TOP > イククルコラム > <吉あやの恋愛メンテナンス>女子力★★★:モノを丁寧に扱う女性

<吉あやの恋愛メンテナンス>女子力★★★:モノを丁寧に扱う女性

  • 2015年07月01日  吉 あや  



    あなたは普段自分が身につけているモノや使っているモノを丁寧に扱っていますか?美人の条件はまず「身だしなみ」から。

    その為には、身の周りのモノを大切にしないとダメですよ!

     

    いい靴をはいてるとその靴がいい所へ連れて行ってくれる

    『とびきりいい靴をはくの。いい靴をはいてるとその靴がいい所へ連れて行ってくれる』という言葉をどこかで聞いたことはありませんか?この言葉は昔私も、大好きで読んでいたある漫画の名言です。しかし、イタリアでは本当に「素敵な靴を履くと素敵な場所へ連れていってくれる」と言われています。

    いつも綺麗な人や、あんな風になりたいな♡と憧れる女性はいつも素敵な靴を履いていませんか?それはその「靴」が人を魅力的にしている訳ではありません。魅力的な人だからこそ、いつも履く靴は丁寧に扱いしっかりとお手入れをしているのです。

    あなたはどうですか?靴は履きつぶすもの。汚くなったら買い替える。というようなことをしていませんか?女子力の高い人は靴箱をみればよく分かります。キレイな靴がコレクションのように並んでいるor履きつぶして汚れた靴が散乱しているか。当然女子力が高い人は前者ですよね。ヒールやパンプスといった靴は、女性の象徴ともいえるアイテムです。高い靴なんてそうそう買えませんから、いつも安い靴ばっかり…という人は多いはず。でも、大丈夫。大切なのは‟いつも自分を素敵な場所に連れていってくれる靴”を大切に扱うことなんですよ。そうするだけで、本当に出会いも素敵なこともたくさん呼び寄せることができるはずです。女子力を高めたければ、足元までしっかり手を抜かないようにしましょうね!

     

    時を刻む「腕時計」で女子力を上げる

    毎日身に着けるものと言えば、靴の他にも腕時計がありますよね。仕事用、デート用と使い分けている人もいるかもしれません。その時計、しっかりとお手入れしていますか?ずっと身につけていると知らないうちに垢がこびりつき、飛び散った水滴の跡が汚く残ってしまうって気がついてました?靴や洋服と違って、時計は何年も何十年も身に着ける可能性のあるアイテムです。

    モノを大切にするというのは、何年もずっと使い続けるということではなく、キレイなままをずっと保っているということです。そこにお手入れは欠かせませんよね?綺麗な人や余裕がある人は時計も沢山コレクションしています。セレブな人がコレクションしている時計をTVで公開!なんていうのを見たことありませんか?どれも綺麗にならんでいます。好きなものだからこそ、大切に扱っている証拠ですね。ですから、そういう人は魅力的に見えるのです。

    お手入れするのが面倒だという人はもしかするとそのアイテムを気に入っていないのかもしれません。「高いものを身につけたら女子力高まった気がする…♡」と感じますが、それはそのモノを大切にする心ができたから、女子力が高まったのです。モノそのものではなく、モノを丁寧に扱う心を大切にしていきましょう。

     

    見落としてはならない財布のお手入れ

    財布こそ、いつでもどこでも持ち歩いているものです。お気に入りの財布だからといって何年も使っていてはボロボロになってしまいます。年に1回買い替えろとはいいませんが、ヨレヨレの財布を持っていては女子力どころか金運まで下がってしまいます。モノだって大切に扱ってくれたら、持ち主の為に頑張ってくれる気がしませんか?定期的に財布の中身を整理したり、革のお手入れをしたり汚れがつかないように丁寧な扱いを心がけましょう。

     

    大好きなモノに囲まれれば自然と女子力が上がる

    モノにも魂が宿ると言ってはアレですが、やはり粗末に扱われているものよりも大切に扱われた方がモノだって嬉しいはずです。女子力が高い人は、「いつも笑顔が絶えない」とか「なんだかいつもワクワクしている」ような人が多いですよね。それって、自分の周りのモノが自分の「大好きなモノ」でいっぱいだからです。大好きなモノだからこそ、丁寧に扱います。モノを丁寧に扱っている人は、人に接する時も丁寧です。逆に人には丁寧に接しているけど、モノにあたったり粗末にしている人を見かけると「そっちが本性?」なんて疑ってしまいます。身につけるモノだけに関わらず、仕事に使うものや家の中の家電製品、全てのモノを大切にしている人は本当の女子力を身につけている人です。

     

    自分の空間を丁寧に扱う

    「今日遊びに行っていい?」と言われて、「いいよ!」と即答できる人と「部屋が汚いから今日はちょっと…」と断る2つのタイプの女性がいますよね。洗濯物がそのままだったり、読んだ雑誌が散乱、食べた食器はそのまま…なんて人も多いのではないでしょうか?いくら仕事で疲れていたって、それでは女子力どころではないはず。むしろ、そんな部屋では仕事の疲れも癒せません。自分のいる空間を大切にしている人は部屋も綺麗です。綺麗好きという性格だけではなく、やはり「自分の空間を居心地のいい空間にしておきたい」ところが女子力の高い人と低い人とでは根本的に違っているのですよね。

    モノを丁寧に扱っていれば、お気に入りの洋服はちゃんとハンガーにかけて整理しますし、食器の片付けも所定の場所に片づけるはずです。これまでモノを丁寧に扱うということは、同じものをずっと使いつづけることだと勘違いしていた人は、根本的な考えから変えてみましょう。そして、片付けが苦手な人は少しずつでも自分のお気に入りのモノを増やしていって、モノを丁寧に扱うという習慣を身につけていって下さい。そうすれば、おのずと自分の中から女子力が高まってくるはずですよ。