TOP > イククルコラム > <吉あやの恋愛メンテナンス>ダメンズ度★★☆:嘘をつく男

<吉あやの恋愛メンテナンス>ダメンズ度★★☆:嘘をつく男

  • 2015年04月06日  吉 あや  



    嘘をつく男性には要注意です。学歴や職歴、借金歴などを隠して嘘をついている男性は、今後も小さな嘘を積み重ねていく可能性大!嘘をつく男性とはどんな人なのか?をしっかりと見抜くことが大切です。

     

    経歴詐称の男

    男性で年齢を偽っている人は少ないかもしれませんが、学歴や職歴に嘘をついている男性って結構いるんですよ。大学を中退したのに卒業しているとか、本当はバイトなのに正社員で働いているとか、女性からしたらどうでもいいことなのに男性って嘘をついてしまうんですよね。これらは、好きな人によく思ってもらいたいという男性の「プライド」が嘘をつかせています。しかし、やはり自分を偽っていることに変わりはありません。このような男性は、もし会社をクビになったり、借金をしてしまったとしても、彼女には「大丈夫」という嘘をつくこと間違いありません。自分の弱みを相手に見せられない人なんです。

    このような男性と付き合うと、かなり大変なことになりますよ。気がついた段階で、「本当のこと」を話してもらう方向に持っていきましょう。男性は怒られるのではないか?と言い出せないのかもしれません。実は…と話してくれたら、「そんなことで嫌いになるワケないでしょ。」と暖かく包み込んであげると安心して心の内を話してくれるはずです。

     

    日常的に嘘をつく男性

    また、小さな嘘を積み重ねている男性には要注意です。日常的に嘘をつく人は、嘘をつくことに対して罪悪感を持っていません。“嘘をつくのはよくないことだよ。”子供の時にこんな風に教えられませんでしたか?それは、大人になっても同じです。それができない人は、人間的に欠陥があるといってもおかしくないのです。それに、嘘を言う男性は浮気をする確率も高くなります。そんな男性は信用できませんよね?とはいっても、男性は嘘をつくのが下手なので女性は見抜いてしまっていることがほとんどです。それを「可愛いな。」と思ってしまう女性はすでにダメンズを引き寄せているということに気がつかないといけません。ダメなことはダメ!嘘をつくのは良くない!ということをしっかりと彼に教えてあげなければいけないのです。その上、日常的に嘘をついているとどこかでボロが必ず出てきます。その嘘を隠すために嘘を重ね、結局自分の作った嘘から抜け出せなくなるのは彼の方なのです。

     

    嘘をついてしまう男性の深層心理

    そうは言っても「浮気」がバレてすぐに白状する男性は少ないでしょう。防衛反応と言えるその嘘はある意味、仕方のないことです。それよりも重要視してほしいのは、「なんでそんな嘘つくの?」というようなどうでもいいと思える嘘の方です。前にも書きましたが、嘘をつく男性は「よく見られたい」という意識があります。深層心理では「嫌われたくない」という気持ちが人一倍強いのです。ですから、「もしこんなことが知られたら嫌われてしまうのではないか?」と怯えているんですよね。そのような男性を好きになってしまったら、まず「丸ごとの彼」を受け止めてあげましょう。

    女性は母性本能的に自分の子供を愛する「無償の愛」というものを持っています。しかし、男性はすぐには父親になれないように「無償の愛」には鈍感で「愛は有限・有償」だと思っている人も多いのです。ですから、自分が失敗をすると愛を受けられなくなると考えてしまう傾向があるのです。嘘をついてしまうことが普通になってしまう男性を好きになってしまったら、「嘘をつく」ことの方が「愛を失ってしまう可能性がある」ということをしっかりと伝えてあげて下さいね。その上で、相手のことを信用してあげることが大切です。嘘をつく男性は子供と同じで、「自分に興味を持ってほしい」「自分を信用してしい」ということの表れでもあるのです。しょうもない嘘も、寛容に受け止めてさらりと流しておけば、そのうち嘘をつかなくなりますよ。

     

    ダメンズならぬ詐欺師がつく嘘

    最大の敵が「詐欺師」です。結婚詐欺師とも言いますね。嘘をつくことを仕事にしている人達のことです。「嘘をつくダメンズ」と「詐欺師」は別物です。一方はただのダメンズ、もう一方は犯罪ですからね。甘い言葉で誘惑し、高いものを購入させたり資金を奪ってしまうために嘘を積み上げてきます。ということは、「お金を貸してくれ」という言葉にだけは絶対注意しなければいけないのです。「そうでなければ別れる」というのは立派な脅迫です。自分は騙されているのではないか?そう思った直観はほとんど当たっていると思って下さい。そんな嘘を受け止める必要はありません。相手のことを好きだったとしてもきっぱりと別れましょう。お金を引き出すことだけが目的ですから、そこに前述したような「深層心理」は全く含まれていないのです。お金を要求してくる男にだけは、「自分のことを好きだから嘘をついている」なんていう都合のいい解釈は絶対にしないで下さいね。