TOP > イククルコラム > <吉あやの恋愛メンテナンス>女子力☆☆☆:笑う時に手を叩く女性

<吉あやの恋愛メンテナンス>女子力☆☆☆:笑う時に手を叩く女性

  • 2015年06月10日  吉 あや  



    あなたは笑う時手を叩いていませんか?中高生ならともかく、大人の女性が手を叩いて笑うのは品がありません。そんな下品な笑い方の女性にならないように気を付けましょう。

     

    シンバルを叩く猿の人形みたい…

    今の若い人には通じないかもしれませんが、十数年前に流行ったおもちゃでスイッチを押すとシンバルをもった猿が手を叩いて音を鳴らすというものがありました。おそらく30代後半の人は一度は必ず見たことあるはずですよね。手を叩いて笑っている人を見ると、どうしてもそのサルに見えてしまいます。実は私と同じように思っている人は結構いるんです。年配の方はもちろん、それは男性でも思っているはず。手を叩いて笑う仕草が癖になっている人は気を付けた方がいいですよ。それは下品な笑い方の癖がついてしまっているということになるからです。

     

    手を叩いて笑う女性は結局「盛り上げ役」にしかなれない

    笑い方にも色々あります。歯を見せて笑う人もいれば、微笑む人もいます。笑い方には無意識にその人の性格が表れているって知っていましたか?

    では、手を叩いて笑う人はどんな性格なのか?というと、ずばりサービス精神旺盛な人です。

    手を叩いて笑うことで、相手に「あなたの話面白いよ!」「私はすごく楽しんでいるよ!」ということを過剰にアピールしているのです。それは、相手にも楽しんでもらったり、気持ちよくなってほしいからですよね。それはいいことですし、どんな人とでも会話が盛り上がるので、人気者ではあるんです。

    しかし、飲み会の席を思い返してみれば経験あると思いますが、盛り上げ役はあくまで盛り上げるだけ。いくら頑張ったところで、横で微笑んでいただけの女性の方がモテるんです。

    楽しい人と思ってもらえる反面、彼女候補からは遠ざかってしまう残念なポジションになってしまいます。

     

    男は思わずドン引き!

    手を叩いて笑うという仕草が定着してきたのは、ここ10数年くらいではないでしょうか?50代以上の方で手を叩いて笑う人ってあまり見かけませんよね?私が思うに、一昔前に流行ったコギャルブーム頃から手を叩いて笑うというのが広まってきたように思います。若い頃なら、いざ知らず今でもその癖が抜けずに手を叩いて笑ってしまうという人はいませんか?周りから見れば、品がない笑い方と思われていますよ。

    特に男性は女性が手を叩いて笑うというのはあまり好きではありません。というよりドン引き状態です。だって、男の人でそういう笑い方の人ってあまりいませんよね?それは男がしても品がないと分かっているからです。それに、偏見かもしれませんがなんとなくマナーが悪そうというイメージもあります。それは手を叩いて笑うことと、大声で笑うことがセットになっているからだと思います。男性にモテたいと思うのであればその笑い方の癖を直す必要があるということですね。

     

    大口を開けて笑うのもNG

    それともう一つ、大きく口を開けて「ギャハハハ」と笑う仕草もダメです。手を叩く仕草もそうですが大口を開けて笑うなんてもってのほか!もう女子力ゼロです!!

    口の中まで丸見えですし、下品と思われている可能性大!男性は女性の笑顔に惹かれるといいますが、男性が好きな女性の笑顔というのは「にっこりとほほ笑む姿」なんです。

    口を隠して笑ったり、照れ笑いをする仕草に胸キュンする男性は多いですが、ギャハハと笑う姿に胸キュンする男性なんてほぼいないでしょう。

     

    自分の笑い方の癖を把握しましょう

    あなたは自分の笑い方の癖を知っていますか?笑っている時って、自分がどんな風にしているのかなんて全く想像できないと思います。鏡をみながら大笑いする人なんてそうそういませんから当然ですよね。ですから、自分の気が付かないところで下品な笑い方になってしまっている可能性は十分にあるのです。

    女子力が高いと思う人で、手を叩いて笑ったり大きな口を開けて笑う人はいませんよね。まずは、友達などに自分が笑う時はどんな風に笑っているのかなどを聞いてみて下さい。ここで述べたような笑い方をしている人は、出会いも遠ざかっていくかもしれませんよ。今日から女子力がアップする笑い方にチェンジしましょう。

     

    「微笑み」「照れ笑い」「アハハ笑い」が女子力高めの笑い方

    目が合うとにっこり、恥ずかしいから照れ笑い、この2つは分かると思います。もう一つ大切なのが「アハハ」と笑う仕草です。手を叩いて笑ったり、大口を開けて「ギャハハ」と笑うのとは違いますよ。手を叩いてギャハハと笑っている人に対しては、下品な上にうるさいと思われがちですが、「アハハハ」と笑ってもらえると周囲の人はなんだかハッピーになりますよね。爽やかなんです。笑い声というのも重要ですよね。結局は自分でギャハハと発音するかアハハと発音するかの違いです。笑う時に出す声は練習しだいで変えていけますからまだ、今からでも間にあいますよ。ただし、アハハと爽快に笑う時は、必ず口に手をあてて大きな口が見えないように隠してしまいましょう。それだけで、下品な笑い方から好感度アップの可愛いらしい笑い方に変えることができますよ。

    今日からあなたも練習して、「男性に好かれる」笑い方を手に入れて下さいね。