TOP > イククルコラム > <美愛の国際恋愛 et cetera>白馬に乗った王子様?仏男性の実態…

<美愛の国際恋愛 et cetera>白馬に乗った王子様?仏男性の実態…

  • 2014年10月28日  小波 美愛  



    美愛がフランスに住み始めて2年半が経ちました。2年半も住んでいると、日本では分からなかったことが見えるようになりました。今回は、フランスでの暮らしを通して見えてきたフランス人男性の特徴をお伝えします。小さい頃からフランスに憧れていた美愛。美愛が思い浮かべるフランス人男性は、白馬に乗った王子様の様でした。でも、現実はそうでもないのです…。

     

    【フランス人男性って超ワガママ!】

    フランスの教育では、たとえ子供でも彼らの意見が尊重されます。中学生でも大人顔負けにどうどうと話しているのを見かけることも。もちろんまだ子供ですから、考えや行動が未熟で親に注意されることはあります。でも彼らは、小さい頃から自分で考えて行動するように教育されているんです。

    そんな教育を受けているフランス人男性の多くは、周りに合わせるという事はせず「我が道を行く」という印象があります。だからフランス人男性の生き方は十人十色。それぞれの個性が強いなと感じます。もし気になるフランス人男性がいたら、まずは話をして、その男性の考え方や価値観を知ることが大切だなと思います。

     

    フランスにはマッチョが少ない?!

    フランスに来る前は、美愛はフランスにはマッチョな男性が多いと思っていました。でも実際にこちらに来てみると、マッチョな男性はイタリアに多いことが分かりました。フランス人男性は、マッチョどころか比較的小柄で、女性の様に線の細い人も多いです。マッチョな男性の方に惹かれる美愛は、その事に気付きちょっとガッカリしました。

    もちろん、フランスにもマッチョな男性はいます。特に美愛が住んでいるニースは、イタリアにも近いのでマッチョな男性が多いです。ちなみにフランスでは、ヒョロッと線の細い男性でも、オシャレのセンスが抜群だったりすると結構モテます。

     

    【フランス人男性は自信満々!】                                                                           

    美愛が出会ったフランス人男性に共通しているのは、自分にとても自信を持っていること。自分に自信がなく、他人を羨ましがる人には今まで出会ったことがありません。これは、小さい頃から自分で考えて行動するよう教育されているからだと思います。それぞれが自分の良いと信じる道を歩んでいるので、他人と比較することはないからです。

    また、彼らの中には「勝ち組」「負け組」といった概念はないように思います。少しダサいな思うような男性でも、彼らは往々にして自信満々です。気になる女性がいたら、積極的に堂々と声をかけてきます。

     

    自分が一番のフランス人男性…

    自分に自信があるのはまだ良いのですが、フランス人男性と付き合ってみて気付いたことがあります。それは「自分が一番大事」と思っていること。例えば誕生日。彼にとって、それはそれは大切な日なのです。誕生日が近いことを1か月くらい前からアピールされ、プレゼントをせがむくらい。そのくせ美愛の誕生日は忘れてしまうんです。

    それだけではありません。自分の欲しいものがあると、よくおねだりしてきます。もちろん美愛のことも考えてはくれますが、彼はやっぱり自分が一番なんだと感じます。フランスに住む日本人の女友達も、やっぱり「フランス人男性は自分のことが一番大事」と言っています。

     

    フランス人男性って、結局は子供?!

    結局のところ、フランス人男性は“子供”なのかも知れません。例えば自分の欲しいものがあると、我先に手に入れようとします。周りを気に掛け、他にも欲しい人がいるかなど気にしません。子供のように欲しがり、何としてでも手に入れようとするのです。

    美愛が付き合っている彼は、特にこの傾向が強いみたいです。何て自分勝手な人だろうと悩んだこともあります。こんな自分のことばかり考えている男性と付き合って、美愛は本当に幸せになれるんだろうかと思いました。でも、彼と付き合っていくうちに、これは彼の本能なんだと思うようになりました。

    自分が一番で、美愛や周囲のことを考えずに行動することがあっても、本能でやってしまっているんだと思うと、受け入れられるようになりました。

     

    フランス人男性って鈍感かも…

    また、美愛が心に思っていることなどは、なかなか気付いてくれません。例えどんなに寂しそうにしていても、全然気付いてくれないのです。周囲に対してきめ細かい気遣いができる日本人男性なら、すぐに美愛の様子に気付いてくれることでしょう。でも、美愛の彼氏のように多くのフランス人男性は、自分本意で育っているためか周囲への気遣いがうまくありません。女性のちょっとした変化に鈍感な人が多いのです。

    この事に気付いたのは、実は最近のこと。だから今は、心に思っていることはハッキリと言葉にするようにしています。そうするようにしてから、彼との関係は前よりもうまくいくようになりました。一緒にいても、「寂しい」とか「悲しい」とか言葉にして伝えなくてはいけないのは変な感じですが、言わないと分からないのですから仕方ありません。美愛の気持ちを分かってもらうためには、言葉で表現する必要があるのです。

     

    白馬に乗った王子様は何処…

    実際にフランス人男性と付き合ってみて、美愛が夢見ていた白馬に乗った王子様はいないことに気が付きました。そして、国が違えば考え方や気質も異なるんだとつくづく思いました。

    逆に、彼にとっても美愛の考え方や気質が謎めいているのかなと思います…。