TOP > イククルコラム > 占い師Riaが語る☆過去の恋を気にするのはいいこと、悪いこと!?

占い師Riaが語る☆過去の恋を気にするのはいいこと、悪いこと!?

  • 2013年12月24日  占い師 Ria  



    こんなに頑張っているのに新しい恋が訪れない。そういう人の中には終わったはずの恋に引きずられている人が少なからずいます。終わった恋は停滞運の元。思い当たる人は一度自分を見つめ直し、心の大掃除をしてみませんか?
     
     
    ■終わったはずだけど気にかかる恋
     
    「既に終わった恋が何時までも気になる」というのはよくある話で、そういった悩みを抱える人は数多くいます。
    終わった恋が忘れられずに復縁を望む人、復縁は望まないまでも「心残り」としていつまでも気になっている人、前の恋で受けたトラウマが大きすぎて前に進めない人など、引きずっている理由は人によって様々ですが、驚くほど多くの人が過去の恋に囚われて何らかの影響を受けています。
     
    「終わったはずの恋」、これほど厄介なものはありません。
    復縁するにしろしないにしろ、本人の心にしめる割合が大きくて、気持ちを切り替えるのに一苦労。
    しかも復縁を望む場合は、(壊れたものを元に戻すという性質上)非常に慎重に繊細に扱わなければならない代物です。
     
     
     
    ■終わったはずの恋、あなたならどうする?
     
    「終わったはずの恋」
    もしも忘れられず心に引っかかっていたら、あなたならどうしますか?
     
    「納得がいかない、好きな気持ちが忘れられないから復縁を求める」
    「忘れられないけれども前に進もうと、次の恋を探す」
     
    多くの人はこのどちらかではないでしょうか。
    実際、私のもとでもこの2つの相談が大半を占めます。
     
    でも、現実問題として、終わった恋(復縁)を追い求めるのって、とてもエネルギーがいりますよね。一度駄目になった恋は、新しく始める恋よりも気遣いが大切で、時間もエネルギーも膨大に消費しますし、メンタル的に辛く、モチベーションを維持するのが大変です。それに、復縁出来るとしても、半年、一年、あるいはそれ以上に時間がかかることもザラです。
    そう考えると、「気持ちの上で引きずってはいても復縁を求めるのには躊躇する」という人が多くなるのも当然ですよね。
     
    「その相手のことが本当に好きで、その人のことだけしか見えない」
    「その人以外にはいらない」
    「次の恋に進むなんて考えられない」
    そう思い切っている人でにとっては、そんなこと関係ないのでしょうが・・・
     
    でも、私Riaの本音としては、復縁は「どうしても」という場合、未練が残っていて前に進めないという場合以外はあまりお勧めしたくないなというのが本音です。
    そこで足を止めて執着するよりも新しい恋に行ったほうがよっぽど幸せ、という場合もとても多いですから・・・。
    (勿論、そうでない場合もありますけどね。)
     
     
     
    ■新しい恋は「新しい運気」を運んでくる
     
    毎日数多くの人を占っていて思うことが、「恋の運気って本当にあるんだなぁ」ということです。
     
    使い古された言葉かもしれませんが、でも真実の恋愛法則として言えることに
    「新しい恋は新しい運気を運んでくる」
    という言葉があります。
     
    たとえば・・・
    新しい恋をすることで、仕事がうまくいったり、人間関係が広がったり、物事が上手く回り出すことってありますよね。新しい恋の始まりは、いつも人を生き生きと前向きな気持ちにさせるものです。多くの場合、人は新しい恋をすることでポジティブ思考になってよい結果につながる行動が増えます。
     
    また、他にも過去の恋への執着を手放した途端、別れた相手(復縁したいと願っていた相手)が急に態度を変えて連絡をくれるようになるなど、新しい恋に向かおうとすることで膠着状態だった恋愛に新たな展開がもたらされたという話もよく聞きます。
     
    「過去の恋を忘れ、新しい恋に向かおうとする」
    この行動こそが停滞・膠着した状況を打開し、自分自身を幸せにするための最大の開運法ではないかと私は思います。
     
     
     
    ■前に進むためにはどうすればいいのか?
     
    では、前に進むためにはどうすればいいのでしょうか?
    過去の恋にこだわっている人の中には、「前に進まないと」と思っていもなかなか一歩が踏み出せないという人もいるかと思います。
    そういう人にお勧めするのは、とにかくたくさんの人に出会うこと。
     
    一回や二回の合コン、紹介で意気消沈していては駄目です。
    今まで好きだった人、自分にとって大きな存在だった人を忘れるためには、「過去の相手よりももっと素敵な人を捕まえよう」という気持ちでたくさんの人に会うことが大切です。10人よりは20人、それよりは50人・・・というようにたくさんの人に出会うようにすれば、自分の求めるタイプ、本当に心が動かされる異性と出会う可能性が広がります。
     
    実際、過去の恋と決別して前に進んだという人の多くは、出会いに貪欲に積極的になっていった人たちです。
     
    「自ら積極的に出会いを求める」
    「出会いのチャンスに貪欲になる」
    この言葉は恋愛においては、やっぱりとても大切。
     
    そしてこの時、一回一回の成否は全然問題ではないのです。
    回数を重ねて自分にぴったりの人を探す。
    終わりよければすべてよし。
    間のプロセスに時間がかかるのは目を瞑る。
    そのくらいの気持ちで臨むことが大事なのです。