TOP > イククルコラム > <現役キャバ嬢ユズキのモテ指南>オトコの浮気 vs オンナの浮気

<現役キャバ嬢ユズキのモテ指南>オトコの浮気 vs オンナの浮気

  • 2013年02月05日  皇 柚季  



    浮気はオトコの甲斐性?

     

    浮気を容認するオトコ、誰もが言うセリフ

    「浮気はオトコの甲斐性だからさぁ。」

    まるで、浮気できるオトコが偉いみたいな感じで言ってるよね。

    オンナからしてみれば、浮気しないオトコの方が偉いと思うんですけどね(笑)

    お客さんで、不倫肯定派が言っていたのは、

    「仕事とセックスは家に持ち込まないタイプなんだ。」

    「家族とはセックスしちゃいけないんだよ。」

    なんてことを、キャバのお客さんから聞いたことがあります。

    実際、それを実行しているかどうかは分からないけど、奥さん以外の女性と恋愛することが、仕事のハリになるらしい。

    でも、それは奥様と彼女の双方を幸せにできる人を言うと思うの。

    両方を幸せにするためには、経済的にも時間的にも相手に割いてあげないといけないから、仕事も頑張らなくちゃいけないし、残業ばかりできない。

    それが出来る人が、“甲斐性のあるオトコ”なんじゃないかなぁ?

     

    オトコに浮気をやめさせられる?

     

    ズバリ!オトコというものは、誰しも必ず浮気心があります。残念だけど。

    一度浮気をすると、何回も繰り返すオトコが多いので、1回の浮気が許せない人は、次も辛い思いをします。

    それが嫌なら、我慢をする、気持ちに折り合いをつける、見て見ぬふりをする、ことしかないんです。

    劇的に浮気をしなくなる方法がないのが、オトコなの。

    彼の精神的な支えになって、あなたが彼にとってなくてはならない存在になれば、浮気をする気が起こらなくなるかもしれないけど、100%の保証が出来ない><

    だからといって、全てのオトコが浮気をするわけじゃないから、安心してね。

    でも、ほとんどのオトコは、テレビで見る芸能人から街ですれ違う女性まで、逐一見て自分の好みかどうかをチェックしてます。

    それで、今夜のオカズ(笑)にすることもあるみたい。

    好きな芸能人や街ですれ違う人にまで、ヤキモチを焼く女性がいるけど、それはオトコにとってはちょっとウザイ。

    脳内でエッチをしてても、直接その人たちとエッチをするわけでもないので、妬いても無駄というものじゃないかしら?と、アタシは思うなぁ。

     

    セフレから本命になれるの?

     

    体だけの関係から本命になりたい、と思う人、多いと思います。

    相手が男性であれ女性であれ、セフレと割り切っている間は本命に昇格することが、まずないと言っていいです。

    他の本命と別れたり、本命よりも魅力を感じるようになったら、次の本命になれる可能性もなくはないですけど。

    でも、またすぐに、その相手は別のセフレを作るかもしれないよ。

    不倫もそうですが、略奪愛はまた略奪されうる、ということを肝に銘じて!

     

    浮気を見つけてしまったら?

     

    交際相手や配偶者の浮気を知ってしまったら、動揺するし怒りはこみ上げるし、気持ちを抑えることは不可能。アタシもそうです。

    だけど、そんな時にこそ、相手の浮気に逆上しないのが、浮気された側のスマートな態度。

    携帯チェックやしつこい尋問をしても、悲しい事実を知らされるだけかも。

    だから、一回冷静になって距離を置く。会わない、話をしない。

    それで、「あなたしかいない!」とか、「やっぱりお前だけだ!」って、戻ってくるようなら、やり直すかどうか考えてあげましょう。

    オトコもオンナも、浮気相手に本気になったら、もう帰ってきません。

    もう帰らないものを、無理に引き止めたり期待して待ったりするのは、オトコがすたるしオンナを下げちゃう行為。

    すごく辛いけど、潔く身を引くということも必要かも。

     

    浮気がバレたら?

     

    あなたの浮気が交際相手や配偶者に見つかったら、修羅場が待ってるかもしれません。

    もし修羅場になっても取り乱さないことが、本命を失わない重要ポイント。

    オトコもオンナも、食事したとかメールしたというのは平謝りに謝って誠意を見せて。

    でも、エッチしたことは絶対に白状しない!

    ホテルに入るところを見られようが、二人でイチャついているところに踏み込まれようが、絶対に「シタ」とは言わないのが、浮気した側のマナーなんです。

    相手も、浮気が思い込みであってほしい、心配のしすぎであってほしい、とどこかで願っているもの。

    相手の詳しい話はせずに、とにかく謝ること。

    「浮気をしたのはお前のせいだ」、「あなたが構ってくれないから」と相手を非難しても、それで浮気が正当化されるわけではないので、本当にそれが引き金であっても、修羅場で相手が逆上しているときは、絶対に言わないことが大事です。

     

    浮気は、オトコにとってもオンナにとっても、刺激的で楽しいものというのは、アタシも分かります。

    だけど、もし見つかって両方を失うことになったら、惨めになるのは自分だから、見つからない努力や見つかった時に対処には気をつけてね。