TOP > イククルコラム > 恋する係長◆非日常が女性の心に火を点ける

恋する係長◆非日常が女性の心に火を点ける

  • 2014年01月30日  恋する係長  



    あなたの良いイメージを女性に抱かせ、耳を傾けてもらうことで、告白した時の成功率がアップします。

    “女性に非日常を体感させること”を意識しデートをすると良いでしょう。

    デートの場所をどこにすれば良いのか?『非日常』とは何か?『非日常』を企画する方法とその効果を解説します。

     

    ■ショールームとは『非日常』を体感させ良いイメージを抱かせる場所

    会社のショールームは、私が担当する営業エリアから離れたところにあります。交通の便の悪さから、クライアントをショールームに誘っても、なかなか重い腰を上げてもらえません。余りにも断られることが多かったので、ある時から誘うことを止めてしまいました。また、ショールームに展示してある商品は魅力が、引き立つように工夫して展示してあります。しかし、高価な商品が多く、安価な商品を求めている私のクライアントに見せても無意味だと感じていたことも、誘わなくなった理由でした。

    営業マン毎にショールームをどれだけ頻繁に活用しているのかを、会社がカウントしていましたが、その年の私の実績は”0”。悪い意味で目立っていました。カリスマ部長と対面した時にこの点を指摘されました。

    「なぜ、クライアントに非日常を体感させないのか。ビジネスも恋愛も大切なのはイメージである」という指摘でした。もう少し掘り下げて解説してもらうと、以下の理由でした。

    ・いくら良い商品を開発し、口頭やカタログで魅力を伝えようとしても限界がある。
    ・そもそもクライアントに良いイメージを抱かせないと、提案に耳を傾けてはもらえない。
    ・良いイメージとは将来への期待感である。
    ・クライアントへ『非日常』を体感させることで、気分は高揚し契約が近づく。

    この様な内容でした。恋愛でも合コンで女性と初めて出会って、その日に付き合うことになることは、あり得ないとは言いませんが、極稀でしょう。

    『非日常』を体感できる場へ環境を変え、あなたのイメージを良くすることで、あなたの「付き合ってください」の言葉が女性の心に響き易くなるのです。

    恋愛における『非日常』とはどういうものなのか、どの様な効果を期待できるのかを解説します。

     

    ■女性へ提案する『非日常デート』を企画する方法

    恋愛では『非日常』を意識して、女性へデートの場所を提案しましょう。その為には、その女性にとって『非日常』が何かを調査する必要があります。まずは趣味や嗜好を聞き込みましょう。つまり、最初に行うアクションは女性が普段どの様な生活をしているのか、『日常』を引き出すことです。その日常に当てはまらない、逆の提案が『非日常』となります。

    あなたのお目当ての女性が、日常、お酒を飲み行くお店が大衆的な居酒屋ならば、まったく雰囲気の異なるデートの提案をしてみましょう。例えば、ホテルの上層階の綺麗な夜景が見えるバーラウンジを提案してみましょう。他には綺麗な熱帯魚を眺めなからお酒が飲める、巨大な水槽を完備したダイニングバーを提案しても良いでしょう。

    クラブやディスコで遊ぶことが趣味で、夜遊びに慣れた女性だった場合、ここでは自然と触れ合える提案をしましょう。例えば、軽いハイキングが出来るような日帰りの旅行を提案してみましょう。海やスキー場も良いでしょう。あなたが提案してみた結果、女性があまり前向きでは無かった場合「緑が多い大きな公園でランチを食べませんか」という風に、少しハードルを下げて再提案をしてみましょう。

    『日常』とは逆の、女性が経験することが稀な環境を提案するよう、心がけることが重要です。

     

    ■なぜ『非日常』を体感させるのか?効果を解説

    新しい世界に触れると血中にアドレナリンが分泌され、興奮状態になります。デートをする環境を利用して興奮状態へ誘っているにも係らず、女性があなたに興奮していると、錯覚させる効果があります。あなたと合うことで興奮させてくれることを期待させる、今後に繋がる良いイメージを女性に植えつけることができます。この効果を狙えることから『非日常』を体感させてあげるべきなのです。

    アドレナリンを分泌させた興奮状態、つまり交換神経優位の状態にし続けることは、快楽を感じる半面、疲労も伴います。交感神経優位の状態を継続させた場合、女性があなたとのデートを終え帰宅し、寝床に入っても眠れないかもしれません。「なんだか疲れたな」という感想だけが残り、良い印象を持たずに終えてしまうかもしれません。交感神経優位の状態というのは、ストレスになりうるからです。

    そこで副交感神経優位の状態を与え、安らぎを与えることで、ストレスを開放させましょう。先に私が例を挙げた『綺麗な夜景や熱帯魚を観賞する環境』や『自然と触れ合う環境』というのは、副交感神経優位な状態も意識したものです。非日常を体感し始めた状態では、交換神経優位となりますが、その環境に慣れた際には、安らぎを与えることから、例として挙げました。女性への効果は増します。