場恋愛の特徴。
    では、どうして社内恋愛はうまくいかないのでしょうか。
     
     
    ■社内恋愛がうまく行かない理由は何?
    社内恋愛って、お互いに相手のことを知っている期間が長い分、相手に色々なことを求めがちだと思いませんか?
     
    「同じ職場だから、仕事が大変なのを分かってくれるはず」
    「事情があって恋愛よりも付き合いを優先させるのを分かってくれるはず」
    「同じ職場なんだから、今の自分の状態を分かってくれて当然」
     
    というように、普段から一緒にいるのだから自分の状態を分かって、それに即した配慮をしてもらえるはずだと思い込んでしまいがちです。
    でも、同僚として仲間として分かる部分と、恋人としての気持ちの部分は別ですよね。
    仕事で顔を合わせるのと恋人同士の時間を持つのは違いますし、幾ら分かるといっても配慮できることには限度があります。
    そういった部分が「あの人は私の気持ちを無視している」「あいつは分かってくれない」と不満につながり、積もり積もって爆発してしまうのです。
     
    近すぎるからこそ、お互いに対する甘えが出てしまう。
    「分かってくれて当然」と思い込んでしまう。
    これが社内恋愛で一番危険なことです。
     
     
    ■社内恋愛は公表しにくい
    これは職場によって様々ですが、社内恋愛を認可しているところもあれば、トラブルの元として禁止しているところもありますよね。ただ、認可しているところであっても、実際にはなかなか公表しにくいものです。
    というのも、もし社内恋愛を公表してしまったら・・・周りのお節介な人たちに詮索され、果ては結婚の話まで・・・。まだそんな風に考えてもいないのにお節介が原因で二人の仲がギクシャクしたというのはよく聞く話です。
     
    もし二人の仲が将来を見据えた真剣なお付き合いであるのなら、詮索やお節介もそれほど負担にならないのでしょうが、今どき最初からそんな風に考えてお付き合いしている人はごく稀。余計な詮索はしないでほしいと考える人が大半です。
    そういう人たちにとって、社内恋愛につきものの詮索やお節介は「邪魔」「余計なお世話」以外の何ものでもないです。
     
    中でも男性は、自分の意思を無視して周りが勝手に決めることを極端に嫌いますから、「社内恋愛を公表したくない」と考える人が多いようです。
     
    男性にとって仕事は非常に重いもの。
    「恋人だから贔屓している」「社内恋愛していて気が緩んでいる」などと邪推されないためにも、あえて隠すという人は結構いるものです。
     
     
    ■社内恋愛と普通の恋愛、よいのはどっち?
    社内恋愛とそれ以外の恋愛、どちらがよいのでしょう。
    もちろん、好きになってしまえば社内であろうが社外であろうが関係ありませんが、それでもどちらかを選ぶとすれば、社外の出会いから発展した恋愛のほうが、お互いに気負いなくよい形で続けることができるのではないでしょうか。
     
    社内恋愛の場合は別れた後の微妙な関係、またもしも相手or自分が社内恋愛を繰り返していれば元カノや元カレなどとの気まずい遭遇などがあります。
    また、別れた時に相手のことをなかなか吹っ切れないというのも社内恋愛の特徴です。
    社外の相手であれば顔を合わせることがなくなる中で想いが自然と薄れていくというのに、社内恋愛の場合は別れてからも顔を合わせることが多いので、なかなか気持ちに区切りがつけられないのです。
     
    もちろん、社内恋愛だと「忙しい時でも顔を見ることができる」「相手をいつも近くに感じられる」という利点があるので、一概に社内恋愛だから駄目だとは言えませんが、それでも社内恋愛にはある種の「面倒臭さ」がつきまとうのは否定できません。
     
     
    ■社内恋愛をうまくいかせるには
    社内恋愛をうまくいかせるためには、何に気をつければよいのでしょうか。
     
    1つは相手の状況を思いやること。
    そしてもう1つは、TPOを考えた行動をすることです。
     
    社内恋愛でありがちなのは、浮かれた気持ちのまま二人の世界を作って周囲の顰蹙をかってしまうこと。
    「職場」が絡む恋愛です。
    当然、自分たちだけでなく周囲との関係にも気を配らなければなりませんから、相手の状況や周りの環境に目を配りながら付き合うことが大切となります。
     
    ただ、この2つだけでは本当は駄目です。
    もう1つ忘れてはいけないのが、「しっかりとコミュニケーションを取る」ということ。
    「分かってくれているはず」という思い込みですれ違いを生まないようにするためにも、しっかりとコミュニケーションを取るということが大切です。