TOP > イククルコラム > 占い師Riaが語る☆誕生日別「恋を呼び込むパワーフード」

占い師Riaが語る☆誕生日別「恋を呼び込むパワーフード」

  • 2015年06月09日  占い師 Ria  



    素敵な恋をするために、恋愛運を高める食材を取り入れて「恋愛体質」を目指しませんか? 中国に古くから伝わる食の秘術を使い、生まれ日ごとに最適なパワーフードをご紹介。これを取り入ればあなたにも素敵な出会いが!?
     
     
    世間ではそろそろ梅雨入りしている地域も見られるこの季節。
    皆さんは素敵な恋をしていますか?
     
    まだ思うような相手に出会えていない人、今から夏に向けて恋人探しをしたいという人におすすめなのが、今この時期から行う恋愛運を呼び込むための体質改善です。
    「恋愛運を呼び込む方法」には色々なものがありますが、今回はいわゆる食事療法をご紹介。
    食事療法は一気に運気を変えるのではなく、よい運気を溜め込むことで恋をしやすい体質、出会いに恵まれやすい体質に変わっていこうとする方法。
    中国に古くから伝わる秘術を元に、今回は恋愛を後押しするためのパワーフードを、誕生日別に紹介しましょう。
     
     
     
    【恋を呼び込むパワーフード】
     
    ■全ての人に共通する「基本のパワーフード」
    パワーフードの中には、全ての人に共通するものがあります。どの生まれ日の人にも同じように作用し、恋愛運を高める力を持つパワーフードは、“火のエネルギーを持った食材”。
    特に赤いもの、苦いもの、辛いもの、血や身体を活性化させるものは火のエネルギーが抜群。食材を例に挙げるなら、唐辛子、卵、羊肉、ハツ(心臓)、ニンニク、ニラ、ピーマン、タマネギ、生姜、海老、鯛、赤魚、小豆、桃、スモモ、サクランボ、栗、玄米、赤米、ブランデー、赤ワイン、ビールといったものが火のエネルギーを持つ食材です。
     
    これらの食材は全ての人に共通する恋愛運UPのパワーフードなので、皆さんこの基本を抑えた上で、それぞれの生年月日に対応する食材を取り入れていきましょう。(基本と誕生日ごと、2つの食材をミックスするとより効果的ですよ)
     
     
    ■春生まれの人のパワーフード
     ◎2月4日〜4月17日に生まれた人
    この時期に生まれた人は“木”の気が強く、“土”のエネルギーが弱い傾向があります。土のエネルギーが弱いと地に足が着かずにふらふらとしてしまいがちなので、よい恋をするためにも、土のエネルギーを持つ食材を積極的に取るようにしましょう。
    食材は、見た目が黄色いもの、根菜類、甘みを感じるものが中心です。例をあげると、じゃがいも、キャベツ、カボチャ、パプリカ、サツマイモ、サトイモ、カブ、人参、鮭、落花生、ソラ豆、イチジク、林檎など。他に、牛肉やブロッコリー、秋刀魚、鰻も春生まれの人のエネルギーを高めてくれます。
     
     
    ■夏生まれの人のパワーフード
     ◎5月6日〜7月20日に生まれた人
    この時期に生まれた人は“火”の気が強く、“金”のエネルギーが弱い傾向があります。金のエネルギーが弱いと、恋愛に対して神経質になってクヨクヨと悩んでしまいがち。マイナス思考に囚われてうまく行くはずの恋を駄目にしてしまうということも少なくありません。この生まれの人がよい恋をするためには、金のエネルギーを補充して恋愛に自信を持つことが大切です。
    おすすめの食材は、白くて辛い食べもの。例えば、鶏肉、れんこん、タケノコ、ゴボウ、大根、もやし、クラゲ、しらす、ちりめんじゃこの他、蟹、大豆、アーモンド、ナシ、バナナ、小麦、パン、パスタ、豆腐などが運気をあげる食材です。
     
     
    ■土用の時期に生まれた人のパワーフード
     ◎1月17日〜2月3日、4月18日〜5月5日、
      7月21日〜8月7日、10月21日〜11月7日
    1年に4回ある季節の変わり目の土用。この時期に生まれた人は“土”の気が強く、“水”のエネルギーが弱い傾向があります。水のエネルギーは「楽しみ」を司るもの。このエネルギーが弱いと、恋よりも仕事に邁進しすぎたり、公私のバランスが取りにくかったりと、恋愛を含む人生の楽しみを疎かにしてしまいがちです。
    それを防ぐためのおすすめ食材は、黒い色のものと塩辛い食べもの、そして瑞々しい食べものです。例を挙げるなら、ワカメ、キュウリ、レタス、茄子、トマト、長芋、牡蠣、スズキ、なまこ、黒豆、黒ごま、スイカ、メロン、柿、蕎麦、黒米など。この他に、豚肉、白身魚の刺身も土用の時期に生まれた人の運気を上げてくれます。
     
     
    ■秋生まれの人のパワーフード
     ◎8月8日〜10月20日に生まれた人
    この時期に生まれた人は“金”の気が強く、“木”のエネルギーが弱い傾向があります。木のエネルギーが弱いと依存心が強くなったり、自分でものごとを決められなくなってしまったり。流される形の恋愛をしがちな人も、やっぱり木のエネルギーが弱いところがあります。
    そんな人におすすめの食材は、酸っぱいものや緑の食べもの。例えばサヤエンドウ、春菊、青梗菜、レタス、アスパラガス、枝豆、ほうれん草、オクラ、エンドウ豆、オレンジ、苺、ミカン、グレープフルーツ、アボガドなど。また、他にもレバーやしじみ、あさり、ムール貝、イカ、まぐろなど肝臓によい食べものも、秋生まれの人のエネルギーを強めてくれます。
     
     
    ■冬生まれの人のパワーフード
     ◎11月8日〜1月16日に生まれた人
    この時期に生まれた人は“水”の気が強く、“火”のエネルギーが弱い傾向があります。火のエネルギーが弱いと全体的に活力(覇気)がなく、何となくの生活を送りがち。恋愛でも何となく誰かと付き合い流されて傷ついて…というように、自分のペースを見失いがちです。
    そんな冬生まれの人を助けるパワーフードは、恋愛運を高める基本フードと同じ「赤いもの、苦いもの、辛いもの、血や身体を活性化させるもの」。全ての人に共通する「基本のパワーフード」を参考に、積極的に取り入れて恋愛運を上げていきましょう。