TOP > イククルコラム > 奈央のセクシャルエステ #10「バブル世代は不倫がお好き!?」

奈央のセクシャルエステ #10「バブル世代は不倫がお好き!?」

  • 2013年11月01日  瀬戸口 奈央  



    日本が華やいでいたバブル世代。多くの女性は楽しく貪欲に恋を謳歌していました。そんなバブルを経験した世代の女性たち。彼女たちの恋愛観は今も尚健在。素敵な女性になるためのノウハウをちょっと覗いてみましょう。
     
     
    ■バブル世代は恋に貪欲
    何歳になっても美しくいたいというのは女性なら誰しも思うことです。
    エステに来るお客様なら尚のこと、その思いは強いでしょう。
    実際、私のサロンに訪れる方は年齢層に関係なく、皆さん美容、特に外見にはかなり気を遣っていらっしゃいます。
    体型は勿論のこと、メイク、髪型、ファッションなど、より自分を美しく見せようと意識いている方がほとんどです。
     
    美容に気を遣うことって、年齢関係なくとても大切ですよね。
    女性は他人に見られているのを意識することで美しくなる生き物です。
    美を意識することは、女性として忘れてはならないものでしょう。
    でも、もう1つ。いつまでも美しく若々しいままでいるために大切なことがあります。
    それは何だと思いますか?
     
    多くの方がもう既に気づいているかもしれませんが・・・それは、「恋心」です。
     
     
    独身女性でも既婚女性でも、ドキドキしたりワクワクしたり、切なさを感じたり・・・。
    恋心を感じ続けていることは、とても大切です。
    誰かを好きになってその人の前で美しい自分でいたいと思う気持ちが湧くと、女性は自然とお洒落に磨きがかかり、可愛らしく(美人に)なっていきます。
    実際、「素敵だな」と思う人の話を聞いてみると、年齢関係なくしっかりと恋をしていらっしゃいます。
    実際にお付き合いまで行かなくても気持ちの上で誰かを想うというのも含めると、素敵な女性のほぼ全員が恋を忘れていないと言ってもよいでしょう。
     
    中でも、バブル世代と言われるやや年配の女性陣。
    彼女たちの恋、そして美しさに対する貪欲さは、他の世代の女性たちを圧倒するほどです。
    彼女たちにとっては年齢なんて関係ないのです。
    たとえ結婚していて夫や子供がいても、それはそれ。
    いつまでも女として若々しくいたい、愛されている、認められている自分でいたいという純粋かつ貪欲な気持ちを持っています。
    だからでしょうか?
    実は、他の世代と比べて不倫率が圧倒的に高いのです・・・!!
     
    バブル世代の女性の特徴は、何と言っても年齢以上に若々しく見えること。
    皆さん、美しくあるためにはお金も労力も惜しみませんから、下手をすると非バブル世代の方よりも肌がツヤツヤしてスリムだったりします。
    中には、20以上も年下の恋人を連れている女性もいるんですよ!!
     
    そんなバブル世代の傾向をまとめると
     
    ・いつまでも美しくあることにこだわる(これは良い意味で!)
    ・高くても本当に良いと思ったものにはお金を惜しまない
    ・美容情報に敏感
    ・女性としての価値を高めることに貪欲
    ・異性から見られている自分を常に意識している
     
    の5点があげられます。
     
    この5点、どれもとても重要なことですよね。
    素敵な恋をしたいなら、やっぱりこの5点は外せないものだと思います。
    しかも、これはバブル世代に限らず全世代共通で大切なこと。
    恋愛で一番大切な基本中の基本を、バブル世代の女性は理解しているんですね。
     
    そんなバブル世代の最近の関心事は、やはり不倫。
    「年齢関係なく楽しく恋をしていたい」
    その想いが、家庭とは切り離した世界に恋愛を求めるのか、不倫(隠れた恋)を求める方が非常に多いです。
    エステの施術中にお話を聞いていると、若い恋人がいる女性、同じように家庭のある者同士W不倫をしている女性、片思いの相手に猛アタックしている女性など、実に多くの方が様々な形の恋愛をしています。
    その点は、もしかすると他の世代よりも貪欲かつ行動的かもしれません。
     
     
    ■バブル世代以外の女性たち
    バブル世代の女性が恋に貪欲で積極的とお話ししましたが、では他の世代はどうなのでしょうか。
    バブル世代以降の女性たちは、大体2つの世代に分けることができます。
     
    1つは、バブル終了時期に中学生〜小学生だった人たち。
    この世代は多感な時期にバブル崩壊や就職氷河期、その後の不況といった一連の流れを経験しているせいか、他の世代と比べて恋愛に対して消極的な人や屈折した恋愛をしがちな人が多いです。
    愛情を伝えたり、受け取ったりするのが下手な傾向も。
    客観的に見て、「もう少しうまく生きられればラクになるのになぁ」と思う人が多いのです。
     
    そして2つめは、今ドキ世代。
    今ドキ世代の特徴は、何と言っても性に対して奔放なこと。
    でも、だからといって恋愛観が軽いのかと言えばそういうわけでもないのです。
    ただ、非バブル世代と比べると性に対してはあっけらかんとした傾向が。
    利害が一致すれば愛が伴わないエッチもあり。
    この辺の割り切りに関しては、バブル世代もついて行けないほどさばさばとしています。
     
    バブル世代以外については簡単に書きましたが、どの世代もそれぞれ特徴的な恋愛観、求めるものや得意な傾向、不得意な部分があります。
    ただ、バブル世代とそれ以外を見たときに「確実にここが違う」と言える部分が1つ。
    それは、どの世代もバブル世代ほど恋愛を楽しんではいないということです。
     
    バブル世代の女性たちは、本当に「人生を楽しもうという気持ち」に正直かつ貪欲です。人生を謳歌することの楽しさを知っていると言えば良いでしょうか。楽しい人生を送るための行動力やエネルギーが他の世代とは桁外れなんですね。
     
    バブルを経験した世代ならではの恋愛観と行動力。
    これは今の人たちにはない部分ですよね。
    皆さんの周りにもしもそういう女性がいたら、ぜひとも親しくなって感性、感覚を取り入れてみてください。きっと恋愛に役立ちますよ!