TOP > イククルコラム > <吉あやの恋愛メンテナンス>優しい彼を持つ女性の共通点とは?

<吉あやの恋愛メンテナンス>優しい彼を持つ女性の共通点とは?

  • 2015年01月12日  吉 あや  



    彼に愛されたい!もっと優しくしてほしい!もっと優しい人だったら良かったのに!

    そう思ったことはありませんか?

    いつも優しい彼を連れている友達と私は何が違うの?男を見る目がない??

    いえいえ。違います。彼女たちは、男性のやさしさを引き出すコツを知っているのです。

     

    男の本質を理解していますか?

    男性と女性は生物学的には、どちらも「ヒト(人間)」ですが、脳の作りが全く違うということを知っていますか?私たち女性同士が共感できることを、男性には理解ができないように、男性が考えていることも女性にとっては理解不能なことが多々あります。この違いを分かっているのか、本能的なことかは別として、上手く活用している女性こそ「優しい彼」を手に入れることができる女性たちなのです。

     

    慰める=いたわることではない

    例えば、仕事が上手くいかなかったとき、彼に愚痴の一つや二つ聞いてほしくなりますよね。そこで女性が求めているのは、「頑張っているのにね。」というねぎらいの言葉と、「相手の人もひどいね」という自分の気持ちに共感してくれる言葉です。つまり、いたわってほしいということですよね。しかし、男性の場合は、いたわるよりもまず「助けなければ」という感情が湧き上がるのです。そして、何をするのか?アドバイスを与えます。「こうした方が良かったんじゃない?」「でも、こうだったんじゃない?」こういう風にして、彼女を慰めている訳です。女性同士の場合、同僚に相談してこういう会話になることはバリバリのキャリアウーマンでもない限りありませんよね。しかし、男性の同僚同士の場合は、よくある光景です。つまり、男性も女性も、良かれと思ってしていることが、相手が異性になった途端に、全くのすれ違いが起きてしまっているのです。

     

    男性は愚痴を聞かされるのはウンザリ

    そして、男性は女性の愚痴を聞くということはあまり得意ではありません。これも、女性が家庭を守るために言葉を武器にして周囲の人間との関係を気付く必要があるのに対し、男性は肉体を武器にして仕事や狩りをする事に、言葉が不必要だったためです。今でこそ、狩りをするとか、女性は家庭を守るものだとかいう古典的なことはありませんが、脳は昔の作りのままなので、女性の愚痴を聞いてどう対応すればいいのかという仕組みを男性は持っていないのです。なのに、毎回愚痴を聞かされていると、彼女に対してもウンザリしてしまって、いたわりの言葉どころかアドバイスさえもしたくなくなります。しかも、自分が責められているような気になってしまうので、嫌毛がさしてしまうのです。

     

    愛される女性の共通点は「伝えること」

    でも、優しく話を聞いてくれる彼がいる人もいるよね?と思いますよね。その彼女たちが共通していることは「何をしてほしいのか伝えている」ということです。もし、愚痴を言うのであれば、「何も言わないでいいから聞いてくれる?」ということを伝えているのです。イライラしている時や落ち込んでいる時って、誰かにただ話を聞いて欲しいって思いませんか?そして、ただ話した後に、「あ〜なんか落ち着いた。」ってなりますよね。そして、相手に対して「聞いてくれてありがとう。」となります。女性は、ただ聞いてくれる人に対して「優しい」と感じる傾向があり、アドバイスをくれたり、自分の欠点を指摘されることに対しては「優しくない」と感じてしまうのです。ですから、何も言わずにただ聞いていてね!という一言がその後のあなたの彼に対する、優しいor優しくないの判断に繋がってくるのですよ。

     

    伝えることは「その他」の優しさにも繋がる

    ここまでは、話を聞いてくれることを例にしてお話してきましたが、それ以外の事でも「何をしてほしいのか?」を伝えることは、相手の優しさを引き出す大切なポイントとなります。

    要するに、上手に頼みごとをすることができれば、誰でも優しくなれるし、優しくしてもらえるのです。「言わないでも気持ちを分かってほしい」と思っているから、彼は優しくなれないのであって、性格が優しくない人ではないという事です。分かりやすく言うと、コミュニケーション不足です。自分は言われなくても分かる!という事であっても、男性にとっては、言われていないから分からない!ということが、脳の仕組みの前提としてあるということを理解することが大切です。そうすると、「私のことが大切なら分かってくれるはず」という変なプライドから抜け出すことができて、上手に「彼にしてほしいこと」を伝えることができるはずですよ!

     

    ギブ&テイクを忘れてはダメ

    中にはまれに「言われなくても分かってくれる男性」もいます。しかし、そういう人は女性に囲まれて育った人や、以前に付き合っていた彼女が、上手に頼み事をできる人だった可能性が非常に高いです。最初からなんでも女性の気持ちが分かっているという訳ではなく、周りのサポートを無意識に受けていたために、こういう事をしてほしいはずということが刷り込まれていったのです。つまり、これからあなたが上手にサポートをしていけば、彼も変わるはずですよね。ただ、彼を変えよう!彼をしつける!という風に思っては絶対にいけません。大切なのは、あなたも彼を大切にし、何をしてほしいのかを考えたり、直接聞いたりして、愛や優しさを提供しなければいけません。そうすれば自然にコミュニケーションが増えていき、彼も彼女も優しくなれるはずですよ。