TOP > イククルコラム > 奈央のセクシャルエステ #15「恋の勝者は男心を操る女」

奈央のセクシャルエステ #15「恋の勝者は男心を操る女」

  • 2013年12月06日  瀬戸口 奈央  



    折角の出会いがあってもただの友達止まり。なかなか恋愛に発展しないという女性の方、あなたのアプローチ、どこか間違っているのかもしれませんよ。恋の勝負では男心に敏感になった人の勝ち。ちょっとしたコツ教えます。
     
     
    恋の勝負は惚れたほうの負けと言いますが、恋愛が始まってしまったら大抵の場合、女性のほうが男性に対して下手に出ることが多くなりますよね。
    喧嘩をして揉めたくない気持ちから、言いたいことがあっても我慢する人は多いでしょう。
    だからこそ、最初の段階である程度イニシアティブを握れるように、相手の気持ちを惹きつけて「男心を操れる女」になりたいものですよね。
     
    そこで今回はそんな女性の皆さんに、もっと相手に好きになってもらうためにも、「男心を操る女」になる幾つかのポイントをお教えしましょう。
     
     
    1. 男をその気にさせるのはやっぱりセクシーさ
    男性といい雰囲気になりたいと思った時、何だかんだ言っても必要なのは「色気」です。結局多くの男性は「親しくなったその後」を考えながらお付き合いをしています。単純に恋愛が絡まない友達として付き合える人もいますが、恋愛を匂わせる場で出会った相手であれば、当然ながら期待するのは「親しくなったその後、深い仲になれるか」ということ。
    ですので、恋を有利に運びたい時には、そんな男性心理を利用して小悪魔風にちょっとだけセクシーな女性を装いましょう。洋服、立ち振る舞い、例えば手の動きや目線、何かを食べる時の動作など。そういったものにちょっぴりだけセクシーさを意識してみましょう。加減が分からない人は、映画やドラマを見て研究するとよいですよ。何かを食べた後の舌の見せ方、唇の動き、グラスを持つ手の動き、これだけでも随分性的なニュアンス、セクシーな雰囲気を作れるものです。
    ちなみにこの時大切なのは、あくまでも「少しだけ」ということ。あまりにも露骨に見せてしまうと軽い女に見られてしまいます。その点だけは気をつけましょう。
     
     
    2. 恋愛力のある人は駆け引きが上手
    男性は基本的には「狩猟本能を持った生き物」です。当然、追われるよりも追いかけるほうが好き。それも少し頑張れば自分でも落とせると思った相手にターゲットを絞ります。ですからその心理を利用して、会話や行動に駆け引きを混ぜてみましょう。例えば、時に好意を匂わせて時に真意をはぐらかす。会話にセクシャルにも取れる内容を含ませてみる。会話が苦手な人は行動で表すのもよいですね。
    大切なのは、最初から「あなたのことが好き」「私を見て」といった気持ちを前面に出し過ぎないこと。ちら見させるくらいのほうが相手の気持ちも盛り上がり、積極的に出てきます。
     
     
    3. 小道具パワーを活用する
    まだそこまで親しくなっていない段階で相手の気持ちを盛り上げるためには、女性としての魅力を意識してもらうことが大切ですよね。その段階で異性と会う時には持ち歩く小物にも気を配りたいものです。たとえばハンカチやティッシュ。ちょっとした時に出す機会があるものですが、これが広告の入ったティッシュや味気ないハンカチだと興ざめしてしまうもの。ここぞという時は女性的なハンカチ、ちょっと高品質なティッシュを用意しておくのがよいでしょう。
    また、ネイルやアクセサリーも女性らしさのアピールポイント。特にネイルや指輪はデザインによって指を美しくも不格好にも見せるものなので、デートの時には注意を払いたい部分の代表格です。
     
     
    4. できる女でいるためには香水1つも気配りを
    皆さん、香水をつけるときにどうやってつけていますか? 手首にシュッ、首筋や足首にシュッ、という人が多いのではないでしょうか。
    でも、その付け方だと香水によっては匂いが強すぎて折角の香りが台無しに。実際、男性に話を聞くと、香水がキツすぎて相手に幻滅した経験のある人がかなりの数いるのです。
    香水の付け方としてお勧めなのは、自分の斜め上にシュッと1〜2プッシュして、その下をくるりと回りながらくぐるという方法。
    これなら嫌みのない適度な香りが身体全体につきます。お洒落上手な人の定番ともいえる付け方なので、ぜひ試してみてくださいね。
     
     
    5. 食事や飲みに行った時は、女性としての魅力の見せ所
    ちょっと親しくなって二人で飲みに行った時、多くの人はやはりこの後の進展を期待しますよね。「相手に気に入ってもらえるかな?」「このまま深い関係になれるかな?」など。
    それなら当然、女性として見てもらうようその場であなたの魅力をアピールするべきです。
    例えば、お酒を注いだり、食べたお皿を下げやすいよう脇に寄せたりと、「ちょっと気が利く」というところをアピールするのです。
    また、お酒に弱い人ならそれを出すのもよいですね。酔いを理由に相手にボディタッチをする、寄りかかって距離を縮めるなど、直接的な行動を取れば男性はやっぱりドキッとするものです。
    食事はセックスを連想させる場。親密な雰囲気を感じる場でもありますし、男心を掴むには一番大切な勝負の場所と言っても過言ではありません。「女」を意識させるには、やっぱりここに重点を置くべきでしょう。
     
     
    と、ここまで簡単に5つのポイントを書いてみました。ごく一般的なものも混じっていますので、「うーん、これくらいなら私やってるわ」という人もいるかと思います。
    そんな人にもう一つ、ちょっとした小技を伝授。
    それは……
     
    「手や足、唇をお手入れしておく」
     
    まぁ、本音を言えば身体全体をお手入れするのが望ましいのですが、そうでなくてもこの3ヵ所のケアを日々怠らないだけでも女子力は格段にUPします。
    例えば手ならハンドクリームを塗る、足はボディオイルでマッサージ、唇は専用パックやリップでいつもぷるぷるでいるように意識する。
    ちょっとしたケアですが、これだけでも男性の目を惹きつける女性になりますよ♪