TOP > イククルコラム > 恋する係長◆女性と会った際に緊張を解く方法

恋する係長◆女性と会った際に緊張を解く方法

  • 2014年01月23日  恋する係長  



    過度に緊張すると本来の自分を、表現できなくなるものです。

    過去の私は緊張し過ぎて「本当はこんなハズじゃないのに」と、後悔する日々を過ごしていましたが、自分に暗示を掛け、マインドチェンジをすることで克服することができました。

    あなたがあなたを騙すテクニックを紹介します。

     

     ■支離滅裂な発言!冷や汗!恋する係長の過去

    私は元々コミュ障です。コミュ障(こみゅしょう)とは、コミュニティ障害のことです。生活に必要な最低限の会話はできますが、相手が目の前に居ると極度に緊張します。緊張が高まると焦り、相手の話が理解できなくなったり、支離滅裂なことを発言してしまいます。

    過去は工場のラインが職場でした。作業中は不必要な会話を行うことを厳しく禁じられていたので、コミュ障の私には好都合な職場でした。休憩中は一人ぼっちでしたので、巨大電子掲示板で有名な2ch(にちゃんねる)へ携帯電話を利用して書き込みを行って過ごしていました。ネット上では相手とスムーズにコミュニケーションが取れるのに、会話をする相手を目の前にすると、極度に緊張してしまう状態だったのです。

    私はこの様な状態でしたので、私の意思に反して営業部へ配属させられ、本当に困りました(営業へ配属になった理由は別のコラムで説明する予定です)。クライアントを目の前にすると冷や汗が出ます。言葉が出ません。身内である上司との会話ですら、支離滅裂な発言をするなどして、会話として成立していませんでした。職場の同僚達の、冷ややかな視線を今でも忘れられません。

    当時の課長だけは、見捨てずに丁寧に様々なアドバイスをしてくれました。後から知りましたが、課長は私と同じ、工場出身でした。出身が一緒だったので、営業部へ配属後は私に似た状態で、気持ちが理解できたそうです。そのアドバイスというものは、当時の課長が今のカリスマ部長から受けたアドバイスでした。

     

     ■緊張を抑える方法T 〜「失うものは何もない」という精神〜

    まず、課長から問われたのが「何が怖いのか?」という質問。考えてみると、何かに恐怖する余りに緊張するハズです。しかし、恐怖を感じることのない、優しい表情の課長ですら、直接会話をする際には緊張していました。私は理由を見出すことができませんでした。

    課長は過去にカリスマ部長から、以下の4つを意識し、マインドチェンジするように指導を受けたそうです。そのアドバイスを意識することで、精神的に相当楽になったと課長は言いました。

    @    日々の商談や上司への報告をどれだけ失敗しても、命を奪われることはない。
    A 底辺にいる(左遷に近い形で営業部へ配属させられた)のだから、開き直ってやるだけ。
    B 誰でも緊張はするもの。
    C 経験を積むことで過度の緊張は必ず克服できる。

    私は携帯電話のメモ帳に書き入れ、それから半年間、社内でも外出先でも人と会話をする前に一通り読むことを習慣にしました。少しずつでしたが、マインドチェンジをすることに成功しました。緊張はしますが、過度に緊張し過ぎることがなくなったのです。

     

    私は課長から指導を受けた4つの考えは、今では初対面の女性に対しても応用しています。

    例えば合コンに参加する前に、以下のことを意識するよう心がけています。

    @ 合コンで失敗しても、痛手は1次会で支払う¥5,000のみ。ましてや命の危険性はない。
    A 女性なんて幾らでもいるのだから、ここで嫌われても別の合コンでチャレンジすれば良い。
    B みんな無理して明るく振舞っているけど、内心は緊張していることは間違いない。
    C    この子の性格は、知り合いの○○ちゃんに近そう

    @〜Cを意識することで、合コンで過度に緊張することはありません。モデル級の美人が現れた場合は、緊張しないことは難しいですが、少なくとも落ち着いているフリをすることができます。

    Cに関しては、よく意味が判らないと思います。緊張を解く効果が高い重要なポイントなので、より詳しく説明します。

     

     ■緊張を抑える方法U 〜イメージを同化させる〜

    血縁関係が近い女性ほど、緊張する度合いは少ないものです。母親と会話をする時に、冷や汗をかきながら会話をする人はいないでしょう。親族ではなくても、幼馴染の女性や、中学校の同級生であれば、初対面の女性と話をするよりも、圧倒的に落ち着いて話ができるでしょう。

    そこで、初対面の女性と出会った時に、まず初めにすることは、あなたの知り合いに、似ている人がいないかを考えます。瓜二つの女性に出会う確立は極めて低いと思いますが、目や口や鼻など、顔のパーツが似ているという程度で良いので、無理やり見つけ出します。すると、あなたの心のどこかに、その女性に対して親近感が生まれます。

    『あなたがあなたを騙す』ということです。

    『知人に似ている』という勘違いを自分に引き起こすことで、落ち着いて話を出来る様になります。緊張する理由は最近になって、ようやく判りました。人は相手の顔を見て性格を読もうとします。初対面の場合、性格が読めず恐怖することで、過度の緊張が発生します。つまり、知り合いの女性に似ていると判れば、相手の性格も把握した気になり、緊張が和らぐのです。

    何だか不思議な感じがして、「本当にできるのかな」と思うかもしれません。似ているポイントを見つけ出すのは、それほど難しいことではありません。繰り返すことで身につくことでしょう。