TOP > イククルコラム > <吉あやの恋愛メンテナンス>女子力★★★:素直に感謝できる女性

<吉あやの恋愛メンテナンス>女子力★★★:素直に感謝できる女性

  • 2015年04月28日  吉 あや  



    皆さんはどんな時でも「感謝」を忘れずに過ごせていますか?「ありがとう」っていう言葉には相手に対する敬意や感謝、尊敬の意味も込められています。そういうことを自然に伝えることができる女性って凄く女子力高いですよね。

     

    ありがとうは素直に口に出す

    「ありがとう」って素直に言える女性の周りってハッピーオーラが漂っていると思いませんか?それに、女性からも男性からも好感度が高く人気もあるという事実もあります。ですが、ただ「ありがとう」を言っているからモテているということではないんです。たった一言ですが、「ありがとう」という言葉ってポジティブですよね。

    同じことが起きた場合でも、人によっては「不満」を抱く人もいれば、物事や人に対して「感謝」できる人もいます。例えば、会社で嫌な上司に注意されたとします。結構多くあるのが、いつまでも上司に文句タラタラで、今後も「アノ人とは絶対に関わりたくないわ〜」なんて考えている女性。このタイプは結構多いんですよ。

    一方、注意されても一つ一つをしっかり切り替えていて、次に会った時には「あの時は指摘して頂いてありがとうございました。」と言える女性。人間関係って言葉にすることで相手に気持ちを伝えることができますが、嫌な時って言葉にしていなくても何となく感情は伝わっているものです。

     

    相手を受け入れられる器の大きさ

    つまり、「ありがとう」という言葉を伝えることで、相手の存在を受け入れていることをしっかりと示しているんです。こちら側から扉を開いているので、そこに多くの人が入ってきます。ですから、感謝の気持ちを素直に言える女性は人間関係を築くことも上手であり、周囲の人をポジティブな気分にしてくれるから人気があるということなんです。

     

    ありがとうで人生が変わる!?

    とはいえ、なかなかそれを口に出すのは恥ずかしい…。「そんなことするなら他の方法で女子力あげるもん!」という考えの人いないですか?日本人ってそういうところは恥ずかしがってなかなか言えない人が多いんですよね。たかが「ありがとう」ですが、この一言だけで女子力だけではなく、人間力もあげることができます。しいては、これからの人生を幸せに導いてくれる言葉でもあるんです。

     

    ネガティブからポジティブに切り替える

    「ありがとう」と伝える時ってネガティブよりもポジティブな感情の時が多いですよね。でも、ありがとう!って思う時ってどんな時だか思い返してみて下さい。プレゼントを貰った時、お祝いをしてもらった時こんなイメージがあるかもしれませんが、「助けてもらった時」というのを皆さん忘れているんです。助けてもらうということは、その前に何か困難なことがあったということですよね。彼氏に振られたとか、仕事でミスをした、失くしモノをした…などがあります。励ましてくれたり、手伝ってくれたり、一緒になって探してくれたりしたら誰でも「ありがとう」と思いますよね。

    ここでみんなの大きな勘違いが一つあるのですが、“その行為”自体に感謝していると思っているはずです。それもあるのですが、その“行為を行ってくれた心意気”に対しての「ありがとう」でもある訳です。自分では気がついていない人も多いかもしれませんが、ネガティブな感情がポジティブに変わってきた時に「感謝」の気持ちって生まれるんですよ。つまり、いつも周囲の人間に対して「ありがとう」を言えている女性というのは、ネガティブなことをポジティブに変えられる能力も備わっているということです。こういう気持ちが、周囲に素敵な女性だなという印象を与えます。

     

    男性にとっては「あげまん」女性

    付き合い出した時はお互いのことを尊重し合っていても、時間と共に感謝の気持ちも薄くなっていくもの。多くの場合、これが原因で些細な喧嘩〜別れ話へと繋がっていちゃうんですよね。「ありがとう」って自分から言えている女性って、男性に尽くしているように見えて、実は“尽くされているタイプ”です。俺は必要とされている!俺のこと認めていてくれる!という気持ちにもさせてくれるので、男性は女性から離れられなくなるんです。いわゆる「あげまん」というやつで男性のエネルギー源になれるんです。

    こんな風に、感謝の気持ちを伝えるということは、女子力・人間力を高めるために絶対に習慣にしておきたいことの一つです。「分かっているけどできないんだよね〜」という人は、ネガティブな習慣が身についているから、感謝すべきポイントを見つけ出せないだけです。考え方というのは、練習次第で身についていくものですよ。

    素敵な女性になるためにも、ぜひ1日1つの感謝ポイントを見つけて「ありがとう」を言う練習をしていって下さいね。