TOP > イククルコラム > 奈央のセクシャルエステ #61「モテ女になろう☆魅力的な秋冬ボディ」

奈央のセクシャルエステ #61「モテ女になろう☆魅力的な秋冬ボディ」

  • 2014年11月03日  瀬戸口 奈央  



    モテ女になるために秋のこの時期、肌を綺麗に保つことを始めてみませんか? 肌年齢という言葉があるように、肌は外見年齢や印象を左右する大事なポイント。気になるあの人を落とすためにも、美しい肌を手に入れましょう。
     
     
    読書の秋、食欲の秋、恋愛の秋・・・。
    肌寒く、思わず人肌が恋しくなってしまう季節がやってきましたね。
     
    女性の皆さん、この時期あなたの肌は乾燥していませんか?
    空気が乾燥しがちな秋冬はお肌のトラブルが増えやすくなる時期でもあります。
    秋冬の悩みに多い「かさかさとした潤いのない肌」は、それだけで年齢以上に老けた印象を与えてしまいますし、何よりもエッチをした時に「抱き合った時の感触が気持ちよくなかった」と思わせてしまうことにつながります。
     
    今回は、出会いを求めるあなたのために、エステティシャンの目から見た「魅力的な秋冬ボディを作るポイント」をお話しします。
     
     
    ●夏に受けた肌ダメージは秋冬にリセット!
    紫外線のキツイ夏が終わって日差しが弱い秋冬になって気になり始めるのが、夏の間に出来たしみやそばかすです。
     
    実は秋冬は、夏の間に受けたダメージをリセットするのに一番おすすめの時期。この時期にビタミンを取ってしっかりと保湿&美白ケアすると、肌のターンオーバーが促進されて効率良く肌トラブルを改善出来ます。
     
    冬は夏と違い肌の美しさに目が行きやすい季節です。トラブル知らずのなめらか肌を手に入れるためにも、秋のうちにしっかりと肌ケアを行っておきましょう。
     
     
    ●肌寒い季節だからこそインナーに注意して!
    寒い季節だけれどもオシャレな格好をしたい。そんな人たちのニーズに応えるべく、最近は機能性インナーがあちこちの会社から出ていますよね。でもこの機能性インナー、実は人によっては肌トラブルの原因となると知っていましたか?
     
    機能性インナー(代表的なものだと、ユニクロのヒートテックなど)は薄くて軽くて、アウターに響かないと大人気のアイテムですが、人によっては体温調整がうまくいかなくなり、むれたりかぶれたりすることがあります。肌の弱い人、汗っかきの人は特に危険。酷いケースでは、湿疹が出て赤くただれた肌になるといったことも。
     
    かゆみやかさかさ肌など何らかの肌トラブルが出てきた時は、機能性インナーを少しお休みして綿100%の下着に替えるようにしましょう。
     
     
    ●目の小じわ、気をつけて
    私は20代だから大丈夫。そう思っている人、油断大敵です。実は最近20代なのに目尻の小じわが気になるという人が増えて来ています。
     
    原因は間違った肌ケア。
    「洗顔後のケアをしっかりとしていない」「化粧をしたまま寝ることが多い」「小中学生の頃から化粧をしていた」「不規則な生活」「無理なダイエットで体重を劇的に減らした」など。肌へのダメージを軽視して無茶を重ねた結果、年齢以上に衰えた肌を持つ人が増えているのです。
     
    中には20代なのに30代半ばに見えてしまうという人も。これって女性にとって一番嫌なパターンですよね。
    そうならないためにも、秋冬は保湿ケアをしっかりと。たとえ20代だからといって若さを過信してはいけません。エイジングケアとまでは行かなくても、基礎化粧品をたっぷり使って季節を意識したスペシャルケアをするようにしましょう。
     
     
    ●かさかさ乾燥肌、かゆみは気になりませんか?
    秋冬になると皮膚のかゆみや乾燥が気になるという人が増えてきます。このかゆみや乾燥、放っておくと粉をふくなどアトピーのような症状になることが。
     
    かゆみが出だした時は肌トラブルの初期サイン。「保湿効果のある入浴剤を使う」「風呂上がりにオイルやクリームでマッサージをする」など保湿ケアを行いましょう。
     
    私のおすすめはお風呂上がりにボディマッサージがてらオイルやクリームでマッサージをすること。リンパドレナージュの要領でマッサージをすればむくみ解消につながって痩身効果も得られます。それに毎日ボディに向き合っていると、自然と自分の身体や美に対する意識が強化されますから、美容の観点からもおすすめです。ボディと向き合って、しっとり肌のスリム美人になっちゃいましょう。
     
     
    ●綺麗な手は女性の心
    ボディや顔も大事ですが、女性として忘れてほしくないのが「手」です。「手」は年齢が出やすい場所であり、また同時に男性の目がとまりやすい場所でもあります。
     
    がさがさした手の人って、自分のことに構えていない気はしませんか?
    女性なら「ハンドクリーム」は何においても忍ばせておきたいグッズ。手がかさついている男性にさっと貸すことで好印象を与えることもできますしね。
     
    と、ここで質問があります。
    皆さんはべっとりとした昔ながらのハンドクリームと尿素配合のさらさらタイプのハンドクリーム、どちらを使っていますか?
     
    多くの人が尿素配合のさらさらタイプを使っているのではないでしょうか。
    ただ、ここに1つ落とし穴があります。尿素配合のハンドクリームはさらさらしていてつけ心地がよいのですが、体内の水分を表面に持っていくことでしっとりすべすべ肌を作り出します。そのため、塗った時は良くても時間が経つと余計にかさつきが気になってしまうことがあります。特に、油分が足りない乾燥肌さんはその傾向が強いです。
     
    油分が足りない乾燥肌さんにおすすめのハンドクリームは、昔ながらのべたつくタイプ。こちらは油分を補い皮膚をしっかりと保護してくれるため、かさつきが酷い人におすすめです。
    べたつきが気になると言う人は、クリームをたっぷりと塗り込んだ後、ハンカチかティッシュで手を拭くようにしてください。そうすることで余分なクリームが取り除かれ、しっとりとした綺麗な手を保てますよ。
     
    以上、今回はモテる女でいるための秋冬美肌ポイントを紹介しました。美肌は女を上げる大切な要素。皆さんも気をつけてみてくださいね!