TOP > イククルコラム > <美愛の国際恋愛 et cetera>イケメン☆ラテン男との素敵な恋愛話

<美愛の国際恋愛 et cetera>イケメン☆ラテン男との素敵な恋愛話

  • 2014年08月26日  小波 美愛  



    アメリカ留学中の話しです。遠くから心を寄せ、気になっていたラテン系のイケメンの男性がいました。彼はベネズエラからの留学生。驚いたことに、彼はデートに誘ってくれました。ちょっとせつない結末ですが、美愛は彼と素敵な恋をすることができました。

     

    【ベネズエラのイケメンの男性との出会い】

    彼と出会ったのは、アメリカの大学に1年留学をしている時でした。彼と言うのは同じ大学に語学留学をしていたベネズエラのイケメンの男性。年は25才くらいでした。

    私たちが学んでいた大学は、学生数2000人ほどの小さな大学。留学生は入れ替わりが多いのですが、クラスが同じでなくても新入りの留学生が来ると、大学のキャンパスや食堂で見かけて、なんとなく新しい留学生だなと分かりました。

    特にベネズエラの彼は背が高くハンサムだったので、彼が大学に来た時すぐに目につきました。彼は親分のような存在で、いつも周りに男友達や女友達が集まっていました。

    初めて彼のことを見かけた時は、なんて素敵な人だろうと胸がキュンとしたくらい。でも、私には高嶺の花で遠い存在でした。キャンパスで彼のことを見かけるたびに、どんなに遠く離れていても、彼に目がいってしまうのです。

    こんな私に対して、彼は私のことなど見向きもしません。道で通りすがっても、目があうことさえないのです。彼といる女の子達はベネズエラやコロンビア、南米から来ている女の子たち。裕福な家庭の様で、洋服もお化粧はいつもとてもおしゃれでセクシー。そして、可愛いのです。そんな彼女たちと比べると私は冴えなく、彼に見向きもされなくても仕方がないと思っていました。

     

    【チャンス到来?こんな私に興味を?!】

    それが、こんな私にチャンスが訪れました。彼が彼の男友達と主催するパーティーに、私の友人を通して招待されたのです。私の友人を通してと言っても、私が指名されたわけではありません。友達がパーティに招待されたものの、一人では行きづらいからと私を誘ったのです。

    私を誘ってくれた友人に感謝です。パーティで彼のことを紹介してもらい、彼と話すことができました。その時に初めて彼と話したのですが、案の定彼はキャンパスでの私の存在に全く気づいていませんでした。でも、ビックリしたことに私に興味を示してくれました。

    パーティはさすがラテンアメリカ。音楽をじゃんじゃんかけて、踊りまくり。彼が私のことを気になっているなと感じながらも、二人っきりでゆっくり話してなんていられません。この夜は、彼と少し話しただけで終わりました。

     

    【ラテン系イケメン男性との初デート!】

    驚きは彼が私に興味を示してくれただけでは終わりません。彼はすぐにデートに誘ってくれたのです。

    正直なところ、その時の私は男性とのデートの経験が少なく、デートに誘われて有頂天になりながらも、どんなデートになるか心配でなりませんでした。約束の時間に約束の場所で待っていると、またまたサプライズが。彼はなんと白いベンツで現れたのです。

    彼は留学生で、もちろんマイカーなんて持っていません。私とのデートのためにレンタルとしたというのです。彼のデートの演出に驚かされました。デートの行き先は学校の近くの湖のほとり。湖に着いた時はもう暗くなっていました。彼といると、湖のほとりは普段よく来ている湖でしたが別世界。ベンツでくるくらいデートの演出がうまくロマンチストな彼なので、湖で私たちがどんなロマンチックな時を過ごしたか想像できるかと思います。彼との初デートはもう何年も前のことですが、今でも私の心に残っています。

    湖では夕食と散策をして、私たちが住む大学の寮に戻ることに。と、私は思ったのですが、行き先は彼の男友達が住むアパートでした。男友達と言ってもまだ高校生くらいで、彼の子分の様な感じでした。これも彼の演出です。私たちの寮は狭くて、話す声も周りに筒抜け。それに、ベットも二人には小さすぎました。ベットと言いましたが、この日はさすがに体の関係までは持ちませんでした。ベットの上でイチャイチャするだけです。でも、私にとっては憧れだった彼とイチャイチャするだけで、この上ない幸せでした。彼の子分はその場に居づらかったと思いますが、終始、見て見ぬふりをしてくれてました。

     

    【あっという間の別れ・・・】

    残念ながら、彼との初デートから1週間くらいして、彼の母親が急病で入院したということで、彼は急きょベネズエラに帰ることに…。初デートの後はよく会っていたのですが、結局私たちの関係は進展せずに終わってしまいました。彼がベネズエラに戻って以来、彼には会っていません。彼がベネズエラに戻ってから、数か月はメールのやりとりをしたもののそれっきり。悲しいことに彼の母親は亡くなり、彼はアメリカに戻ってくるはずが、ベネズエラで働くことになったのです。

    今でも、あの時に彼の母親に何事もなかったら、私たちはどんなっていたのかなと思ったりします。未だに彼のことは忘れられません。私にそれは素敵なデートの演出をしてくれた彼。私の人生でほんのわずかな期間の恋愛でしたが、私の大切な思い出です。