TOP > イククルコラム > 綾野コウの恋愛スロット!出会って5秒が勝負時

綾野コウの恋愛スロット!出会って5秒が勝負時

  • 2013年08月30日  綾野 コウ  



    気になる人を見つめていたら、相手もこちらを見た!なんて経験ありませんか?

    人は『視線』というものをなぜだか感じる生き物。

    お偉い学者さんたちが数多くの研究をしているものの、

    はっきりとした理由はわかっていない『第6感』的なことがら。

    ならば、その運命的な出会いの瞬間にいざ勝負!

    元プロの勝負師・綾野コウが、『恋の勝負』に勝つ極意をアドバイスします (^_^)v

     

    <もしもあなたが、視線の合った相手に、じっと見つめられ続けたらどう思いますか?>

     

    何だろう?

    何か顔についてる?

    ファスナーでもあいてる??

     

    気持ち悪い!

    ストーカー!?

     

    視線の合った相手、シチュエーションにもよると思いますが、

    とりあえず、『気になる!!』

    のが本音。

     

    人は見られているとなぜだか気づき、

    見られ続けると、不安になります。

     

    実はそこが『勝負どき』。

    勝負しないなんて、もったいない!

     

    人は日々たくさんの人と出会っているにもかかわらず、

    それが『出会い』になっていないということにお気づきでしょうか?

    試しに今日一日、すれ違う人の数を数えてみてください。

    ・・・・きっと、途中でカウントするのをやめてしまうほどの人数だと思います。

    意識をしていないだけで、人は実はたくさんの人と出会っています。

     

    だからこそ、

    『気になる相手には自分の存在を意識づけること』が必要となってくるのです。

    でも、それは、本当に『ちょっとしたこと』を実行するだけで、

    その人の今日の夢に登場できるほど、

    『今日の気になる人』になれるはず。

     

     

    その方法として。

     

    『じーっと、じーっと、見て下さい。』

     

    ・・・それだけ?とお思いのアナタ。

    結構長いですよ。

    じーっと、じーっと、です。

    心の中カウントで、5秒です。

    正直、辛いです(経験あり)。

    『テレパシー』もどきです(笑)。
    心の中カウントなので、実際、たぶん3秒くらいなのでしょうけれど。

    相手が、合コン相手であったり、結婚式の2次会にいる人だったり、

    そんな時なら全然イケます。

    辛いのは、飲み屋でなんかあの人イイかも!とか、逆に仲のいい友達とか。

    『恋愛対象として意識づけることが難しい相手』であればあるほど、

    思わず、目が合った瞬間に視線を外してしまいたくなるのが普通。

     

    でもそこが勝負時。

    踏ん張りどきですよ。

    ここで視線を外してしまっては、女がすたる!

    ちょっと頑張ってみてください。

     

    実はワタクシも、この瞬間に勝負に出たことがありまして。

     

    全く知らない、ただ、居酒屋さんで居合わせた人に対して

    『テレパシー』送ったことがあります。

    相手は合コンだか何だかの最中だったと思うのですけれど、

     

    声のトーンだとか、話ぶりだとか、もちろん外見もですが、

    すごーくタイプの人を見つけてしまって、

    『勝負』に出てみました。

    (正直、女子力全開の、キラキラ輝く女子たちを相手にしている男性に対して、

     あまり自信がなかったのが本音です(笑))。

    でも。勇気を出して勝負に出てみた結果、

    トイレから出たらその人がいて、

    「なに?どこかで会ったっけ?」

    なんて、ちょっとしたウキャキャな『出会い』になったことがあります。

    よっしゃ!勝ったも同然です(笑!

     

     

    意識して、視線を合わせるということで、

    相手に強烈な印象を与えることができるのですね。

     

    ただ、気をつけなくてはならないポイントがもう1つ。

     

    『視線の外し方』です。

    それによって、好印象にも、悪印象にもなってしまうのが、

    難しいところでもある分、『勝負のしどき』なのです。

    視線を心の中カウントで5秒合わせることができたなら、

    次のステップとして、

    『心をこめて瞬き』してみて。

    そして、それと共に、視線を外す!

    その1回の瞬きに、自分の気持ちをこめなくてはなりません。

    言い方を変えれば、

    見つめている間は、瞬きもしないで見つめる。

    そして、視線を外す瞬間に、

    『あなたのことが気になっています』というオーラ全開の瞬きをする。

    バチリ!と。

     

    本当にそれだけで、

    相手の『気になる人』になってしまうのです。

     

    目が合った瞬間に、ウィンクでもして、星でも飛ばすことができれば簡単な話。

    でもそれでは、自分のことを良く思ってくれているサインで終了なのかも。

    わかりやすいサインほど、心に残りにくいものです。

     

    ポイントは、

    『何だか気になるサイン』を残すことが勝者になるポイント。

     

     

    人はよっぽどの人を除いて、

    そんなに自信がもてないものです。

    見つめられていたからといって、

    『好感触!?』

    とは思いきれないもの。

    むしろ不安に思う人がほとんどかも。

    だから、視線を外す時に、

    『好意的な気持ち』を、伝えてあげて下さいね。

     

    視線の受け取り方には、

    その時の格好だったり、精神状態だったりが影響します。

    だからこそ、視線の交差の瞬間に出会いが生まれる可能性があり、

    面白いところだと思います。

     

    人の印象は外見でほとんど決まってしまうと言われていますが、

    『思わず見とれて』しまうシチュエーションを、

    勝負時として意識してみることで、

    『出会いの数は無限大』なのかも。

    あなたも出会いの五秒に『勝負』にでてみない?