TOP > イククルコラム > 奈央のセクシャルエステ #5「SEXで女性を気持ち良くさせる5つの方法」

奈央のセクシャルエステ #5「SEXで女性を気持ち良くさせる5つの方法」

  • 2013年09月27日  瀬戸口 奈央  



    遊びの恋も本気の恋も、エッチが上手く行かなければ次第にギクシャクしてしまうもの。心と体のコミュニケーションであるセックス。女性を気持ち良くさせて「セックス上手」と思わせる方法を教えます♪
     
     
    「セックスをしていて気持ちいいと感じない」
    「身体は反応していても心は冷静で、心が濡れない」
     
    実はこれ、先日エステに来たお客様とした会話の一部です。
     
    エステに来るお客様の中には、少なからずセックスコンプレックスを持つ人がいます。
    そういう人たちは大抵
    「映画や漫画のようにセックスで感じることができない。」
    「彼氏に嫌な顔をされるから、エッチの時にはわざと声を出して演技をする。」
    と言うんですね。
     
    そして、決まって気にするのが
    「私、どこかおかしいんでしょうか?」
    という言葉。
     
    エッチで感じないことから
    「他人とは違うんじゃないか」
    「自分はおかしい(欠陥がある)」
    と思ってしまっているんですね。
     
    そういう方のカウンセリングをしていると気がつくのが、大抵の場合、現在もしくは過去の男性が女性のことを考えないエッチをしていて、それが原因でセックスコンプレックスになっているということ。
    たとえば、男性が自分の快楽を追うことにばかり終始して、女性側の準備が整うまで待ってくれないなど。
     
     
    もともと女性というのは、とてもデリケートな生き物です。
    エッチに対してスイッチが入りやすい男性に比べて、女性の場合はメンタル面以外にホルモンバランスに左右されるなど、エッチに対しても気分にむらが出やすいです。
    無性にエッチがしたくなる日や逆に全くしたくない日など、好不調の波があります。
     
    また、経験による印象の問題もあります。
    女性の場合、エッチに対して好印象を持つかどうかは、10代及び20代の恋愛(sex)経験に大きく左右されます。
    たとえば若い頃にいい加減なエッチしかしない男性や自分勝手なエッチしかしない男性と付き合っていた人は、SEXに対して良い印象がなく、SEXの際に身構える気持ちが強いです。
    また、厳格な家庭に育った人も、そういう傾向があります。
    それに対して、エッチに奔放だった人の場合、経験値が豊富な分性感帯が開発されていることが多く、エッチに対しても貪欲。
    SEXが好きで、行為に気持ち良さを感じる人も多いです。
     
     
    ただ、エッチに良い印象を持たない人でも、回数を重ねている間に次第に気持ち良くなっていくことはあります。要は性感帯が開発されているか、未開発化の違いです。最初から不感症の人なんてほとんどいません。
    実際、Aさんとのエッチでは不感症と言われたけど、Bさんとのエッチでは感度がいいと言われたという話もよく聞きます。
     
     
    エッチで女性を気持ちよくさせるにはどうすれば良いのでしょう。
    特にSEXに身構えている人、コンプレックスのある人を相手にする時は、どうすればいいか悩んでしまいますよね。
    また、自分自身が場数を踏んでいないという人も、どうしていいか戸惑うと思います。
    そこでそういう人にお勧めなのが、次にあげる「女性を感じさせるための5つの方法」です。
     
    【女性を感じさせるための5つの方法】
    1. ムードにこだわる
    2. 心をほぐす
    3. キスと甘い言葉をいっぱい与える
    4. ペッティング
    5. 挿入を焦らない
     
     
    それぞれについて解説していきましょう。
     
    1. ムードにこだわる
    女性は雰囲気に弱いもの。ムードのない居酒屋で始まるお付き合いよりは、ムード満点のお店や部屋で素敵な時間を過ごしたいものです。ですので、デートの時は雰囲気の良いお店のチェックを忘れずに。そして、エッチの時も間接照明やBGM、などに気を配り、雰囲気の良い環境作りにこだわりましょう。(ここで手を抜くと女性目線では大きく減点です!!)
     
    2. 心をほぐす
    多かれ少なかれ、大抵の女性は緊張しています。たわいもない会話で心をほぐしてあげましょう。DVDや音楽をかけたり、お酒を出したりして雰囲気をほぐすのもあり。ちなみに、たわいもない会話から「肩こってない?」「疲れてるんじゃない?」とマッサージに持って行き、さりげなく性感帯を刺激するという手もあります(笑)
     
    3. キスと甘い言葉
    良いムードが作れて、相手の心がほぐれてきたら、次はキスと甘い言葉。甘い言葉を囁きながらキスをいっぱいしてあげましょう。男性の中にはキスを軽視する人がいますが、女性は大抵キスが大好き。甘い言葉を囁きながら、軽いものからディープなものまでキスの時間をまったりと取れば、女性の心ものってきて、身体の準備が始まります。
     
    4. ペッティング
    身体の準備が始まったと言っても、すぐに準備OKになるわけではありません。男性の中にはせっかちに行為を進めようとする人がいますが、女性からするとそれは幻滅。「エッチの下手な男」の烙印を押すことになります。
    エッチで大切なのは、丁寧なペッティング。優しく絶妙なソフトタッチで性感帯を丁寧にたどれば、女性の気持ち良さを引き出せます。
    ちなみに・・・性感帯がどこか分からないという人にお勧めなのが、アロマなどのマッサージの本。または経路やリンパといった部位について書かれているマッサージ本です。というのも実は、マッサージで触る部分って性感帯に近いんです。本に書かれている部分をソフトタッチでなぞれば、絶妙な感じで性感帯付近を攻めることができますよ。
    他には、身体の各部位の付け根・・・たとえば腕の付け根、足の付け根なども人によっては性感帯の一部です。男性の中には胸や首、大切な部分をいきなり攻める人がいますが、本当にエッチが上手な人は離れたところから徐々に攻めるもの。ソフトタッチ、意外なところから攻めるを心がければ、きっとあなたもペッティング名人に。
     
    5. 挿入は焦らない
    男性の方の実に多くが、女性の準備が整っていないうちに勝手に挿入を初めて終わってしまう傾向があります。女性のエッチの不満No.1ですね。
    女性は身体が濡れても心が盛り上がらないと本当の快感を感じません。挿入は焦らずに、まずは女性の心を盛り上がらせる。それを心がけましょう。
     
     
    と、女性と気持ち良いエッチをするための5つの方法を書きました。
    この5つを守れば、大抵の女性は気持ちよくなります。
    そして、あなたは女性の心を掴む名人に。
     
    ぜひ頑張ってみてください♪