TOP > イククルコラム > <吉あやの恋愛メンテナンス>ダメンズ度★★★:男兄弟のみの長男

<吉あやの恋愛メンテナンス>ダメンズ度★★★:男兄弟のみの長男

  • 2015年06月01日  吉 あや  



    兄弟が男のみの彼の場合、女の素性を知らず幻想を抱きがちです。女の子は毛も生えないし、いびきもかかない、おならを人前でするはずがない…なんて思っているかもしれません。そんなはずある訳ないのにね!!

     

    本当に女心が分からない

    男兄弟しかいない場合、家族に女性はお母さんだけ。それに、男の子と女の子ってやっぱり小さい時から違うんですよね。まぁ、違う人も中にはいるでしょうが、イメージとしては女の子はオシャレが好きだけど、男の子は泥んこで帰ってくる…みたいな。どっちの子育てが大変とか言う訳ではありませんが、男のお母さんの方が怒鳴っている割合は多くなるかもしれませんよね。ですから、お母さんも女性とはいえ、しおらしい女性でいるのは難しいかもしれません。そうなると、女性というよりは自分を守ってくれる、叱ってくれる相手ということで女性という感覚はないかもしれませんね。まぁ、親に異性の感情を抱くことはあまりありませんから、そういう意味では日常生活において女という存在と関わる機会がほとんどないのです。ずっと男兄弟の中で、常にどちらが強いか?どっちがカッコいいか?ということを競ってきた訳ですから、女心を理解する力が身についてないのは当然のことなんです。

     

    女兄弟がいる人とここが違う!

    もし、女兄弟のいる彼であれば女性の性質をある程度理解しているものです。外では可愛く振る舞っていても、家の中でダラダラしている姿を目撃していたり、ヒステリックになっている状況に出くわすことも日常茶飯事。だから、些細なことで女性が感情的になる、だらしない部分もあるということを初めから知っているのです。生理が近づくと情緒不安定になったり体調が悪くなることも、なんとなく理解している…。だから、彼女ができたとしてもさりげない仕草から状況を察知してヒステリックに巻きこまれないようにしたり、八つ当たりれても対処できる能力がある程度身についていると言えます。

    一方、男兄弟だけで育った場合、そんな女性の性質を知るよしもなし。だから、女性のヒステリックなんかにもついていけず、真向から勝負しようとして余計に女性をイライラさせてしまうことが多くなってしまうのです。それに、女性はヒゲや足の毛は生えないと思っていたり、いびきもかかないと思っている人もいます。言い換えてみれば、女性の理想像がっ厳しくなりがちということです。

     

    食べっぱなし!脱ぎっぱなし!散らかし放題

    長男だからという訳ではないかもしれませんが男兄弟のみの場合、小さい頃から競って食べ、競って遊び…という状況です。まぁ、何をするにも兄弟がライバルという訳です。ですからいち早く遊びたいという心理から片付けというものを後回しにしがちです。中にはしっかりとできる人もいますが、大抵は上の兄弟がしっかりしていたから下もマネしてしっかりする…という状態か、兄が奔放にしている反面、弟の方が空気を読めるようになるという状態です。いずれにしても、長男の場合は何でも母親がやってくれて、何もできないという人が多いのは事実です。

     

    女性とって最も邪魔な“長男体質”

    男って今でも誰が家を継ぐとか継がないとか、かなり気にしているって知ってましたか?女性の立場からすると、そんな古い考えってまだあるの?と思いがちですが、まだ根強く残っています。それが、長男ともなるとますますその性質が受け継がれています。俺が跡取り!というのを昔から刷り込まれてきているからですよね。その結果、「俺様タイプ」が最も多いのが“男兄弟のみの長男”なんです。弟なんかも以外と気を使って、お兄ちゃんには従うという暗黙の了解ができていることもありますよね。ですから、俺の意見には従え!的な態度をとる男性が非常に多いのです。

    それに、もし結婚ともなると義両親との同居を考える必要があります。長男でももし女兄弟がいれば、姉や妹が世話をしてくれるという可能性も高くなる訳ですが、男兄弟のみの場合だと、やっぱり長男がその役割を引き受ける率が高いようですよ。長男、次男は関係ないと言いますが、将来を考える相手であればあるほど、実は兄弟構成というのは見落としてはいけません。

     

    ダメンズ長男を見分けるコツ

    ダメンズ度で言えば、兄弟構成の中で最もダメンズ率の高いのが“男兄弟のみの長男”ということになります。とは言っても、全ての男性がそうとは限りません。ダメンズを見極めるには、まず一人暮らしを不自由なくしているか?という点がポイントです。実家にいる時は、母親が全てやっていてくれたことを、自分でするようになって初めて大変さというものが分かります。そうすると、一緒に暮らし始めた時も大変さを理解しているので、手伝ってくれたり労わってくれる機会が増えるのです。女心を理解するまではいかなくても、大変さを理解できているかいないかという点は非常に重要ですよ!!でないと、女心も分からないくせに何もしない、口だけは一丁前に出してくるただの『俺様』を相手にしなければいけなくなってしまいますよ。