TOP > イククルコラム > 占い師Riaが語る☆縁のある人を見極める5つのポイント

占い師Riaが語る☆縁のある人を見極める5つのポイント

  • 2015年08月12日  占い師 Ria  



    恋人探しをしていて気になるのが、出会った人が縁のある相手なのかということ。勢いで攻略できる恋ならいいけれども、そうじゃない恋の場合、あなたならどうしますか?縁のある人を見極める5つのポイントを教えます♪
     
     
    「幸せになりたい」「本気の恋をしたい」と思っている人にとって、「この人は!」と思える相手に出会うことは切なる願いですよね。「運命の相手」と言うと大げさかもしれませんが、本気で想いを傾けられる相手に出会うためには、どんな兆しでも見落としたくないものです。
    でも、実際には、異性に出会ってもピンと来る人がいなかったり、心は動かされるけど本当にこの人を選んでいいのか迷ったり。今出会っている人や気になっている人が、本当に縁のある人なのか不安に思う人も多いのではないでしょうか。
    そこで今回は、縁のある人を見極める5つのポイントをお教えしましょう。
     
     
    1. 誕生日の法則に当てはまる
     
    <<誕生日の法則>>
    ●誕生日が近い
    ●誕生日が半年違いである
     
    占い的に見るのであれば、生まれた年に関係なく誕生日が近い人とは非常に縁があると言えます。例えば西洋占星術。生まれた時の太陽の位置が近い人同士は本質的な部分が似通っていて、相手のことを深く理解することができます。また、東洋の占いでも、誕生日が近い人とは同じ要素を持っていることが多いです。
    また、半年違いの人も同じように縁がある人です。こちらの場合は本質的に似通った部分はあまりありませんが、お互いにないものを求め合う関係で、時に反発はあるものの、お互いに影響し合う部分が多く、強く惹かれ気になる存在となる縁があります。
     
     
    2. 名前の法則に当てはまる
     
    <<名前の法則>>
    ●相手の名前が親や兄弟、親戚など身近な人と同じ読み、またはとても似ている
     
    相手の名前が親や兄弟、親戚など身近な人と似通っている場合、「あれ?」と心に留まってしまいませんか? 一般的な名前であれば「あ、この人もなんだ」と思うかもしれませんが、それでもそれが読みだけでなく字まで一緒であれば、驚きや親近感を持つ人が多いと思います。こういった「名前が同じ、または似ている」という人の場合、こちらも何かと縁がある人のことが多いです。名前はその人自身を表すもの。それが自分の身近な人と同じと言うことは、お互いが出会うための目印と言ってもよいかもしれません。
     
     
    3. 共通点が多い
     
    出身地、家族構成、または家族や親戚の地元など、お互いの環境が似ていたり、あるいは歩んできた道が同じだったり、時期は違っても同じような場所に行っていたりというように、自分と相手の間に共通点が多い場合、その人はあなたに縁のある人の可能性が高いです。お互いの環境、身を置く場所が同じというのは、それだけお互いの中に「理解し合える部分」があるわけですし、何よりも初対面であってもぐっと距離が縮まるものですよね。しかもその共通点が、お互いが深く考えずに自然と作り出して来たものであるのなら、その人とあなたは「魂的に結びつきが強い」「精神的に似通った部分がある」「人生の方向性が同じ」など、強く惹かれ合うための要素を持っている相手だと言えます。
    話のタネに活用されるものの意外と軽視されがちな共通点ですが、実は相手の人とのつながりを示す大切なバロメーターでもあるのです。
     
     
    4. 過去に出会う可能性があった
     
    意気投合した相手と話していると、実は二人は「過去に出会う可能性があった」というケースがあります。このように過去に出会う可能性があった相手と再び縁がつながった場合、二人は非常に縁が強いと言えます。実際にお客様で何度か見ているケースでは、最終的に結婚されたという方も多くいらっしゃいます。
    縁があったもののその時点では時期尚早とばかりに出会えなかった。運命の仲介が入ったのか、機が熟したからこそ出会えた相手と言っても過言ではありません。
     
     
    5. 何故かよく出会う
     
    これはもう運命を感じるしかありませんよね。全然違う場所に行ったはずなのに、何故かよく出会ってしまう、またはその人に関する言葉を目に(耳に)してしまう。そういう場合は、どんぴしゃで「縁のある人」です。縁があるからこそ、お互いに引き合う引力があるからこそ、どこに行っても出会うのです。こういう人に出会った場合は、出会い自体が神様からの贈り物、メッセージだと思いましょう。「出会う」という行為自体が、この人があなたにとって縁のある人だと伝えているのです。
     
     
    出会った相手が縁のある人かを見極める5つのポイント。さて、皆さんはどう思いましたか? もし、最近出会った人の中に当てはまる人がいるのなら、その人は「逃してはいけない人」かもしれません。
    「縁」というのは後から気づくものが多いですが、しっかりと気をつけていれば、実は出会った時から何らかの兆しがあるものです。「他の人とは何となく違う気がする」「何か心に引っかかる」という人がいるのなら、まずは名前や生年月日、共通点を調べてみてください。そこでもしぴたりと当てはまったなら、その人はあなたにとって「縁ある人」の可能性が高いと言えますよ。