TOP > イククルコラム > 奈央のセクシャルエステ #17「エロスの開発、あなたはどれが好み?」

奈央のセクシャルエステ #17「エロスの開発、あなたはどれが好み?」

  • 2013年12月20日  瀬戸口 奈央  



    年齢関係なく異性の目を惹きつける素敵な人。彼らにはエロス(性的魅力)が備わっています。その性的魅力を、あなたも手に入れたいと思いませんか? エロスはどうやったら開発できるのか、今回はそこに注目です♪
     
     
    恋愛において、素敵な魅力ある人になって異性の気を惹きたいと思うのは、多くの人に共通する願いなのではないでしょうか。
    また、好きな人に振り向いてもらうために異性としての魅力を開花させたいというのも、恋する人なら自然な気持ちです。
     
    異性を惹きつける魅力・・・言い換えれば、色気やエロスにあたるものですよね。
    色気・・・そしてエロス(性的魅力)、これらは一体どうやって作られていくのでしょう?
     
     
    一番の答えは、やはり「恋愛をすること」です。
    それもたくさんの恋をすること、ではないでしょうか。
     
    そもそも色気やエロスは性的に未熟な人には備わってはいません。
    そういう人が色気を意識した服を着ても、「何となく青臭い感じがする」「まったく色気を感じない」という結果に終わってしまうことがよくあります。
    だって、恋や性的な喜びを知らない人よりは、たくさんの恋を経験してきた人のほうが恋愛オーラが出ていますし、色気もあります。
    特に、自らエッチを楽しんでいる人なら尚のこと。
    色気やエロスが体中からにじみ出ている人も少なくありません。
     
     
    ■何歳になってもエロスを感じる人は素敵な女性
    女性も男性もそうですが、年齢を感じさせないほど魅力的な人っていますよね。若々しいというだけでなく、年を取っても女性的な魅力や男性的な魅力を失わない人を皆さんも見たことがあると思います。
     
    色気やエロスは、年を取ったからと言って消えるものではありません。
    50代、60代、あるいは70代近くても色気を感じる素敵な人は存在しています。
     
    しかも、女性の場合、そういう方は体つきから違います。
    実年齢が想像できないような若さを感じる上に仕草や体型等どこかにエロさを感じさせるんですね。そしてこういう女性の場合、大抵は年齢に関係なく恋人がいます! とにかくモテるんですね!!
     
     
    ■昔から人はエロスを大切にしてきた
    中世、あるいはもっと昔から人間は性的欲望に忠実でエロスを大切にしてきました。中世のヨーロッパでは社交の場でマダム達が若い男性と愛を交わすのは普通でしたし、芸術家には性的な関係を含むパトロンがいました。
    パートナーとの恋に新鮮味を感じなくなったら新しい恋の相手を探す。それは遙か昔はごく普通に行われていたことなのです。
    そして、これこそが女性、男性共に若々しく精力的に魅力ある人でいるコツです。
    人間は、遙か昔からエロスを大切にすることでより若く美しく、充実した日々を送ってきたのです。
     
     
    ■エロスはどうやって開発するのか?
    現代は性的に抑圧された人とそうでない人の二極化が進んでいると言われています。
    では、エロスを感じさせない人、色気がないと悩んでいる人の場合は一体何が足りないのでしょうか?
     
    それはひとえに恋愛、特に性の喜び(SEX)やそれを追求することに貪欲になれないという部分です。
     
    「色気がない」「性的魅力が薄い」と悩んでいる人の中には、もしかしたら「私、恋愛経験は豊富なんだけど…」という人がいるかもしれません。
    でも、恋愛経験の豊富さと性の喜びへの追求・目覚めは違います。
     
    エロスを感じさせる人とそうでない人を見ると、エロスを感じさせる人は純粋に愛を交わす行為(エッチ)を楽しんでのめり込むくらいの情熱を見せますが、そうでない人の場合はやや消極的で受け身。求められたから応じる、本当の喜びを感じたことがないけれども一緒にいる安心感から応じるという人が多いように感じます。これでは、エロスの花開き方に差が出るのも当然ですよね。
     
     
    では、ここで本題です。
    エロスはどうやって開発すればよいのでしょうか。
     
    私がお勧めするのは・・・
     
    1. 小道具を使って一人エッチを楽しむ
    2. プロの手にお任せして性感帯を開発する
    3. ボディケアをとことん頑張って身体を改造
    4. 海外ドラマや映画を見て、エロティックな仕草や雰囲気を研究する
    5. ヒップホップなどのダンスを習う
     
    の5つです。
     
     
    最初の2つは、言わずもがなですよね。
    そう。エロスを開発するには、エロをとことん追求して楽しむことが一番。
    「身体からにじみ出るエロスを手に入れるには、それなりの場数を踏むことが大切」ということで、エッチ自体を楽しむようにするのです。
    実際、本当にエッチを楽しんでいる女性の腰は丸みを帯びてすごくセクシーな雰囲気なんですよ。(巨乳とか貧乳とかは関係なく、とても魅力的なのです!)
     
    3と4は、最初の2つに抵抗がある人にお勧めの方法です。身体からにじみ出るほどのエロスは期待できなくても、形から入ったり小技を身につけたりすることで、ある程度エロスな雰囲気を手に入れることができます。尚、この時に大切なのは「脳内彼氏」「脳内彼女」を作って気持ちを高め、とことん研究をすること。
    「相手がいなくてもいる気になって行動する」「常に恋愛気分でいる」、これがとても大切です。
     
    最後の6は意外に思う人も多いのではないでしょうか。
    でも、実はダンスと性(SEX)には密接なつながりがあります。身体からほとばしる情熱をぶつけるのがダンス。日本ではあまりなじみは無いかもしれませんが、海外のダンスの中にはセックスを表現したようなものもあるのです。実際、ダンスを習い始めると、目線の配り方、手足の仕草、腰つきなどがガラリと代わります。そして、あるレベルまで達すると、それが色気のある動きにつながっていくのです。
     
     
    さて、今回はエロス(性的魅力)について書いてみました。
    「性的な魅力が足りない」「異性とはいつも友達止まり」「いい線までは行くんだけどその後が続かない・・・」、そんな風に悩んでいる皆さん、もしかしたらエロスの開発が足りないのかもしれませんよ
    エロスは意識して開発することでちゃんと身につけられるもの。皆さんも、積極的に開発してみてはどうでしょう☆