TOP > イククルコラム > 奈央のセクシャルエステ #46「色を使いこなして美人度をUPさせる」

奈央のセクシャルエステ #46「色を使いこなして美人度をUPさせる」

  • 2014年07月18日  瀬戸口 奈央  



    メイク、洋服、髪の毛…。私たちの身近にあふれる様々な色。あなたは普段から自分に似合う色を意識して選んでいますか?色の選び方を変えるだけで人は何倍も素敵に見えるもの。今回はそんな色の選び方をお話しします。
     
     
    エステの仕事をしていると素敵な女性に会う機会が多くなります。
    また、自分もできるだけ素敵な女性でいようと思ってしまうもの。なので当然ながら、美、そして自分を美しく見せることに注意を払うようになります。
    そんな中で最近私が注目しているのは「色」の力。
    色って不思議なもので、選び方、使い方によってその人をダサく見せたり、素敵に見せたりと大きく変化するのです。
     
     
    ◎日本人にとって肌馴染みがいい色は?
     
    巷には様々な色があふれていますが、黄色人種と言われる日本人にとって肌馴染みのいい色は何色でしょう?
    基本的には日本人は肌が黄色がかっているので、黄色系、ブラウン系、そしてブラックカラーが入った色が似合うと言われています。例えば、青よりは緑(黄色が入っているから)のほうが肌馴染みがいいですし、どうしても青を選びたいなら青緑を選ぶほうが似合います。また、白よりはライトベージュや生成り、クリーム色のほうが美しさ、肌色のよさが際立ちます。こうして選ぶと、お勧めのカラーとして言えるのは、生成り、ベージュ、クリーム色、黒、緑(黄緑、深緑)、青緑。そしてコーラル、サーモンピンク、紫(ややベージュがかかったもの、トーンの弱いもの)、ベージュ系のオレンジ、茶色、黄色と言ったような色合いです。これが日本人の肌に馴染む色で、実際に洋服などを選ぶ時にはこれに肌のトーンを加味して、色が白い人は明るい色、色が濃いめの人は濃い色、原色はできるだけ避けて淡いトーンやくすんだトーンを選ぶのが基本となります。
    もちろんこの他にも、人によって別の色が似合うことも多々ありますが、何も考えずにそれなりに見せようと思った時に重宝するのがこれらの色。覚えておいて損はない色味です。ただ、これは洋服では効果を発揮しますが、メイクとなると若干違ってくるところがあります。というのも、メイクはポイントカラーを使いながら人を美しく見せるもの。ではメイクに使うとすればどの色がいいのか。次の項目で見ていきましょう。
     
     
    ◎メイクに似合う色
     
    皆さんはメイク、特にアイシャドウにどのような色を使っていますか?ベージュやゴールド、グレー系などの落ち着いた色でしょうか。それとも季節によってブルーやパープル、グリーン、ピンクなどを取り入れているのでしょうか。
    季節によって様々な色を取り入れたメイクもよいのですが、男性と食事をするとき、夜に会うときなどは、「女性として魅力的に見えるメイク」を意識したいものですよね。そんな時に私がお勧めするのは、ベースにグレー(シルバー)やブラウンを使い、その上に深めの色を乗せたメイク。例えば、シルバー+カーキ、ブラウン+ピンクorグリーンというように。この時、上に乗せる色にブラウンやグレーなど選ぶと目元が強調されて落ち着いた大人メイクに。紫やブルー系の色を入れると涼しげなセクシーメイクに。ピンクやレッド系を入れると甘さや女性らしさを強調するメイクに。そしてグリーン系を入れると若々しく落ち着いた雰囲気になります。
    ちなみに私のお気に入りは、グレーシルバー+カーキorグリーン。本来グレーは日本人の肌に馴染みにくい色ですが、そこに肌馴染みのいいカーキやグリーンを足すことで、女性らしさと落ち着きが演出され、大人の女性にぴったりのカラーになります。このように、日本人の肌に馴染まない色であっても、下か上に肌馴染みのよい色をプラスすることで素敵に使いこなせるのがメイクのよいところ。
    目元の色はその人を印象づける上で最も大切なカラーですから、色の法則を知って狙い通りの効果を出すようにしていけるといいですよね。
     
     
    ◎日本人女性にお勧めの色とアクセサリー
     
    日本人女性の肌に馴染みのいい色が黄色系、ブラウン系、そしてブラックだという話をしましたが、アクセサリーを見た時に忘れてはならないのが「ピンクゴールド」です。
    近年アクセサリー業界の人気カラーとなったピンクゴールド。かねてから日本人にはゴールドが肌馴染みのいい色、華やかかつ綺麗に見せる色として喜ばれてきましたが、それ以上に日本人に合う色としてお勧めなのがピンクゴールド。多くの女性の肌にしっくりと馴染んで、落ち着きと女性らしさをプラスしてくれる色です。ピンクゴールドのアクセサリーはアクセサリー業界でも定番中の定番で、人気の色ですよね。
    また、季節を問わず定番カラーとなってきたカーキも、日本人をキレイに見せる色の1つです。もちろん、黒や紺、紫といった定番カラーも忘れてはいけないのですが、カーキ(くすんだ濃い緑色)は女らしさ、クールな中にあるはんなりとした雰囲気を伝えるのに最適な色。カーキを上手く使いこなすと、自然体のオシャレが楽しめるようになると思いますよ。
     
    さて、今回は私、奈央が考える「女性を美しく見せる色」「セクシーさを際立たせる色」についてお話ししました。
    皆さんも、色のよさや効果を再確認して、できれば夏だからと淡い色だけにならないように濃い色+淡い色でメリハリをつけつつ、異性の目を奪う着こなし術を身につけてくださいね。