TOP > イククルコラム > <吉あやの恋愛メンテナンス>女子力★★☆:媚びない女性

<吉あやの恋愛メンテナンス>女子力★★☆:媚びない女性

  • 2015年10月29日  吉 あや  



    女の人の中には、女性の前と男性の前では全く態度の違う人っていますよね。女性には嫌われますが無駄に女子力高いなって思いませんか?一方、全く媚びない女性は?女子力が高いのか低いのか分析していきましょう。

     

    実は女子力が高い!?媚びない女性の特徴とは?

    見事に男性に媚びている女性ってハッキリ言って嫌われます。男性はまんざらでもなさそうですが、女友達は確実に少ないですよね!そんな人は、飲みの席でも自分が注目されていないと怒ったり、スネたりするのでとっても面倒臭いんです。

    一方、媚びない女性って男性にも女性にもモテるって知っていましたか?男性は本来「狩り」願望があるので少しぐらいそっけない女性の方が“落としたい!”と思わせることができます。それに、ガードが堅いので誠実な女性として見られることが多いようです。女性からも人気があるのは、友達の恋のお手伝いをしてくれるタイプだからでしょう。さりげない気遣いで応援してくれるので、男女ともに好かれています。

     

    周囲の空気を読めるから誰に対しても「好印象」

    媚びていない女性は、恋愛関係においてだけではなく仕事でも上司・同僚・部下と隔てなく付き合っていけるタイプです。サバサバしているのは少し違いますが、自分の中に「軸」をしっかりと持っている女性です。だから、上司に対しても媚びへつらわずに自分の意見を言えたり、部下に対してはフランクに接することができたりと人間関係を良好に保つことができます。

    人とつるむよりも、自分の時間や考えを元に行動するマイペース型ですが、周囲をよく観察しているので空気を読むのも得意なタイプです。ですから、媚びなくても相手の機嫌を伺うのが上手な訳です。媚びる女性っていうのは、案外周囲の目を気にせず空気を読めていない人が多いですよね。自分のことで頭がいっぱいという感じです。

     

    実は男性と2人になると弱い!

    媚びない女性は、男性に優しくされるとドギマギしてしまう傾向があります。自分が誰にでも同じように接することを心がけているので、自分だけに優しくされると「もしかして…」なんて一人で妄想しちゃう可愛いところがあるのです。そんなギャップに男性は弱いので、一気に女性として気になる存在になっていくこともあります。いわゆる天然の“ツンデレ”というとこでしょうか。本人が意識していないからこそ、ミステリアスで惹かれる要素をたくさん持っているということです。

     

    結局、「媚びる女性」「媚びない女性」どっちが女子力高い?

    飲み会などに行くと、率先して上着をハンガーにかけたり、サラダを取り分けたり、注文を取ってあげたり…と何かと忙しくお世話を焼いている「男性に媚びる女性」っています。見ていても、あそこまでできるのは逆に“凄い!”“女子力高い!”なんて思ってしまいますよね。確かに、自分を良く見せるという意味では女子力が高いかもしれませんね。ですが、裏を返せば誰にでも良い顔をして、自分が嫌われるのが怖いという心理が隠されています。八方美人なので、結局は男性からも「どんな男にでもやっているんだろ?」と思われるのがオチです。

    では、媚びない女性は?というと全ての男性に愛想を振りまくことはありません。ただ、媚びないと言っても好きな人ができればそれなりにアピールはしますよね。そんな時、「俺だけに色々してくれる」と相手に期待と好意を持ってもらうことができるのです。ですから、男性にとっても媚びる女性よりも、媚びない女性の方が興味を抱きやすいということになります。そうすると、媚びない女性の方が女子力高いってことですよね。

     

    自分の軸をしっかりと持っている女性になろう!

    女性として女子力を高めたいのであれば、自分の考えの中心となる「軸」をしっかりと持つことです。そうすれば、どんなことにも自分なりの信念を貫いていけるはずです。そんな女性ってカッコいいと思いませんか?軸を持っていることで、相手に媚びて合わせるということをしなくてもよくなり、自分の意見を伝えつつ相手を受け止める包容力さえも持っています。男性は「女性に引っ張っていってもらいたいタイプ」と「引っ張っていきたいタイプ」の2つがあるとよく聞きますが、結局男性ってどこかで「女性についていきたい!」と思っている部分があるものです。そんな部分を刺激することができるのも、媚びない女性ならではですよね。自分の考えをしっかり持って周囲に振り回されないようにすると、媚びない女性に近づけるはずですよ!