TOP > イククルコラム > 奈央のセクシャルエステ #42「ナチュラルセクシーな顔を作るメイク法」

奈央のセクシャルエステ #42「ナチュラルセクシーな顔を作るメイク法」

  • 2014年06月20日  瀬戸口 奈央  



    素敵な恋人をゲットしたい女性にとって、自分を数倍キレイに見せるメイク法は是非とも手に入れたい技術ですよね。今回は、異性を惹きつけるセクシーメイクの基本的と+αのコツと技術を5つに絞って教えちゃいます。
     
     
    素敵な男性を手に入れたい女性にとって、メイクは重要な関心事の1つですよね。メイク1つで女性は、セクシーにもフェミニンにもなります。フェミニンなメイク、可愛らしいメイク、大人びたセクシーメイク、メイクの好みは人それぞれですが、エステに来る方を見ていると、男の人に不自由していない人ほどセクシー系の大人っぽいメイクをしているような気がします。
     
    実際、メイク、そしてヘアを気にかけるだけで、女性って本来の自分よりも数段色気が出て、男受けが良くなります。メイクができる女性ならではの技と言ってもよいでしょう。
    でも、そんな技を使いこなせず、「メイクが苦手」「自己流で適当」「流行を追っているけれども似合わない」というようにメイクに苦手意識を持つ人が多いのが実情です。私のエステでは、フェイシャルエステをした後にお客様がメイクをするのをお手伝いし、今後に生かせるようにアドバイスをすることがあります。その中でも要望が多いのが、異性を惹きつけるセクシャルなメイクの仕方。確かにこれは女性なら知っておきたい部分ですよね。
    そこで今回は、大人びたセクシャルメイクのポイントを5つお話ししします。
    ※本来メイクはその人の雰囲気に合わせて微調整しながら行うものなので、あくまでも汎用性の高い部分にポイントを絞っての方法です。
     
     
    1. アイメイクは自分に似合う色を使おう
     
    青はクール、ピンクはフェミニン、紫はセクシャル、ブラウンは大人びた女性を意識というように、色のイメージってありますよね。でも、大切なのは自分に似合う色を使うこと。そして、その色をベースに多色使いをすることです。よくべったりとただその色だけを塗っている人がいますが、濃淡を入れるほうが陰影が際立ちセクシーに見えます。
    また、アイラインやつけまつげでアイメイクを強調する人が多いですが、美を追究するエステティシャンの目から見れば、アイラインは補助的に使うもので、基本はアイシャドー。まぶたの際から中心に向けてグレーもしくはブラウン系のシャドーで影をつけて、その上から自分に似合う色を乗せる。眉の下は少し明るめの色でメリハリを。もちろん、目の下にも明るい色を乗せるようにしましょう。
    今回はブラウンもお勧めしましたが、個人的に持っていてほしいのはグレー。この色を使うだけで目元がぐっと引き立ち、大人っぽく素敵な女性に見えること間違いなしです。ちなみに夏のメイクの場合は、グレーを明るくしたようなシルバー系のアイシャドーがお勧めです!
     
     
     
    2. ファンデーションはリキッドで
     
    ファンデーションも色々なメーカーが出ていて、潤いのあるタイプ、つや肌を意識したタイプなど本当に様々ですよね。エステティシャンの目から見て個人的なお勧めなのは、カバー力と保湿力が高いリキッドファンデーションです。リキッドの方がパウダーよりも時間持ちがいいですし、マットなつや肌、大人っぽい肌を作りやすいです。リキッドでベースを作ってルースタイプやプレストタイプのおしろいをつけると自然な感じの仕上がり、潤いのある肌が作り出せます。
    ※最近はおしろいをつけなくてもよいタイプのリキッドファンデーションも出ています。
     
     
    3. リップは強調しすぎない
     
    リップをばっちり塗るメイクもありますが、ナチュラルな感じを大切にしながらもセクシー感を出したいのであれば、あえてリップを強調しないことをお勧めします。唇に関しては、色は抑え気味にしてグロスなどでつや感をUPするのが効果的。
    ちなみに、私がお客様によくお勧めするのはポイントメイク用のコンシーラー。日本人は欧米人に比べると肌と唇の境目がくっきりしていない人が多いです。でも、唇の境目ってとても重要。なので、この境目部分をコンシーラーで整えてリップを塗らずに唇を浮き立たせるということをしちゃいます。これをするだけで、強調された唇の出来上がり。後はグロスを塗るだけでヌーディーなツヤツヤ唇に変身です。(このとき、真ん中にグロスを塗り、橋には塗らないようにするとぷっくり唇を演出できます)
    この技、唇が弱くてリップが合わないという人にも使える技なので、ぜひ使ってみてくださいね。
     
     
    4. アイラインは縦長に
     
    目を強調させるためか、アイラインに黒を使っている人が多いのですが、お勧めは何と言ってもブラウン系。上まぶたのアウトラインを太めに入れて、目尻を長く流すのが大人っぽいセクシーメイクの基本。この時、垂れ目にならないように注意してくださいね。また、アイラインは太くしすぎないほうが自然な感じに仕上がります。
    ※アイラインはペンシルよりもリキッドタイプのほうがキレイに仕上がるのでお勧めです。
     
     
    5. チークは抑え気味が○
     
    お客様とメイク談義に花を咲かせていると、「チークが苦手」という話を聞くことが多いです。でも、チークって顔を綺麗に見せる大切な要素。極端なことを言えば、限りなくナチュラルメイクとしてファンデーションと眉だけで外に出る時も、リップやアイメイクはしなくてもチークだけはしたほうが素敵に見えます。
    チークは顔によって付け方が違うのですが、頬骨に乗せていくのが基本となります。この時、丸く円を描くようにぼかすとフェミニンに、頬骨に沿って入れながら下にぼかしていくとクールに大人っぽく、頬骨の鼻に近い側からこめかみに向けてぼかしていくとナチュラル風に仕上がります。チークの色でお勧めはレッド、ブラウン、オレンジ系の色。中でもオレンジ系の色はなかなか若さとナチュラルさ、そして顔を明るく見せる効果があり、使い勝手がいいのでお勧めです。
    ちなみに、チークを自然に見せる方法を教えちゃいましょう。それは、チークをつけた上からおしろい粉やファンデーションで少し押さえること。これをすると本当に自然な仕上がりになるので、チークが浮いていると感じるメイクの時には微調整の技として使ってみてください。
     
    以上、今回は大人っぽく知的かつセクシーに見せるメイクポイントを書いてみました。セクシーを意識しながらも同時にナチュラルっぽさを求めているメイクなので人によっては好みが分かれるかもしれませんが、異性との出会いの場、大事な日に使えるメイクポイントだと思いますので、皆さんぜひ使ってみてくださいね。