TOP > イククルコラム > 小林ヨーコの恋愛意識改革 #25〜大学生と社会人カップルの恋愛事情〜

小林ヨーコの恋愛意識改革 #25〜大学生と社会人カップルの恋愛事情〜

  • 2013年07月09日  小林 ヨーコ  



    大学生や専門学生の方もこのコラムを読んでくださっている可能性はありますね!
    学生×社会人のカップル、私の周囲にも結構多いんですが
    中でも女性が学生で、男性が社会人っていうカップルが多いです。

    学生×新社会人も同じですね。

     

    学生×社会人の交際ってうまくいくのか?という疑問が出てきたので今回のコラムのテーマにしました。




    さて、学生同士、社会人同士のカップルと違って何か違う点はあるのでしょうか?


    当時25歳だったJちゃん。
    大学3回生の彼とバーで出会い(お洒落な出会い方でうらやましい・・・)
    その彼と交際に発展した模様。

     

    そのJちゃんに色々話を聞いてみました。

     

    当時は大学に行きながらバイトしていた彼。
    Jちゃんは年下の男性と付き合うのは初めてで
    甘えてきたり頼ってくれる彼に全力の母性を注ぐ日々。

    仕事で疲れた身も心も、彼に癒してもらう日々だったそうです。

     

    が!
    Jちゃんに異変が。

    Jちゃんの仕事は事務職。会社での飲み会にも積極的に参加していたようですが
    そこで上司や社内の男性社員と飲みに行き、色々な話をしていくにつれて
    仕事をしている人の精神力の高さ余裕に憧れ、大学生の彼とは違った魅力を感じてしまい
    だらだらと学生生活を送りながらバイトしている彼を子供っぽく感じていったのだそう。

     

    そして自分より経験が多く精神的にもしっかりとした大人達と過ごし、日々成長していると実感する日々。

     

    「社会人になるとさ、それまで自分がいた世界よりも多くの場と人に出会うから

    どうしても彼のこと幼いと感じるようになってしまうんだよね。」

     

    大人の階段を上るJちゃん・・・

     

    しかし、社会に出てからは傷つくこともたくさんあり、彼氏に甘えることも増えてくるのが当然。

    もちろんその時はその時で彼の優しさにも甘えていたそうです。
    すると

    ただ甘えて話を聞いてくれるきっかけを増やしていくだけになります。

    彼にとって重みが増えていってしまうことになり、結局Jちゃんは振られてしまいました・・・。

     

    彼氏のことは、あまり受け止めてあげられる余裕なんてなかったとのこと。

     

    「わがままだよね私・・・」と終始遠い目をしていたJちゃん。

     

    ・・・と、ここまで切ないお話でしたが


    学生と社会人という新しい環境に馴染んでいくにつれ知らないうちに高くなっている壁は
    二人の忍耐力と、相手の為に時間を作ろうとする努力が必要。

    そして、相手が忙しくて、自分が望んでもどうしても叶わないことも増えてくる・・・
    ということを、認めること。

     

    相手に求めすぎてはいけません。

    お互いに過干渉せず、寄りかかりすぎないように「自立」することが学生×社会人のうまくいく秘訣ですね!