TOP > イククルコラム > 占い師Riaが語る☆7月16日の特別な新月に願う「恋の願い事」

占い師Riaが語る☆7月16日の特別な新月に願う「恋の願い事」

  • 2015年07月07日  占い師 Ria  



    2015年7月16日は特別な力を持った新月です。この新月に向かって、恋の願掛けをしてみませんか? 西洋に伝わるムーン・マジックから、2015年7月16日のエネルギーを最大に引き出す方法を教えます。
     
     
    7月16日は、月が真っ暗闇の中に隠れる新月です。
    新月と満月は、月の満ち欠けが0やMAXになる日ということで、普段よりも特別なエネルギーに満ちていると言われてきました。
    中でも新月は、月がこれから満ちようとする時期で、「始まりの日」 物事を育むエネルギーに満ちていると言われています。
    恋愛では、「新月に付き合い始めた恋人は幸せになる」という言い伝えがあるんですよ。
     
     
    ■育むエネルギーに満ちた新月
     
    育むエネルギーに満ちた新月は、自分を変えたい、これから何かを始めたいと願う人にぴったりの時です。また、誰かと特別に仲良くなりたい、恋人がほしいというような人にとっても、新月は特別な日。願いを叶えようとする人を守り励ましてくれるエネルギーに満ちています。
     
    「新月の願い事」って聞いたことはありませんか? 「満月の願い事」のほうが有名なので、「新月も!?」と思う人もいるかもしれませんね。
    満月の方が強く光輝いているので強いパワーを持っていると思われがちですが、実は満月は満ちた姿とは反対に「手放し、欠けていく、消去のエネルギー」を持った時期。執着心を手放す、悪癖を無くすなど、何かを変えることを望むのにはよい時期ですが、新しく何かを始めたい、育みたいという時には不向きな時期になります。
    新月には新月ならではのエネルギー、満月には満月ならではのエネルギーがあるのです。
     
     
    ■2015年7月16日は、特別な新月
     
    新月は大体のところ月に1度訪れるものですが、新月だからと言ってすべて同じエネルギーではありません。今年2015年7月16日の新月は、月と太陽が蟹座に位置する「蟹座のエネルギーを持った新月」です。
     
    この新月、実は1年の中でも1〜2を争うほど新月のパワーが強い時期なんですよ。というのも、蟹座は月が本来一番強く輝く場所。月が本来のエネルギーを100%発揮できる特別な星座なのです。
    その蟹座で起きる新月、いつもよりも強いパワーが期待できる新月として、占星術の心得がある人からは注目を集めています。
    あなたもこの新月パワーを利用して、恋の願い事を叶えてみませんか?
     
     
    ■新月の願い事(2015年7月16日限定)
     
    海外では、新月や満月の願い事を「ムーン・マジック」と呼んでいます。
    「月に向けて祈る魔術、願掛け」という意味ですね。
     
    このムーン・マジック。
    中でも蟹座の新月は、愛する人との人間関係を築くのに最適な日となります。
    もともと蟹座は非常に愛情深く、身内を大切にする星座です。また、自分の居心地のよい場所を求める性質があり、心の望む物を大切にしたいと考えます。
     
    恋愛では、
    ・相手の感情を察する能力が増す
    ・居心地のよい環境や人間関係を築く
    ・愛する者を守り、愛を育む
    というような力が期待できます。
     
    そんな蟹座の新月におすすめの願い事は・・・
    ・相手の気持ちに敏感になって恋の失敗をなくしたい
    ・心から安らげる相手と付き合いたい
    ・無条件の愛を捧げてくれる異性に出会いたい
    ・好きな人ともっと親密な関係になりたい
    ・結婚して温かな家庭を築きたい
    など。
     
    「心が求める相手と縁をつなぐ」
    そういう想いの詰まった祈りこそが、蟹座の新月におすすめの願い事です。
     
     
    ■新月の願い事の方法
     
    新月の時刻(7月16日10:25〜)になったら、願いを紙にしたため、強く願ってください。この時、より具体的にイメージしながら願いを書くことがポイントです。
    願掛けをする時間は、新月スタートの時刻から48時間以内。「忘れてた!」という方も、翌日ならまだ大丈夫なのでトライしてみてくださいね。
     
     
    ■新月の願い事を更に強化したいと思ったら…
     
    新月の願い事は、新月に向かって強く願うだけでも効果がありますが、幾つかのことに気をつけると更に効果を高めることができます。
     
    ・新月開始後8時間のうちに行う。
    新月の願い事は、新月開始時刻から48時間以内に行うものとされていますが、実際には新月開始後の8時間が最も強いエネルギーを持つ時間帯になります。この時に願い事をすると、高い効果が期待できますよ。
    2015年7月16日は、10:25に新月となりますから、10:25〜18:25までの間にすることをおすすめします!(月が出ている時間でなく、「天球上で新月となった時間」が基準です)
     
    ・ボイドタイムは避ける。
    占星術の世界には、月が何にも影響を受けない魔の時刻「ボイドタイム」というものが存在します。この時刻は、月の効果は期待できないとされているので、折角の願いを無駄にしないためにも、ボイドタイムは避けるようにしましょう。
    尚、今回の新月に重なるボイドタイムは、7月16日20:25〜23:16までです。8時間以内に間に合わなかった人は、この時間を割けて願い事をするようにしてくださいね。
     
    ・蟹座の月を象徴するものを持って願い事をする
    パールやムーンストーン、白い薔薇、水の入ったコップ、蟹のモチーフの何かなど、蟹座の月を象徴するものを持って願い事をするのもおすすめです。より効果が高まりますよ。
    尚、この時、願い事に使ったアイテムは、これから半年間、蟹座の満月になるまで「お守り」として使うこともできます。
     
     
    2015年7月16日の特別な新月に願うムーン・マジック。
    興味のある方はぜひ行ってみてください。