TOP > イククルコラム > 綾野コウの恋愛スロット!ナルシスト男子とドラマチックに勝負

綾野コウの恋愛スロット!ナルシスト男子とドラマチックに勝負

  • 2013年10月11日  綾野 コウ  



    男子たるもの、自信くらいあったほうがカッコイイ。けれども度を超えたナルシストは正直、ちょっとめんどくさい。

    ナルシスト男子のプライドを傷つけることなくハートをゲットするには、ツンデレ女子で勝負する必要がありそう!?

     

    ■  世界の中心は俺

    世の中には『自分のことをカッコイイ』と思っている男子がいます。

    この男子の主な特徴は、基本的に世の中の女子はたいてい自分のことが好きだと思ってしまっている、『世界の中心は俺』的な考えの持ち主だというところ。外見がかなりイケているため、かっこいい!なんて言われることが多く、彼らはここに至るまで、『モテ男』としての道を歩んできています。

    ちやほやされているうちに、少しばかり自信過剰になっていき、挙句、『俺を嫌いな女なんていないぜ』というところまで、ナルシストレベルが上がってしまっています。こちらにだって、タイプはあるし、『カッコイイ=付き合いたい』というのはちょっと違うってこともあるのに、そんなことはお構いなし。さらに、『お前、俺のこと好きだろ?』と上から目線で自信たっぷり。

    この俺様発言が、女子にとっては少々厄介。なにせイケメンから繰り出される自信に満ちた言動に、時として『ドキッ』とさせられてしまう・・・なんてことも。しかし、これによってまた、ナルシスト男子のレベルを上げてしまうことに・・・・・。

     

    ■  ナルシスト男子につかまった!

    このナルシストレベルが極限にまで上がってしまっている男子と対峙することになった友人Mの話。

    彼氏とラブラブな毎日を送るMは昔のバイト仲間と飲みにいくことになりました。その中には、ちょっとイケメンだと思っていた役者のタマゴの彼(ナルシスト男子)も参加。みんなで近況を報告しあったり、Mは自分の今の幸せな生活のことをのろけたりして、宴は終了。もちろん、イケメン君とも会話をし、やっぱり昔と変わらずかっこいいね、なんて、言ったそう。

    後日、そのイケメン君からMに電話が。お芝居を観にいかないか、という誘いでしたが彼氏のいるMは迷っていると、「勉強のために見に行きたいので是非一緒に」と言われ、快諾。彼氏に話をすると、「昔からの友達なんだし、応援してあげなよ」と、その時は快く、送り出してくれたそうです。

    しかし、その後も、何度か同じような内容の御誘いがあり、だんだんと彼氏もヤキモチをやくようになってきたので、別の人を誘ってくれるようにお願いしたそうです。Mいわく、昔の友達が、友達として誘っているだけなのに、「彼氏がヤキモチやくから」なんて言ったら、「そんなつもりはない、勘違いするな」と言われそうだから、忙しいなどとやんわり伝えた、らしいです。

    すると、そのイケメン君は、なんと。「我慢しなくていいよ」と言ったらしいのです。

    どうも、ナルシスト君の中で、Mは昔から自分のことが好きで、彼氏の話をしていたりしたのも、自分にヤキモチをやかせたかったからだ、という認識。彼氏がいても、本当に一緒にいたいのは自分→Mは会いたいのを我慢している、という考え。

    Mが否定するも、なぜだか、「自分の気持ち、隠さなくていいよ、彼氏が可愛そうで別れられないなら、俺と会う時間作れるように一緒に考えてあげるよ。」なんて彼への嘘の付き方まで指示する始末。

    Mは彼に『男としてみてはいない』ということを、友人があるがゆえに、オブラートに包んで伝えるのですが、どうもうまく伝わらない。というか、そのごにょごにょ伝える部分をうまーく解釈して、恐ろしいくらいの勘違いな方向へ持って行ってしまう。

    Mは結局、この噛み合わない会話に疲れて、そのナルシスト君からの電話を無視する、という方法をとっていますが、今も時々、彼氏きどりのメールが送られてくるそうです。

     

    ■  ナルシスト男子にはアメとムチ作戦

    きっと、このナルシスト君は、友人が「かっこいいね」と言ったことにより、『かっこいい=付き合いたい』と言われたと思う思考回路になってしまっているんですね。ある意味、すごくハッピーな人種。

    でも、このナルシスト男子というのは、この思考回路が重病であればあるほど、とても勝負しやすいタイプなんです。もしも、あなたの勝負したい人がこのナルシスト傾向が強いタイプである場合、アメとムチとの使い分けがとても重要な勝負ポイントとなります。

    1つ気をつけなくてはならないのが、このタイプ、少々めげやすいので、要注意。

    というのも、数少ない挫折の経験から、長く長く伸びた鼻っぱしらをポキッと折られることをひじょうに恐れていて、さらに、折れやすいことも自分なりに認識しています。なので、あまり自分に関わろうとしない人に対しては、切り捨てていく傾向があります。こんなカッコイイ自分に全く興味のない女子なんて別にいいや、です。ここが難しい。

    なので、興味はあることを伝えつつ、そっけない感じ、そのギリギリのラインを保つことにより、気になる女子になること間違いなしです☆

    傷つきやすく、繊細なのに、俺様なナルシスト男子。

    ナルシスト男子は、行動がとってもわかりやすいのも特徴です。お世辞で言ったことも素直に喜び、社交辞令で交わした約束も、きちんと彼らの中ではインプットされています。

    自分を信じて疑わない、そのまっすぐさがナルシスト男子のいいところなのかも。そんな男子との勝負はきっとドラマチック☆

    ナルシスト男子の特徴をおさえた恋の駆け引きで、勝負に挑んでみてくださいね☆