TOP > イククルコラム > 小林ヨーコの恋愛意識改革 #17〜マンネリ化の解決方法は?〜

小林ヨーコの恋愛意識改革 #17〜マンネリ化の解決方法は?〜

  • 2013年05月08日  小林 ヨーコ  



    長年寄り添っている相手と過ごしていると、休日の過ごし方、デートがテンプレート化してしまい

    楽しいと思わなくなってくることもしばしば。

    お互い働いていると、頻繁に会えるわけもなく、せっかくの休日もダラダラと過ごしがち。

    自分一人の時間を過ごしたいと思うこともありませんか?

     

    3年付き合っている友達カップルに聞くと、外食も少なくなってきたそうで

    ほとんどどちらかの家でゴロゴロ。

    挙句の果てには、彼氏が上司からもらったというテーマパークの無料招待券を使わず

    「誰か欲しい人いない?私達行かないから、あげるよ。」と言い出す始末。

     

    いつもと違った場所でいつもと違う雰囲気を共有できるというのにもったいないと思いましたが

    お互いがのんびりした過ごし方を望んでいるのなら、それが最善なのかもしれませんね。

     

    出不精だけれど、恋人のおかげで色んな場所に連れ出してくれて楽しいと思う人もいます。

    きっかけって大事ですね。自分にないものを持ってる人はやっぱり魅力的です。

     

    マンネリは必ず訪れると思いますが、みなさんどうやって打破しているのでしょうか。

    私から解決方法を提案してみます。

     

    1.マンネリはあるものだ、と諦めるのではなく認める。

     

    状態を受け止める大きな器を大きくすることも大切です。

    マンネリ化を諦めて、それに対してストレスを感じるからこそつまらないと思ってしまうのでは?

    カップルにとって必然的にやってくるものだと認めた上で、解決に導いていきましょう。
    それでは次。

     

     

    2.あえて距離を置く。

     

    これまで当たり前のように連絡すれば必ず会えるような関係の場合には有効です。

    繋がるのが当たり前だと思っていると少ししたことでイライラしたりしませんか?

     

    「LINE送って既読になってるのに何で返事返してくんないわけ?

    しかも返事返ってきてないのにTwitterでつぶやいてるし。」

    こういう時こそ、あなた自身もそんなイライラをSNSに愚痴らないようにする。

    そして、距離を置く。

    相手があなたのアカウントを知っている場合など、これが一番効きます。

    ※しかし距離を置きすぎるとヨソ向いたりするのでそういった部分はバランスを取ること。

    浮気ダメ、絶対。

     

    不安定な部分を残すことこそがいい関係を紡ぐ秘訣です。

     

     

    3.新しいことに二人で取り組む。

     

    どちらかが体験したことがあるものは避けましょう。

    二人で新しいことをすることに意味があります。

    私は当時付き合っていた彼に「陶芸興味ある?自分で自分のお茶碗作ってみたい!」

    と提案したことがありました。

    「したことない!」とわりとノリノリになってくれて、ノリノリで陶芸体験教室に行き

    ノリノリでお茶碗を作ってみたもののやっぱり下手ですごく重いお茶碗が完成。

    二人で笑い合いました。

    作ったものを交換して、いい思い出と記念になりました。

    当時のお茶碗はどこにあるか分かりません。

     

     

    4.二人だけの秘密を作る。

     

    恋愛関係というのはそもそも誰にも左右されない二人の問題であることは当たり前なのですが

    関係性についてはその気になれば人に話せます。

    ここで言う「二人だけの秘密」は、「背徳感」のことを指しています。

    アダルティな背徳感を二人の秘密にしちゃいましょう。

    ムフフを二人で共有するだけで刺激になるのでは?

    具体的な相談は彼や彼女とよろしくお願いします。

     

     

    5.手紙を書く

     

    これは実際、半同棲している友人の家に行った時に「いいな」と思ったことでした。

    夜中に彼が働いて、昼は彼女が働くというすれ違いのスタイル。

    夜寝ている頃に彼が帰ってきて、朝家を出る頃に彼が寝ているのが主流だったのだとか。

    そういった生活に慣れていた頃、別れは選ばずにコミュニケーションの方法を変えたらしいのです。

    その方法が置き手紙でした。

    家に帰るとメッセージがあるので、それが楽しみになったそうです。

    最終的には漫画とかイラストが本格化したとのこと。

    後で二人で読み返すのも楽しいみたいですよ!

     

     

     

    さて、どうでした?

     

    どちらかが行動を起こすきっかけを作らなければ、マンネリはいつまで経っても解消されません。

    いつもと違うデートだって難しいことではありません。

    今では日帰りで温泉にも行けますし

    案外サッと計画を立てて足を運ぶと楽しい思い出ができることもあります。

     

    お互いを理解するとだんだんとぐだついてくることも増えてきますが

    新しいことを求めようとする二人の気持ちを忘れないでくださいね!