TOP > イククルコラム > 小林ヨーコの恋愛意識改革 #09〜必見☆コンプレックスを武器へと変える!〜

小林ヨーコの恋愛意識改革 #09〜必見☆コンプレックスを武器へと変える!〜

  • 2013年03月05日  小林 ヨーコ  



    ムダ毛や目の大きさで悩んで男性が見えないところでお金をかけている女性、たくさんいますよね!

    体毛が濃いことに悩んでいる人は結構多いようです。
    高校生から脱毛サロンに通っている女の子もたくさんいます。10代の女子力の高さに脱帽・・・。

    さまざまなコンプレックスがありますが、結局はないものねだりですね。
    目の大きさ、髪の質、肌の色、体毛、体臭・・・細かく言えばキリがないほどたくさんの悩みがありますね。

    でも悩んでいるのは女子だけではありません。
    私の男友達も学生時、体育の授業で自分の足の毛が濃すぎることが気になって脛毛用のカラー剤で足の毛の色を抜いたりしていたみたいです。


    女性の場合は剃ったり抜いたり、手入れすること前提ですが

    男性の場合処理をすることが前提ではありません。


    もちろん毛深い男性は男らしくて色気があるという女性からの支持も。
    (ちなみに私は髭ロン毛のワイルド系男子にしか色気を感じません)


    コンプレックスは、自分が思っているほど他人は気にならないと言います。
    むしろそのコンプレックスを武器にすること、そのコンプレックスさえも自分の器の中で転がせられたらとても強いです。
    隠しているところほど人は目につきますね?それなら堂々としている方が本人も周りも気にしすぎることなく済みます。

    中でもコンプレックスを武器にしている人がいることはご存知ですか?

    アシュリー・スミスララ・ストーンは、海外で活躍するファッションモデルです。
    日本ではすきっ歯は印象は良くないとされますが、欧米ではこのすきっ歯がチャームポイントになり「幸運の証」とも証されているんです!


    自分らしさを見失わない女性こそが、魅力的な女性です。
    自分の欠点を受け入れて更に魅力に変えてしまう女性こそ、輝いて見えるんですよ!