TOP > イククルコラム > <吉あやの恋愛メンテナンス>女子力★★★:料理上手な女の子

<吉あやの恋愛メンテナンス>女子力★★★:料理上手な女の子

  • 2015年04月21日  吉 あや  



    男性が花嫁候補にしたい断トツNo.1が「料理上手」な子!!料理が苦手だと思っている女子は以外とたくさんいますが、男性にとっての料理上手とはどんな事なのか?しっかりと勉強して下さいね。

     

    男は“胃袋を掴め”は本当か?

    昔から、「男を離れさせたくなければ、胃袋を掴め」と言われていますよね。これを裏付けるかのように、「可愛い女の子で料理下手な子」と「可愛くないけれど料理が上手い子」ではどっちと結婚したいか?というアンケートでは、大差をつけて“料理上手な方”が選ばれる結果となっています。そのため、彼に女子力を見せつけて、将来この子と結婚したいな…と思わせるには、料理を磨く必要があると言えますね。

    その理由は、やはり食べる事は、生きることの基本だということがあります。毎日の欠かせない事だからこそ、美味しい食事を食べたいと思っているのです。もし、あなたが容姿や自分に自信が持てなくても大丈夫!!料理さえできれば、お嫁さん候補にしてくれる男性はきっといるはずですよ。

     

    男性にとっての料理上手とは?

    女性と男性の感性の違いは、「可愛い」の基準が違うのと同じように、「料理上手の捉え方」も少し違っています。女性からしてみれば、定番の料理よりも、少し凝った料理やお菓子・パン作りができる人が料理上手と思いがちですが、男性からしてみれば、そこまでやる必要はありません。男の人が求めているのは「毎日の食事が美味しい」かどうか?これだけです。ですから、凝った料理のレシピをたくさん覚えるよりも、家庭の味のレシピを増やしていった方が「料理ができる子だな」と思ってもらえます。

     

    男性の好きなメニューを制覇せよ!

    頑張って凝ったメニューを作っても喜んでくれなかったのに、カレーやオムライスなど手を抜いた料理の方が喜んでもらえた、という経験のある人は結構いるんじゃないでしょうか?それもそのはず。男の人って、子供が喜びそうなメニューが大好きなんです。それに、初めての味に抵抗のある人も多い…。つまり、おふくろの味的な安心感をもたらしてくれる料理が大好きなんです。できれば、カレー、肉じゃが、オムライス、ハンバーグ、唐揚げ、ロールキャベツ…あたりは作れるようになっておきましょう。例え、そのほかのメニューがいまいちだったとしても、これだけの定番メニューを美味しく作ることができれば「料理上手」と認めてくれるはずです。

     

    料理上手と思わせるポイントは?

    飲み会の席なので、ついつい「料理が得意」と嘘をついて、後々困ったことになったという人もいると思います。その場合は、まず見た目から料理上手を演出してみましょう。エプロンは持っているだけで、料理をしている子と思ってもらえるアイテムの一つです。また、料理をする時に本を見て作るなんて…と思いがちですが、男性からしてみれば「料理の本」を持っているだけで好感度アップです。それを見ながらしっかりとレシピ通りに作ってみましょう。美味しいご飯が作れるはずですよ!

    メニューを選ぶポイントは、前述したように男性の好むメニューを作ること!最近では、「男が好きなご飯メニュー」「彼に作ってあげたい彼ご飯」など男性が喜んで食べてくれるレシピ本もたくさん出版されていますから、揃えておくといいですね。そして、忘れてはいけないのが後片付けです。男性って女性の細かい変化には気がつかないものの、そういう部分は細かくチェックしているんです。ですから、料理を作った後は手際よく後片付けまでして「デキる女」アピールもしておきましょう。

     

    基本的には、「肉」「サラダ」「汁物」ができれば大丈夫!

    モデルさんの食事のように、野菜メイン、健康志向をアピールしようと思うと、男性にとっては「好きな食事」とは言えないものになってしまいます。基本的に肉料理はかかせません。いわゆる“がっつり系”というやつです。そして、以外なことにサラダを欲しがる人も多いのです。サラダを作る場合は、無理にドレッシングまで手作り…というよりも、見た目の色どりにこだわってカラフルな食材を使うとポイントUPですよ。最後に、汁物。味噌汁やスープは欠かせません。基本の味噌汁も出汁から取る必要はありません。おふくろの味が分かれる味噌汁は、どの味噌が一番好きかを聞いておくといいですよ。

    時間があれば「手間ヒマ」をかけてもいいですが、「あっという間に料理が出来上がった!」という方が男性は喜びます。明日は彼にご飯を作ってあげるということが分かっていれば、事前に準備だけをしておき、当日は手際よく料理を作ることができれば、間違いなく「料理上手」になれるはずですよ。

     

    女性にアピールするならスイーツ、パン作りを

    しかし、女友達に料理上手をアピールするとなると少し違ってきます。スイーツやパンなどを作れるようになると、一目置かれるようになります。料理教室に通って腕を磨くといいですね。できれば、毎日のお弁当を作ると自然と料理のレパートリーや腕も上がってっくるのでおススメですよ。男性に作る場合とは違って、女友達を招いて料理を振る舞う場合は、少し凝った料理の他に、テーブルクロスやナフキン、小物類などにも気を配ることができれば、女子力を見せつけることができるはずです。

    料理の基本は自分が楽しむこと!男性に作る場合も、女性をおもてなしする場合も「楽しむ」という姿勢を忘れないで下さいね。