TOP > イククルコラム > <吉あやの恋愛メンテナンス>ダメンズ度★★☆:浮気を繰り返す男

<吉あやの恋愛メンテナンス>ダメンズ度★★☆:浮気を繰り返す男

  • 2015年03月09日  吉 あや  



    浮気をする男は2種類いるって知ってましたか?

    魔がさして浮気してしまうタイプと、何度バレても浮気を繰り返すタイプの2種類です。

    「もう絶対浮気しないから!」なんていうのは真っ赤な嘘!

    今回は、ダメンズ度星2つの「浮気を繰り返してしまう男」の男性心理に迫ります!!

     

    浮気をしてこそ男の中の男だ!

    浮気を繰り返してしまう男の中で、もっとも厄介なのが浮気に対して全く罪悪感を持っていない人達です。浮気男の中でも少数派ですが「男は浮気をしてこそ本物だ」と本気で思っているのです。このような男性は、常に浮気をするチャンスを探しており、結婚しても浮気が治ることはありません。パートナーが悲しむだろうということは分かっているようですが、浮気自体は「どうしていけないんだ?」という考えなのです。ですから、女性側が自分を磨く努力を惜しまず、愛情をしっかり注いだところで浮気症はまず治らないと断言できます。唯一、救われるのは浮気をしていたとしても別れない限りはパートナーのことも本気で愛しているという点ですね。

    また、同時に複数の人とも付き合っていたりとかなりエネルギッシュでもあります。これは、仕事にも生かされており、常に向上心があり大きな成功を成し遂げる人が多くなっています。芸能人でいうなら、勝新太郎タイプですね。

     

    男の浮気は仕事が大きく影響している

    女性とは違い、男性の浮気には仕事がかなり関係しています。職業によって浮気に走りやすいということではなく、仕事上でどんな立場に置かれているのか?ということが関係しているのです。男性が浮気をしてしまう時は、仕事があまり上手くいっていない時や精神的に追い詰められている時が多いようですね。精神的に余裕がなく、自信がなくなっているところに包容力のある女性が現れるとついつい浮気してしまうのです。この場合、体の関係だけではなく心まで持っていかれてしまうので、早いうちに対処する必要があります。一方、言い方は悪いですがストレスのはけ口として浮気をしてしまう男性もいます。一種の現実逃避ですね。

    どちらにしても、このタイプの浮気は女性が男性をしっかり守ってあげることで解決します。守るというのは、母親が自分の子供を守るように「見守って」いることです。男性は自分の絶対的な味方が欲しくて浮気をしてしまうのです。浮気を繰り返させないためには、自分が圧倒的に彼の味方であるということをしっかりと伝えましょう。芸能人だと、常に女性の噂が絶えない小栗旬タイプでしょうか。

     

    見捨てられ不安が強いコンプレックスの塊

    浮気を繰り返してしまう男性は、意外なことに自分に自信がない人が多くいます。「こんな自分はいつか捨てられてしまうのではないか?」という不安から、保険をかけるように他の女性とも関係を持ってしまうのです。このタイプは、両親が離婚していたり、共働きで構ってもらう時間がなかった、または女性に振られたトラウマが根本にあって、愛情を注いでもらうことに非常に飢えている人達です。さらに、浮気に対する罪悪感も強く、「浮気をしている俺は絶対に捨てられるはずだ」と見捨てられ不安はさらに強化されます。自分が負の連鎖を作っていることに気がついていないのです。そうやって、どんな女性と付き合ったとしても浮気を繰り返していくのです。

    このタイプは、愛情を受け止めるバケツに穴があいているので、いくら女性が愛情を注いでも愛情の飢餓感が埋まることはありません。自分が抱えているコンプレックスが原因なので、まずは自信を持ってもらうことが大切です。周囲の人間がそれを変えるのは難しいですから、自己啓発本を勧めたり、ビジネスセミナーに参加してみるなど、本人自らが変わろう!と思えるように仕向けましょう。一緒に成長して変わっていこうね、という気持ちで向き合うと上手くいきますよ。芸能界でいうと、芸人さんタイプです。芸人さんの浮気の原因の多くはこのコンプレックスではないでしょうかね。

     

    浮気をする理由は女性にもある

    浮気を繰り返す男性の場合は、女性よりも自分自身に問題があることがほとんどです。一方、魔がさして浮気をしたという男性の場合の多くは女性側にも問題があります。簡単に言えば、マンネリしてしまって他の女性とも遊びたくなってしまったということです。彼にそうさせないためには、付き合いが長くなったからといって常にスッピンでいたり、平気でパジャマのままウロウロするのはよくありません。気を使わない関係は楽でいいですが、女子力はいつでも磨き続けておきましょうね。