TOP > イククルコラム > 小林ヨーコの恋愛意識改革 #26〜占い師と"モテ"について対談!?〜

小林ヨーコの恋愛意識改革 #26〜占い師と"モテ"について対談!?〜

  • 2013年07月16日  小林 ヨーコ  



    男性の理想と女性の理想

    今回はこれまでと違って、別の視点から”モテ”についての意見を収拾してきました!
     

     

    「モテたい!ってここにやってくる人もいるんですよ。
    そもそも男性の理想と女性の理想が大きくズレているのに

    気付かないから「モテない」と嘆く人が多い」

     

    語り出すのは、先日取材も含めた占いで言われたことでした。
    占いにハマってる友人Cちゃんにおすすめされた占いは
    どうやらズッバズッバ言われるタイプの占いらしい。

    修行の一環だと思っていざ出陣!

     

    占い師さんの印象は濃いメイクがすごく似合っていて目鼻立ちのはっきりした美人。
    貫禄のある老婆を想像していた私ですが、若い!!30代前半と言ったところでしょうか。

     

    こんな美人の口から一体どんな厳しい言葉が出ててくるのだろう・・・と思い、ひとまず、感想。

     

    毒舌でした。

    容赦ないです。

     

     

    ―恋愛面のことを占ってもらいたいんです。モテないんです。
        モテるようになりたいんですけど・・・。

     

    ドキドキしながら発言し、タロットカードで私の恋愛面を見て頂いた上で
    印象に残った会話をここに公開したいと思います。

     


    「モテたいねぇ・・・。その、女子力を磨いたり、自分のセンスを磨くのももちろん
    魅力を増やすのに大事だけど、それはあくまでも自己満足でしょ?
    最初からモテたいなら、もっと異性を意識して自分を変えていけばいいだけなの。


    自分をモテ基準に合わさないでモテるのは、
    突出した才能を持ち合わせているとんでもなく容姿がいい人
    くらい。
    実際の判断基準なんてそんなもんなんだから
    。」

     

     

     

    ―ある程度モテたいのであれば、自分の欲望のままに生きるのではなく
        「ウケを狙っていけ」ということですね。

        でもそのウケ狙いを見抜く能力に長けてる男性も多くいるわけで・・・。

     

     

     

    「実際男性ウケを気にしている女性は世の中に溢れています。
    意識しているつもりはなくても、あなたがどういう目で
    見られているかの電波はキャッチしてる。

    でも、“モテ”を意識した場合そういった型にはまらないでこんな男受け悪くてクセがある私だけど、分かって!受け止めて!“
    なんて、
    甘すぎにもほどがあるんですよ。」

     

     

     

    ―み、耳が痛い・・・。

       でも私も含め大体の女性はやっぱり
       「本来の私を理解して欲しい」って思ってると・・・思うんですけど・・・。

     

     

     

    「じゃあちょっと意地悪なことを言うけれど
    そんなあなたを分かってあげるだけの“何か”を
    あなたは持ってるのって話になりませんか?

    もう少し慎ましく、賢くなるのもひとつの方法なんですよ。」

     

     

     

    ・・・ぐうの音も出ませんでした。Cちゃんに言われていた通りグッサグサきますね。
    でも真剣さがあるし、適当に発言しているわけではないことは分かりました。

    もはや私を表したカードのことなんて忘れるくらい深い話をすることができました。

    占いというか、ほとんど人生相談のようなものでしたね・・・。

     

     

    確かに、モテを意識するなら理想や自分のプライドばかり温めていても意味がないんですよね。

    突出した才能もなければとんでもないほど良い容姿を持っているわけでもない人は
    もっと自分以外のことに目を向ける必要があるということです。

    そうそれば自ずと人間的な魅力が増していくということですね。

     

    気分転換や悩み事がある人、一度占いへ行ってみるのはいかが?

    客観視してもらうことで、新しい考え方が拓ける上にモテスキルもアップしますよ!