TOP > イククルコラム > 小林ヨーコの恋愛意識改革 #12〜女心を掴む男性のハイセンス趣味とは?〜

小林ヨーコの恋愛意識改革 #12〜女心を掴む男性のハイセンス趣味とは?〜

  • 2013年03月26日  小林 ヨーコ  



    モテる男性の趣味には大きな特徴があることはお気付きでしょうか。
    最近、女性から支持されている男性の趣味は、「料理」です。
    (※しかし女性側が料理の腕に自信がないと「出る幕がない・・・」と思われる危険性大)


    20代前半であればバンドをしていたりDJをしている男性がモテたりしていましたが最近ではそういった男性は「チャラい」というイメージが抜けず女性は受け入れないのだとか。
    「若いうちはいいけど年齢重ねていくとさ・・・」という感じですね。

    最近では1人暮らしをしている男性が自炊をしていたり、謙遜しながらも料理を作ったり人に振舞ったりするのが好きだと言う男性はすごくモテます。


    ”出来ないより出来た方がいいよね”のありがちなフレーズと仲がいい「料理」ですが、料理ができるだけで家庭的な一面を知ることができるんです。
    それは料理の種類にも影響が出ます。
    やはり和食でささっとおかずを作れる男性は家庭的なイメージが強いです。


    実際に私の友人の彼の職業は料理人。
    毎日お店で料理を作り、真っ白なお皿に綺麗な料理を盛り付け、更にはワインの知識も豊富ソムリエの資格も持っているという高 ス ペ ッ クの持ち主で、やはり相当モテるようです。(現在進行形)


    更には職業上お客様とのコンタクトもあるので口も上手い。
    しかしそんな彼、職業で料理をしているので、彼女にはほとんど振舞わないのだとか・・・。
    料理がスムーズにできるようなキッチンがある家で暮らしているのにもったいないですよね。


    料理人なんてすごい職についていなくても、料理が好きという男性は好感度が高いようです。
    彼女や店の料理に対していちいち批評されると一緒にいる女性は黙っちゃいられませんが(笑)

    お互いに教え合いつつ、高めていくことができるという面で共有するものの一つとなれば、亀裂が入ることはありません。

    作る行為自体も好きで、食べてもらうのも好きだと言っている男性、周りにいませんか?

    男女問わず、「謙虚さ」は必ず必要です。
    「上手ではないかもしれないけど、料理好きだよ。」と、謙虚さをスパイスに異性の注目を集めてみるのはいかが?