TOP > イククルコラム > 奈央のセクシャルエステ #16「肌を愛して感度の高い女になる」

奈央のセクシャルエステ #16「肌を愛して感度の高い女になる」

  • 2013年12月13日  瀬戸口 奈央  



    冬の寒さと身体の感度、この2つに密接なつながりがあると知っていますか? 女性が感じにくいのはもしかしたら寒さのせいかもしれません。今回は愛の時間を素敵なものにするためにも、男性女性双方ができるケアを♪
     
     
    そろそろ冬の訪れを感じる時期になってきました。
    皆さん、寒いのって嫌ですよね。
    特に女性にとって、冬の寒さや乾燥はお肌の大敵。
    冬のケアを怠ると、一気に数歳〜十歳ぐらい老けて見えることもあるわけで・・・、美しくありたい女性に取って冬のケアがどれだけ大切かというのが分かります。
     
     
    << 冷え性と感度の意外な関係 >>
     
    ところで、寒さと身体の感度って関係があるのは知っていますか?
     
    エッチの時に感じにくい人(感度が悪い人)のことを「不感症」「冷感症」と言いますよね。
    こういう人の場合、以前にも言いましたが、大抵は身体がめちゃくちゃ冷えています。
    単純に冷たくなったということではなく、身体の芯から冷えている・・・いわゆる「冷え性」の人が多いです。
     
    身体って不思議なもので、ある程度の温度がないと「気持ちいい」とか「リラックスしている」といった感覚が感じにくくなってしまいます。
    だから、冷え性になればなるほどエッチの時の感度が鈍り、酷い人では行為を気持ちいいと感じなくなってしまうんですね。
    そんな危険性が潜んでいるのは、やっぱり冬。
    勿論、冷え性の人に夏も冬も関係ありませんが、身体の冷え具合としては冬の冷たさは別格。
    触った時にあまりの冷たさに驚く人も多いのです。
     
     
    冷え性の人が感度よく、エッチを楽しめるようになるにはどうすればよいのでしょうか?
    答えは簡単。オーソドックスに「身体を温める」ということに気を配ればよいのです。
     
    例えば、エッチの前に温かいお風呂に入って身体をゆっくりとマッサージしたり、部屋の温度を通常よりも1,2度高くしたり、前戯の際に足や手のマッサージを重点的にしたりというように、「前戯として身体を温めながら時間をかけて気持ちを高めていく」ことがお勧めです。
     
     
    え? ラブホテルの場合、2時間の時間制限が気になる?
    もともとエッチって、時間を気にしてするものではなく、二人でゆっくりと愛を確かめ合うためにするものです。
    時には獣のように交わるのもありですが、基本はお互いへのいたわりが大切。
    相手の人が冷え性かつ冷感症や不感症の疑いがある場合は、時間に気を取られるのではなく行為そのものをゆっくりと楽しむことが大事になってきます。
     
    男性の中には、そういったことを面倒くさがる人も多いのですが・・・、でも女性の身体は男性と異なりすぐに準備ができないものです。
     
    「時間をかけてゆっくりと開かせる」
     
    これはどうしても欠かせないと思って、時には「温感ジェル」のような小道具なども使いながら、プレイ自体を楽しんでみてはどうでしょうか。
     
     
    << しっとりすべすべ、男に愛される肌を作ろう >>
     
    さて、女性なら忘れてはならないのがすべすべ、しっとりなお肌。男性って、意外と女性に夢を見ているものです。なので、エッチの時に(デートの時も)かさかさなお肌で接するのはマイナス点。できれば「すべすべツヤツヤしっとり」のお肌で接したいものです。30代以降ならこれだけでも見た目年齢が大幅に若返りますしね。
     
    そんなお肌を作るのに必要なのはマッサージ。オイルを使ってしっとりすべすべになるように、お風呂上がりと朝起きた時に重点的にメンテナンスをしてください。最近流行のかっさプレートでのマッサージもお勧めです。リンパマッサージの要領で足の先から太ももの付け根まで、またお尻やお腹をしっかりとマッサージすれば、同時に細い足やスマートな身体も手に入れられます。
    この時、大切なのは、オイルを塗る作業だけでもいいので必ず朝もすること。夜お風呂上がりのケアを怠らない人は多いのですが、朝までする人は少ないと思います。
    勿論、「忙しい朝にそんなことやってられない」という気持ちも分かりますが、でも1日2回することで、お肌はよりツヤツヤすべすべになるんですよ。
    また、身体の部位で忘れはいけないのは、「首、耳、手」の3ヵ所。
    この3ヵ所は最も年齢が出る場所で、相手の目にも止まりやすい部分です。ここをきっちりとケアすることで、デートの時にひそかなアピール、アプローチができちゃいますよ。
     
     
    寒い格好を取るか、勝負服を取るか。
    女性ならやっぱりお洒落な格好をしたいと思いますし、寒い冬には何処まで着込むか悩んでしまいますよね。
    でも、身体にとっていいのは、やっぱり暖かい格好。
    女性が身体を冷やすといいことなんてありませんもの。
     
    ただ、「そんなこと言っても、ファッションのほうが大事!」という方もいると思います。また、職業柄あまり着込めないという方も。
    そういう方は、お腹だけは冷やさないようにしてくださいね。
    そして、足はできるだけオイルでマッサージをすること。
    足、特に膝下は、水分が逃げてかさかさになりやすい場所です。オイルで膜を作ることで体内の水分と、若干ですが熱を閉じ込める効果があります。冷え性の方は試してみてくださいね。
     
     
    ただ・・・最後に声を大にして言うならば・・・、やっぱり冬の軽装はお勧めしません!!
    寒いけど我慢していると言う人は、必ず機能性インナーなどで防寒を。
    身体を冷やして感度の悪い女になるのを防ぎましょう!!