TOP > イククルコラム > 綾野コウの恋愛スロット!恋のライバルから“学ぶ”女子会

綾野コウの恋愛スロット!恋のライバルから“学ぶ”女子会

  • 2014年03月03日  綾野 コウ  



    恋愛という勝負の場において、ライバルともなりうる女友達。そんな恋のライバルが集結する女子会は、“手の内の探り合い”にもってこいの場でもあります。仲良しこよしの女子会はもう卒業☆一歩進んだ『恋のライバルから“学ぶ”女子会』に挑戦してみませんか?

     

     

    ■ 女子会でライバル達から学ぶべきコトとは!?

    女子会では、女子の“女子っぽさ”が炸裂します。

    っというのも、女子は合コンやデートの時には、“男子ウケ”というものを気にして、控え目な服装やメイクをしていることが多いからなんです。男子禁制の女子会では、普段は抑えている女子の“オシャレ欲”が存分に発揮されると言ってもいいでしょう。

    流行りの洋服や、メイクの仕方、持っている小物など、今月号の雑誌を見るよりも手っ取り早く情報収集できると言っても過言ではありません。そのくらい、女子会に出かける女子は“最先端で乗り込んできます。

    もちろん、私だって!とそこで対抗したくなるのも女のさが。けれども、実はここで競っても、得るものって少ないんです。『わぁ、かわいいね。』という上っ面の褒め言葉だけ。

    だったら、ここは、その“最先端”の女子から、“学ぶ”方が、恋愛の勝負においてはウワテだと思いませんか?では、その“最先端”女子から何を学ぶのでしょう?

     

    オシャレの最先端情報はそれこそそこらの雑誌を開けば書いてあるから聞くまでもない。

    最先端女子から“学ぶ”べきものはズバリ“生の声です。

    女子会でこそバリバリの“最先端”女子な彼女も、合コンや、彼とのデートの時には、“流行+男ウケ”をMIXして勝負しているはずなんです。その男子ウケ抜群のアレンジポイントや、譲れないこだわりポイント、それに対する男子陣の反応など、彼女が感じた“生の声”を聞くことに、この“最先端”女子と“女子会”をする意味があります。

    相手の手の内を探る方法は簡単。このタイプの女子は情報を発信したがる傾向があるので、ちょっと気づいた“オシャレポイント”を褒めるだけでOK。『そうなんだぁ!すごい!』『知らなかった、教えて!』などの情報を知っていることへの称賛をしながら、知りたい情報を聞けば、どんどん教えてくれると思われます。

    基本的には、オシャレに抜群の関心がある“最先端”女子との会話は、メイク道具やスキンケア用品に関しても詳しいハズ。男子ウケについてばかりだけでなく、女子としては、自分磨きに欠かせないアイテムに詳しい女子会仲間として重宝する1人かもしれませんね。

     

    この他にも、 情報誌や、オシャレスポットに詳しい“情報通”な女子たちは、美味しいスウィーツのお店に始まり、彼とのデートにオススメなお店、お酒が好きな人ならココ、食べる人ならココ、など、“使えるお店”を良く知っているんです。

    せっかく女子会に行くのならば、男子が喜びそうな“いいお店”の生情報をゲットしておけば、彼とのデートで役に立ちそうですよね。

     

     

    ■ 油断禁物!女子会ルール☆

    ライバル達の偵察を円滑に行うにあたり、欠かせないのは、やはり、“女子会”のルールを守ること。女子だけの集まりともなると、それなりに“暗黙のルール”的なこともあると言えばあります。

    例えば、話の相槌は基本的には同意で、といったようなこと。『うん!うん!』『そう思うよ!!』『ひどいね!』など、相手に寄り添うような相槌がベスト。この件に関しては、 “違うと思ったら意見する”といったことを決してやってはいけない、ということではありませんが、基本的にはタブーとされています。

    同じタブーで言えば、“聞いた話を他へ話してしまう”ということもタブー。内緒話好きの女子の集まりでは、“秘密を漏らす”ことは最もやってはいけないタブーかもしれません。

    こういった“暗黙のルール”をたびたび犯してしまうと、女子会にそのうちお呼ばれしなくなってしまいます。そうなってしまっては、ライバル達の手の内だって探ることができなくなってしまいますよね。そうならないように、ライバル偵察に余念のないアナタも、最低限のルールは守ったほうが良さそうです。

     

    また、自分のした話が、絶対に外に漏れない、という保証はどこにもありません。つまり、彼との愚痴を話すのであればノロケ程度にとどめておくほうが賢明かと思われます。

    こんなことを言うのは、やはり、女子会は“ライバル達の集まり”だからなんです。仲良しこよしの女子会に見えて、いつ何どき、ライバル達が牙をむくとは限りませんもの!?

    恋愛テクニックを盗むことばかりに集中して、ライバル達に足元をすくわれることのないようにお気をつけあれ。

     

     

    たとえ女子会であっても、恋愛の勝負時に使えそうなライバル達のテクニックや情報をぬかりなくチェックすることが、勝負で勝つためには必要なこと

    メンバーを変えたり、名目を変えたりして、結構な頻度で開催される女子会は、ライバル達を良く知るチャンスと言えるでしょう。勝負に勝つためには相手を良く知ることが一番です☆

    シャンパンやワイン片手に、ぶっちゃけトークや噂話を繰り広げる女子会も楽しいけれど、せっかくならばライバル達の恋愛のテクニックや得意技を学んで、自分の恋愛に活かしてみてはいかが?