TOP > イククルコラム > 綾野コウの恋愛スロット!歳の差に打ち勝つ“逆・歳の差カップル”

綾野コウの恋愛スロット!歳の差に打ち勝つ“逆・歳の差カップル”

  • 2013年11月08日  綾野 コウ  



    『年上彼女×年下彼氏』の『逆・歳の差カップル』。マイナスに思えることを『切り札』に変えることが今回の勝負のカギ。恋愛において歳の差はやっぱりちょっと不安だけれど、強みに変えれば世界は広がるかも!?

     

    ■『逆・歳の差カップル』

    一般的には、男子は年下の、女子は年上の恋人を望む傾向があります。

    それは、男子は、外見の美しさを、女子は、精神的な安定を恋愛に求めることが多いからだと言われています。妻には子どもをたくさん産んでほしいし、夫にはしっかりと家庭を守ってほしい、という所が本能的にあるからだと、言われることも。

    難しい話は抜きにしても、『年下女子×年上男子』の歳の差カップルはよくあるかたち。

    けれども、みんながそうってわけではありませんよね。

    今回は『逆・歳の差カップル』とも言うべき、『年上彼女×年下彼氏』をピックアップ。

    歳が離れているだけでも、色々と不安があるのに、年上彼女さん、年下彼氏くんの場合、周りからも、『大丈夫?』なんて言われることも多いのでは?

    『逆・歳の差カップル』は、やはり、いつもとは違う手札で勝負する必要がありそうです。

     

    ■  年上彼女の切り札

    女子にとって、年齢はどうしても気になるところ。彼女にするなら若い方がいいに決まってる・・・・、そんな風に思ってはいませんか?

    若い頃の方が、お肌はピチピチしてたし、露出度の高い勝負服でデートにだって行けたし、可愛く甘えることだって恥ずかしくなかったけど・・・。という年上さんも多いのでは?

    彼氏、もしくはお目当ての男子が年下の場合、自分もそれに合わせようとすると、正直、『イタイ年上姉さん』が出来上がってしまう可能性があります。

    年上彼女さんの場合、相手と同い年の女の子の肌のハリや、ピチピチ感で勝負すると負けます。確実に。

    もちろん、だからといって諦めることなく、日々の努力によって、出来るだけ肌ケアなどはしていくことは必要。

    だったら、年上彼女さんの勝負ポイントはどこなのか?

    ズバリ。『色気』です。

    胸の谷間をバーンとだして、エロさを出すことは簡単。これは若い子でもできます。

    けれども、『色気』とは漂うモノ。ふわっと香るフレグランスのようなものなんです。

    こういった、『色気』は若い子にはなかなか出せません。

    年齢を重ねるにつれ、『色気』はだんだんと出てくるものなのですが、あえてこの『色気』を意識して出すことで、『大人の女』の魅力を最大限に発揮することができます。

    まず、外見において。

    ・髪の毛の色は暗めに。(手入れの行き届いた艶が大事。)
    ・ネイルは単色ぬり。(赤1色は色っぽさ全開。)
    ・スカートはタイトめで。(大人のかっこよさで勝負。)
    ・服の色はパステルカラーよりはっきりした色で。(しっかりとした印象を出しましょう。)

    次に、所作。

    ・ゆっくりと話す。(相手の目を見て。視線を外す時は伏し目がちに。)
    ・動作はクロスで。(左耳に髪をかける時は右手で、右にあるコップを取るときは左手で、といった具合。)

    これらのことに気をつけてみるだけで、『色気』が増します。

    男子は若い子がもちろん好きですが、『綺麗なお姉さん』にも憧れがあるので、臆することなく、『大人』の面を出していくべきです。

    さらに、もうひとつ。ちょっとだけ、『ダメなところ』を出して下さい。いつもしっかりしているアナタのちょっとした、おっちょこちょいっぷり、年下男子に物凄くカワイク見えること間違いなしですから。

     

    ■  年下彼氏の切り札

    歳が上の人を好きになった場合、多少の背伸びはしてしまいますよね。

    男子の場合、食事を奢ったり、高級なものをプレゼントしたり・・・といったことで、自分を『大人』に見せようとする傾向があります。子供(ガキ)扱いされたくない、という気持ちの表れのようです。

    けれども、サラリーマンで言えば、年齢が上になればお給料も上がっていくもの。年上の女性に合わせて、それなりのお給料をもらっている人と張り合うのは、少々きつくないですか?

    だとしたら、年下彼氏くんの勝負ポイントは何でしょう?

    ズバリ、『格好つけない』なんです。

    この、マイナスと思いがちなところこそ、最大の魅力。

    というのも、年上の女性は、自分のために使えるお金もそれなりに稼いでいることが多く、美味しいお店や、おしゃれな場所の情報も結構知っていたりします。

    もちろん、自分でデートのお店を探したりすることは必要なのですが、彼女が知っているお店に連れて行ってもらう、ということも大事だったりします。

    男子からしたら、何となくスマートじゃないなぁと思えるこの行動も、『年下男子』ならでは。

    無邪気に彼女の話を聞き、聞いたそばから、じゃあ、今から行こう!なんて、フットワーク軽く一緒に出かけることで、年上女子の心をぎゅっと掴むことができます。

    明日の仕事のことや、これからの予定を気にして、身軽に動くことをためらいがちな男性陣と一線を引くことで、『年下男子』の魅力が発揮されます。

    さらにもう一つ。フットワーク軽く行動する、とりあえず動いてみる、ことは、デートが当初の方向と違うところへ行きつくこともあります。(たとえば、彼女が雑誌で見たというお店に来てみたけれど、臨時休業だった、など。)そういった場合には、しっかりと思いやりをもった行動をすることが必要。

    何どきも『何とかなるさ〜、どうする〜?』と相手任せではなく、そういった予想外の出来事が起こった時に、頼りになるところを見せることで、すごくカッコイイ。(近くのあそこのお店も美味しそう。行ってみよう!など。休みで残念な雰囲気を打開することができるかがカギ。)

     

    ■  世界が広がる歳の差カップル

    今回は一見マイナスに見える、年下の男子、年上の女子についてみてきましたが、それはマイナスではなく、チャームポイントのひとつ。

    チャームポイントとして、出していけるか、ということが今回の勝負のカギ、となります。

    年齢が離れれば離れるほど、不安の数も多くなるし、周りからの意見も出てくるかと思います。この勝負、そういった面で負けそうになることも多いかもしれません。

    でも、恋愛に年齢は関係ありませんよ。ベストな年齢差なんてないんですから。

    相手の年齢に金銭的な面や、精神年齢を合わせる必要はないけれど、ちょっと背伸びをしてみたりして視点を変えてみると、世界が広がるのが歳の差カップルのいいところ。

    知らない世界を知ることができるかも。

    自分に自信をもって、歳の差を楽しんで下さいね☆