TOP > イククルコラム > 綾野コウの恋愛スロット!春の出会いは“ココ”が勝負どころ

綾野コウの恋愛スロット!春の出会いは“ココ”が勝負どころ

  • 2014年03月31日  綾野 コウ  



    洋服やメイクを春らしいパステルカラーにチェンジして、春の出会いに準備万端なアナタ。春色の出会いは、“見極めスイッチオフ”にご注意を。たくさんの出会いのある春はファーストインプレッションに勝負をかけて“本物の恋につながる出会い”掴み取ってみませんか☆

     

    ■ トキメク春の恋の罠

    『春は出会いの季節!』と、意気込むのもいいですが、『絶対に出会いをゲット!』などと焦りすぎは禁物です。

    学校や職場に新しい風が吹きこんできて、周りも自分も、妙に浮かれ気味なこの時期。春の陽気に誘われて、なんだかフワフワとした気持ちで“出会っている”と、いつの間にか見極めスイッチがオフになっている・・・・なんてことがあるんです。

    冬で言えば、スノーマジック、ゲレンデでなぜか恋に落ちちゃうアレ、です。つまりは、素敵!と思った男子も、実は雰囲気イケメンだった・・・・なんてことがあるということ。でも、致しかたない。これが春恋の罠ってやつです。

    罠にひっかからないように注意したいものですが、せっかく春は、たくさんの出会いがあるのですから、“トキメキ”を大事にして、“いい出会い”を掴み取りたいですよね。“雰囲気イケメン”ではなく、中身の伴った“本物のイケメン”を見抜いて。あなたの“見極めスイッチ”は大丈夫??

     

    ■ 雰囲気イケメンの見抜き方

    初めて顔を合わせる時、というのは、誰だって緊張しています。自分のことを良く見せようと外見も、内面も、精一杯“かっこつけ”ています。自分も緊張しているし、なかなか相手の本質を見抜くことが難しいのは確か。その中でも、“雰囲気イケメン”を見抜くポイントをアドバイス☆

     

    <名前を覚えない>

    2、3度会っても名前を覚えない・・・・というのはいかがなものか。

    『○○さん!じゃ、あだ名は△△ちゃんね!』などとその場では乗りが良く、気さくな雰囲気だとしても、その後何度も名前を聞かれるようならばご注意を。これは名前を覚える気があまりない、と見ていいでしょう。名前を覚える気がない、ということは、興味がない、ということ。その場のノリと勢いにだまされないで。

    <計画が適当>

    『じゃー今度みんなでさ、○○行かない?』などと、提案してくれるのはリーダーシップがありそうです。けれども、“いつにするのか?”というところまで話をきちんとまとめているか、ということが、大事なポイントとなります。

    『みんなで集まろう』と計画を発言することは、とても頼もしく見えるでしょう。が、しかし、“いつか”の予定ばかりを適当に言っているようなタイプはイケていません。

    <長いものに巻かれがち>

    出会って日が浅いにしても、リーダーシップをとるタイプと、そうでないタイプというのはすぐにわかると思います。その中でも、仕切りたいタイプの場合、周りの人のことをどれだけ考えた行動ができているか、というのを見極めたいところ。

    先輩や上司に言われたからと言って、友達や同期の様子なんてお構いなしに、コロコロと言っていることが変わるようなタイプは、気をつけたいタイプかも。

    <清潔感>

    スーツにしても、洋服にしても、初めのうちは、一張羅を着ていく、というのは、社会人1年目や、新入生にはよくあることですよね。

    春は物入りな季節ですし、そんなに何着も勝負服が揃っていない、ということも。その中でも、上手な着回しによるセンスの良さや、清潔さは見抜くことができるでしょう。洋服がいつも同じ組み合わせ、という場合、“雰囲気イケメン”の可能性が。

    <髪の乱れを気にしまくる>

    格好をつけたいがあまり、髪型を気にして、髪の毛を触りまくるのも、“雰囲気イケメン”を目指す、ナルシストサインかもしれません。違う髪型になったら、“髪型イケメン”だった!なんてことも・・・・。人の話なんてそっちのけで、窓にうつる己の髪型をちらりちらり。見る回数、チェックしてみるといいかも。

     

    ■ 春の出会いはファーストインプレッションで決まる

    逆に言えば、

    @名前をしっかりと覚えてくれる
    A有言実行を守ったリーダーシップ
    B周りの空気を読みながら、気を配ることができる
    C自分に似合う服を爽やかに着こなすセンス
    D多少外見が崩れても大丈夫な自信

    それらを兼ね備えているようならば、“本物のイケメン”の可能性が大!!

    早めにアタックしておいて損はないかもしれませんよ。

     

    春の出会いは第一印象がその後の関係を左右すると言っても過言ではありません。他の時期よりもそれが大事な理由としては、やはり、“たくさんの人が出会う季節であるから”なんです。大勢のライバル達の中で、“本物イケメン”との出会いを次につなげるためには、キラっと光って印象を残さなければなりません。

    そのためにも、洋服やメイクで“雰囲気イケ女”として目をひくと共に、テクニックを使って中身も“イイ女”で、一歩リードすることが大事。

    そのためには、やはり、まずは、“本物イケメン”の所でも触れた、“名前”についてはおさえておきたいところ。名前は覚えてもらえると嬉しいところであり、実はなかなか覚えられない、という人も多い部分でもあります。だからこそ、たくさんの名前をしっかりと覚えられれば、一歩リードできるというわけ。

    苦手であれば、メモをとるなり、自分なりの方法をあみだして。一生懸命覚えようとしている姿は、悪い印象は与えないばかりか、努力している様子は好印象でしょう。億することなく、チャレンジしてほしいポイント。ついでに、好きなことなんかも一緒にメモして覚えてしまえば、会話も弾み、一歩どころか、二歩、三歩、ライバル達とは差をつけることができます。

     

    春の出会いは、浮かれ気分が蔓延しているので、ノリと勢いで、適当に出会ってしまいがち。そんなところが落とし穴。だからこそ、人の名前をしっかりと覚えるなどの“出会いを大切にする”ということが、素敵な出会いにつながります。

    ライバル達がフワフワした気持ちで何となく出会っている中で、本物の恋につながる出会いをゲットできるか否かは、“一期一会”の出会いを大切にできるかどうか。出会うタイミングを逃すことなく、見極めは怠らない。この勝者の方程式、うららかな春にこそ忘れないで。