TOP > イククルコラム > 綾野コウの恋愛スロット!“おひとりさま”にならないために☆

綾野コウの恋愛スロット!“おひとりさま”にならないために☆

  • 2014年04月14日  綾野 コウ  



    恋愛において30代は“大台に乗った”とも言えるお年ごろ。おひとりさま予備軍のアナタがイイ人と巡り合う最良策を探すべく、30代女性の恋愛の勝負どころや切り札を元・勝負師コウがちょっと辛口アドバイス☆

     

    ■ 30代はまさに勝負時

    若さという武器で多少のことはカバーできていた20代が終わり、30代にさしかかった女性は、まさに恋愛において勝負時とも言える年代と言えそうです。

    周りの30代の女性たちは、既婚者とおひとりさま、どちらの方が多いでしょうか?

    まだまだ結婚しなさそうに見えていた友人たちも、気がついてみれば、意外と結婚している、というのが、現実ではありませんか?

    その現実から目をそらさないで。アナタは若干、売れ残り気味・・・・・・?

    『あー、そうよ!だけどまだまだでしょ!?』なんておっしゃいます?

    いやいや、それは、大きな大きな勘違い。

    “まだまだ”なんて気分でいると、おひとりさままっしぐら・・・ですよ。

    20代の頃、笑顔と愛嬌でモテていたのは若さという武器があったから。今のアナタはどうでしょうか?モテていた栄光はお忘れあれ。

    売れ残らないために、30代女性がやるべきことを見ていきましょう。

     

    ■ 急げ30代!

    勝負時!なんて言われても、どうしたら・・・・?なんて思っていますか?

    “まだまだ”なんて思っていては、婚期を逃す可能性が大。

    っというのも、20代のうちは、何を着てもそれなりに似合うし、プチプラアイテムを可愛く見せることだってお手の物。仕事でのミスや、常識のなさも、笑顔と愛嬌でカバーできていたはず。

    20代は“若さ”というオールマイティ札1枚で、仕事も恋愛も乗り切ることができていました。けれども、30代となると、その唯一の手札であった1枚が手元からなくなることになるんです。

    仕事や常識力は経験を積んでそれなりに成長できるかもしれません。けれども恋愛においてだけは、モテると受け身になりがちなので、勝負どころを見極める力や、テクニックは30代になっても不足気味。

    それなのに、周囲からは、厳しい現実をつきつけられることになり困惑する30代女性。

    20代のようなハツラツとした“若さ”もないし、40代のような、大人の妖艶さにも程遠い。そんな30代女性は、男性からの人気は下降気味なのです・・・。

     

    これは、もう、自ら、勝負時を作っていくしかありません。

    出会いに対して貪欲に。これが30代女性の売れ残らないための必須項目。

    自分の魅力は何か、切り札となるべきものは何か、ということは後回し。30代女性が今やるべきことは、早く巡り合う、ということ。そのためには“切り札”がどうとか、とりあえずは気にしないで、たくさんの人に出会う必要があります。

    “目標”を決めて、たくさんの人と会って下さい。3か月で○人、半年で△人など、期間を決めて、“出会い強化月間”なるものを遂行すべきです。

    30代女性は仕事も多忙でしょうが、これをやっておくかおかないかが運命の分かれ道。たくさんの人に出会えば、いい人と巡り合える可能性が必然的にアップします。イククルを利用すれば、より多くの人に出会うことができますよね。

    この勝負どころを、“まだまだ”なんて見極めを誤っていると、どんどん年齢が上がるだけ。

    妖艶な魅力を武器とした恋愛の仕方もありますが、また、それは、並々ならぬ努力が必要となってくることでしょう。

    一般的には、恋愛において女性の年齢が上がっていくことは、あまりプラスになりません。ですので、今すぐにでも、出会い強化月間を始めてみる方がいいかも。

     

    ■ 30代女性の切り札

    たくさんの人と出会うことで、たくさんの勝負時が訪れることでしょう。

    その時に使うべき切り札は『“結婚”を意識していることを前面にだす』というもの。

    ガツガツしすぎていてお嫌ですか?

    でも、正直、結婚を全く意識していない男性とお付き合いしている時間なんて、30代女性にはもったいないと思うんです。

    30代女性のリアルな最終目標といえば結婚。その目標に向けて、最良の道を進んでいきましょう。

     “結婚相手”に結びつく相手を探すべく、切り札で“まだまだ遊びたい男性”を回避して。

    男性も、30代中盤ともなれば、結婚している友人も周囲に増えてきて、家庭をもち、一家の大黒柱となって“家族のために働く”なんて姿を見れば、『いいもんだなぁ、俺もそろそろ・・・・。』だなんて気持ちが出てきていることも確か。そんな男性をぐっとひきよせたいものです。

    が、しかし。ここまで、急げ急げと申し上げましたが、ここでの焦った言動には気を付けて。

    30代女性が結婚を口にする場合、“そのくらい真剣なお付き合いをしたい”という意味を込めて伝えたつもりが、 “とにかく誰でもいいから早く結婚したい”と伝わってしまう、ということがあるからなんです。

    切り札を使う時だけ焦りは禁物。アナタの切り札は、相手を蹴散らすことも、ひきよせることもできる最強手札ですから。取扱いに十分注意することができれば、最良の相手が見つかると思いますよ☆