TOP > イククルコラム > 恋する係長◆愚痴や否定が多い女性の攻略法

恋する係長◆愚痴や否定が多い女性の攻略法

  • 2014年02月13日  恋する係長  



    交流が深まるにつれ、少しずつ自分を開示するようになります。

    女性の性格は十人十色です。愚痴や否定が多い女性だった場合、どう接するのがベストな対応か。

    今回は、そんな女性を対象とした攻略法を解説致します。

     

    ■正論を伝えるのが全てではない!クレーム対処が下手な係長

    営業マンは商品を売ることが仕事です。売ればそれで良いのかと言えば、そうではなく、アフターフォローも要求されます。中でも、クレーム処理は非常に手間がかかることが多く、避けたくなるものです。クレームには大きく2つの種類があります。

    明らかに品質的な不具合で、こちらに落ち度がある場合。逆にクライアントに過失があるが、こちらへ責任を押し付けようとする場合の2つです。

    クライアントが後者の理由でクレームを入れてきた場合に、私はクライアントとのトラブルを大きくしてしまう傾向があり、会社からはトラブルメーカと呼ばれる程でした。弁明する必要があるのですが、この手法が下手だったのです。私は工場出身なので、生産工程を熟知しており、明らかに会社に落ち度が無い場合、その場で即座に反発できてしまうのです。一見強みに思えるこの行動が、大きなクレームに発展してしまうのです。

    クライアント「この部分に傷がついているのだけど、おたくの工程内の傷でしょう?」

    係長「いいえ、ありえません!カットする工程Aにて、既に保護シートで覆っており、・・・・・・・・・・・」

    この様な応対をしていました。ある時、私一人では解決できず、問題が大きくなった時のことです。カリスマ部長に尻拭いをしてもらった後の車の中で、「Yes、と言える器量を身につけなさい」と指導を受けました。クライアントの主張を(一部)認める。そして相手に聞く耳を持ってもらわなければ、正論を伝えても無意味であると言うのです。

    この考え方。実はある特徴の強い女性を攻略する際にも、応用することができます。

     

    愚痴や否定が多い女性ほどYes!ということ

    愚痴や否定が多い女性を攻略する際にも、応用することができます。

    あなたの意見と異なる愚痴や否定的な言動を耳にしても、そこはまず、女性の話を聞いてあげてください。

    私は女性が愚痴や否定発言を口にする時、それはSOS信号だと捉えることにしています。実はこの言動は「内に秘めた感情をあなたに伝えることで、気持ちを楽にしたい。」欲求の表れなのです。ギリシャ発祥の言葉でカタルシス効果と呼ばれており、精神の浄化作用を意味します。実は心理治療でも使われる手法です。

    また、女性があなたに「相談にのってもらいたい」という投げかけがあった場合の多くは、実はあなたに「共感してもらいたい」「自分の存在を認知してもらいたい」という意識が強いことが多いものです。「議論したい」という意識はまず考え難いものです。

    但し、私のクレーム対応の例も含め、明らかに相手の意見が誤っており、考えを改めさせる必要がある場合も考えられます。その際にもあなたがアドバイスを行う前に、一先ず一通り、女性の意見を聞いてください。

    例えば「なるほど、捉え方によっては、そういう考え方もあるんだね。僕の意見は・・・」という具合です。

    一旦は相手の意見を受け止めることで、あなたの意見に耳を傾けてくれるようになるでしょう。

     

    ■それでも否定し続ける女性は代替案を練る

    先の通り、一旦受け止め、アドバイスを与える。それでも頑なに否定し続ける女性。対応に困りますよね。その場合は代替案を練ると良いでしょう。以下のような会話の展開なら、あなたはどう対応するのでしょうか?

    女性 「ここのフランス料理屋さん、あんまり美味しくなかったよね。」
    あなた「味は確かに期待したほどではなかったよね。接客や雰囲気は良かったと思うよ」
    女性「え〜、その辺も含めて、私の評価は低いんだけど」

    ここで、どう切り返すかが問題です。私なら次のように代替案を練るよう、切り替えします。

    「きっと、俺の経験が浅いから良く感じたんだね。次は○○さんのお気に入りの、お店を紹介してくれないかな?」

    女性が代替案を持っていない場合は、

    「そうか。それなら究極のお店を一緒に探そうよ!」

    と切り替えします。この様に、前向きで、かつあなたの意見を押し付けない姿勢が肝心です。

     

    ここまで私なりの攻略法をお伝えしました。

    ただ、経験上、あまりに愚痴や否定が多い女性とお付き合いすることに固執することは、あまりお勧めできません。というのも、ひどく落ち込んでいたり、無力感に苛まれている状態の女性とお付き合いすることは、男性側に負担がかかることです。ネガティブな発言をあなたが受け止めることが続くと、あなた自身のストレスを増幅することになります。

    もちろん、それでも一緒に居ることが幸せと思える女性なら、どんどん受け止めてあげてくださいね!