TOP > イククルコラム > 綾野コウの恋愛スロット!ペアリングは愛の証?

綾野コウの恋愛スロット!ペアリングは愛の証?

  • 2013年12月13日  綾野 コウ  



    ペアリングってつけたことある?

    つけたい人にとっては永遠の憧れ。つけたくない人にとっては、永遠の謎。ペアリングは愛の証となるのか。

    恋人につけたいと言われた時のアナタの勝負どころはどこでしょう?

     

    ■  憧れのお♡そ♡ろ

    『クリスマスプレゼントにペアリングを交換ってどう思う?』 BY アラサー男子

    そんなメールを最近受け取ったコウ。

    勝負師コウとしては、『男だったらビシっと相手に聞けば?』なんて正直思ってしまったけれど。

    でも実際のところ、この『ペアリング』については、悩みが多いもの。

    友達がつけているのを見て、ラブラブすぎてうらやましい♪ヒューヒュ〜♪なんて、からかったりして。見ているほうとしては、微笑ましい。

    でも、実際自分がつける立場になると、雲行きが怪しくなってくる人もいるのでは?

    ひと目でわかってしまうほどシンプルで、まるで結婚指輪のようなペアリング。

    普段ファッションリングとしてつけているような指輪とは別物で、指先から放たれる『恋人アリ』サインと言ったら・・・・。

     

    正直、恋人とのペアリング、つけたいのは女子だけだと思っていたコウ。

    だって女子にとって、お揃いは仲良しのシルシみたいなところがあるけれど、男子はそうでないと思っていたから。彼女にせがまれて、仕方なくつけている、なんてイメージだったんです。

    でも、そういえば、男子は女子より実は独占欲が強い生き物でした。『彼氏アリ』サインのペアリング、彼女につけておいてほしい気持ちがあるのかも、なんて。

     

    そんな『恋人アリ』サインのペアリングだからこそ、つけたいなんて言ったら、重いって思われるかも?なんて、男女ともに悩んでしまいがち。

    実際のところ、アクセサリーを嫌う男子って多いし、女子だって、そんな何の変哲もないリングよりも、もっとかわいい指輪の方がファッション的には◎。

    それなのに、ペアリングをあえてしたい、と思う気持ち、もしくはラブラブなのに、あえてしたくない。その気持ちの先にあるものとは?

     

    ■  愛を形にしたい♡派の勝負時

    ペアリング賛成派のアナタ。どうしてペアリングがしたいの?

    彼氏、彼女がいるってアピールしたいから?その指輪を眺めて『つながってる』とムフフとしたいから?純粋にただ、彼氏、彼女とお揃いのものをしたいから?

    コウが思うに、ただお揃いのもので愛を感じたいのなら、見えないところでもいいと思うのです。お揃いのボクサーパンツでもいいし、Tシャツでもいい。見えるところならばウォッチでもいいと思う。

    けれども、リングにこだわるのには、それなりの理由があるのでは?

    指輪は、結婚指輪にもあるように、常日頃身に付けていて、何の変哲もないけれど、確かにつながっているということがシルシになったようなもの。

    つけたい派にとっては、ラブラブの極みとも言うべき、憧れの品

    でももし、相手に断られてしまったら?

    普段はアクセサリーをしない相方でも、ネックレスやブレスレットとは違い、シンプルな指輪はつけても困らないものなのでは?なんて思ってない?

    でも、『指先』って実は本当に人目に触れるところ。恥ずかしい、と思う気持ちもわかってあげて。

    ただ、ごく稀に、ペアリングをしたくない、という人の中に、彼氏、彼女がいることを知られたくない、と思っている人がいます。言ってみれば、本気度の足りない人。

    ココは見極める必要があります。

    ただ純粋に、愛があるけど恥ずかしいタイプと、アクセサリーが苦手なタイプ、そんなシルシいらない!なドライなタイプ。それらのタイプは、ちゃんと汲み取ってあげましょう。

    アナタへの愛はしっかりとあります。愛は見える形でなくても育まれているもの。

    他人へのアピールは要らないですし、指輪なんかなくても、ちゃんとつながっているはずです。ペアの指輪はいつかの未来にとっておいてもいいかもしれません♡

    もし、提案してみてあまり乗り気でなかったとしたら、ただ断られて落胆しているだけではなく、その先にある相手の気持ちを探っていくことが今後の恋愛に大きな影響を与えます。しっかりとした見極めが必要。勝負時と言えるでしょう。

     

    ■  愛は目に見えなくても♡派の勝負時

    それでは、そんなラブラブなペアリング、ちょっとしたくない、という人に向けて。

    というのも、ネットなどで検索すると、『ペアリングをしたいと言って大丈夫』という意見が非常に多かったので。

    ペアリング反対派の皆さんは、少々肩身の狭い思いをしているのでは?

    そもそもあまりアクセサリーをしない人にとっては指輪をするって、なんだか窮屈で落ち着かない。なんでわざわざ彼女(彼氏)がいるってアピールしなけりゃならんのだ、と思う気持ちも無きにしろあらず。

    『つけたくない』と言えば、浮気するつもり!?なんて言われちゃって、困ることも。

    実際、反対派には、『いつなんどき出会いがあるかわからないのに、指輪なんてしちゃって、出会いを逃したら勿体ない』なんて思っている人がいることも確か。

    もちろん、純粋に、『恥ずかしい』と思っているタイプもいます。

    賛成派から言わせれば、彼氏、彼女がいて、『恥ずかしい』って何よ!?なんて火に油を注ぐことになりかねませんが。

    ペアリングをする醍醐味の1つは、やはり、お互いがお互いの彼氏、彼女である、というシルシを身に付ける、ということ。消えないキスマークのようなものでしょうか。

    それを嫌だ思うのは、本当に恥ずかしいから?それとも、彼氏、彼女がいるってアピールをしたくないから?それとも、そんなシルシなんていらないほど愛し合っていると思っているから?

    どれにしても、相手がしたいと思っているのに御断りするには、相手を納得させるだけのカバーが必要。

    不純な気持ちの場合は論外ですが、それ以外でペアリングを絶対に持ちたくない理由がある場合、この戦いはなかなか厳しいものになります。

    愛を目に見える形のシルシとして身につけたいと思っているパートナーに対し、愛を目に見えない形で伝えるのは、とても大変です。

    だったら、チェーンに通してリングを首からかけてしまうとか、お財布の中にしまっておいて、相手と会う時だけつけるとか、普段は指先にはつけないけれど、いつも持っている状況でいる方がお互いにとってベストな気がします。

    相手を悲しませせることなく、自分の意思が反映される妥協点を提案できるかが、勝負どころとなりそう。

    ただし、恋人が『断固、指にいつもつけていて!』というタイプの場合、束縛が強いタイプ、もしくは、アナタのことを信じ切れてないという場合も。

    どうしてつけたいのか、ということに耳を傾けてあげてね。

     

    ■  クリプレはペアリング

    お互いに交換するクリスマスプレゼントに、ペアリングはもってこいの品。

    けれども、ペアリングは俗に言うアクセサリーとはやっぱり違う。だから色々な悩みが出てくるものなんです。

    でも、つける、つけないの悩みって、恋人同士の幸せなカテゴリーの悩みなのかもしれません。

    だから思いやりをもって自分の気持ちを伝えれば、相手もきっとわかってくれるはず。

    実際に聞くことさえためらっている人は勇気を出して聞いてみましょう。アクセサリーなどを全く付けないタイプの男子も、意外とOKなこともありますから。勝負に出てみないとわかりませんよ。

    モジモジしていたらモッタイナイ!クリスマスはもうすぐですよ☆